【運営Tブログ】 特集♪ 現運営メンバーに聞いてみた!自分のテンションをアゲる方法

こんにちは!4期(春)運営メンバーのゆっきーです。
9月までの期間、運営メンバーの日常のあれこれについて、定期的に発信しています。

前回はセルフメンテナンス法についてレポートしました!リラックス・リフレッシュの仕方、いろいろありましたよね。

今回はその延長線上で、自分のテンションをアゲる方法についてさらにレポートします♪
いずれも現運営メンバーが実際にやっていることなのですが、かなりバラエティに富んだ内容になり、私もヒアリングしていて参考になりました!
気軽にできるものもたくさんあるので、ぜひ試してみてくださいね。

まずはやっぱり、子どもと一緒に楽しんじゃう方法から!

●Eテレを真剣に楽しむ
子どもと一緒に歌ったり、全力で体操したり、踊ったりしていると、なんか笑えてくるのだそうです!
童心に帰って子どもより楽しんでしまう、というメンバーも。
Eテレといえば、私は夕食を作っているときの子守に使っていて、最近は自分が見ることはないなあ…。
見習って、もっと子どもと一緒に見るようにします!

●子どもが大好きなライオンキングのミュージカルを、子どもと一緒に再現
これは優子さんから教えてもらいました!
歌って踊って、動物の真似したりするんですって。楽しそう~。
やっぱりこどもと思いっきり遊ぶと、パワーが沸いてきますよね!

●いろいろなイベントや親子教室に行く
子どもが2ヵ月くらいの頃から、既に30ヵ所以上は行っている!という行動力抜群のメンバーもいました!
新しい場所に行ったり、初めての人に出会ったり、子育てに役立つものを体験できるとテンション上がる!とのこと。新しい出会いや情報でいい刺激を受けることは、やっぱりいつでも大事なことですね。
ちなみにそのメンバーは、いまは託児付き日本語ボランティアによく参加しているそうです。様々な国の親子が参加していて、子供も大人も一緒の空間で、日本人と外国人がペアになって日本語を教えるのだそう。周りで子供が遊びまわっている中で、和気あいあいとおしゃべりするような感じなんですって。楽しそうですね!

●家族で日帰り遠出
私(現在2人目育休中)の話になりますが、1人目育休からの復職後に働いていたときは、平日の疲れから、休日に出かけるのは腰が重くなりがちでした。
でも、週末どこにもお出かけしないと気分転換できなくて、それはそれでストレスがたまる…。なので、月に1度くらいは、電車や車で1-2時間程度の近郊スポットにお出かけしたいなーって思っています。
季節感のあることをしたり、動物と触れ合ったり、子どもがのびのび遊べたりするような、空が広くて緑が多い場所を探して出かけています。
IMG_4008

●子供達の成長を見逃さないよう記録する
成長記録をつけたり、子どもがよく歌う歌のリストを作ったりしているそうです。
子どもの成長は速いので、忙しい毎日の中でもしっかり見逃さないようにしたいですよね。

お次は趣味や自分磨きです♪

●プログラミング
プログラミングが趣味というというITスキル抜群のメンバーも。
いまは自分用に、子どもの写真を撮ったら自動的にストレージ領域に送信するようなアプリを作成中なんだとか。す、すごい!

●ウクレレ
すぐPCでプログラミングしちゃう、という先程のメンバー。PCから離れることを目的にウクレレを始めたそうです。
ウクレレでくまのプーさんを超速演奏すると子どもがよろこぶ、とのこと。
趣味が育児にも活かされて一石二鳥ですね!

●お笑い番組を観る
好きな番組は深夜が多いのでリアルタイムで観られないけど、録画したものを家事&子育てしながら流している、というメンバーもいました!
うんうん、笑うことって大事ですよね。

●花を飾る
ゆとりある暮らしをしている気分になれるのだそう。
花があるとあたりがパッと明るくなるので、気分が上がりそうです。
なかなか忙しいと花を飾るという考えが出てこなかったりしますが、花を飾る余裕、持ちたいですね。

●眉毛サロンに行く
私、知らなかったんですが、眉毛サロンというものがあるんですね!
その名のとおり、眉毛をきれいに整えてくれるそうです。
眉毛が整っていると嬉しくて気分が上がるし、スッピンでもある程度いい感じになるので便利なんだそう!
1時間掛からないので、美容院やネイルやマツエクよりもハードルは低いんですって。
抱っこ紐に赤ちゃんを抱いたままで施術してくれるサロンもあるそうです。うれしい驚きですね!

お次は食べる系です!

●ご褒美スイーツ
頑張った日や疲れている日、ちょっとご褒美に美味しいお菓子を買う、というメンバー多数。
やっぱり美味しいもの、甘いもの、それだけでテンション上がりますよね!
子どもと食べたり、パートナーと食べたり、自分だけこっそり食べたり、時と場合に合わせて楽しんでいるみたいです。
IMG_4395

●おいしいパンを大人買い
スイーツもいいけどパンも美味しいですよね~!!
お気に入りはメゾンカイザー♪とのこと。

●ラーメン研究
子どもを両親や義両親に預けて、白河ラーメンと担々麺を研究中、というメンバーも。
ラーメン、子連れではなかなか食べられませんからね~。

そのほかのプチヒント♪

●青春時代に聞いていた音楽をYou Tubeで検索して聴く
甘酸っぱい気持ちになれておススメ、なのだそう!

●手の込んだレシピの料理本を眺めて、いつか作ろうと妄想する。
妄想!
いいですね~。なかなか実現はできなくても、妄想するだけならタダです。
私も、リゾートに行く妄想とか、部屋を素敵に模様替えする妄想とか、よくやります笑

●明るい色の服を着る
色の力って結構すごくて、明るい色の服を着るだけで、結構気分変わりますよ。
疲れたなー、思考がなんかネガティブ寄りだなー、と思うようなときは、ぜひ明るい色の服を着てみてください!

いかがでしたか?

子どもと遊ぶ、趣味や自分みがき、美味しいもの、などなど、少し傾向も見えてきました。
どのアイデアも納得!!でしたが、きっとほかにもいろいろとあると思います。
日々の中で「ちょっとアガる素敵なこと」をどんどん見つけていけるといいですよね。
皆さんのアイデアもぜひシェアしていただけるとうれしいです!!

今回も、新しい場所に行ったり、初めての人に出会ったり、子育てに役立つ情報を得られるとテンションが上がる!という意見がありましたが、
育休プチMBA勉強会では、自分と同じような育休中のママたちと出会い、ディスカッションすることで、新鮮な刺激を得ることができますよ♪
ディスカッション後はランチ交流会で、保育園情報や習い事情報などいろいろ情報交換もしています。
次回の勉強会は8/2、テーマは「組織全体の構造と個人の働き方」です。
残席わずか1となっていますので、参加を検討されている方は、ぜひお早めにどうぞ!!
http://peatix.com/event/279298

【運営Tブログ】特集♪ 現運営メンバーに聞いてみた!セルフメンテナンス法

こんにちは!4期(春)運営メンバーのゆっきーです。
9月までの期間、運営メンバーの日常のあれこれについて、定期的に発信しています。

皆さんは、育児に仕事に家事に…と忙しい毎日の中で、自分の体調やメンタルバランスを保つために、どんなことをされていますか?
きっとそれぞれに、色々と工夫されているのではないかと思います。
ただ、いろいろ試したけどなかなかピッタリくるいい方法ってないな…と思案していたり、みんなどうしてるんだろう?と疑問に思っていたり、ということもありますよね。
そこで今回はセルフメンテナンス法について、現運営メンバーにヒアリングしてきましたので、それをレポートします!
すべて、現運営メンバーが実際にやっていることです。
「自分に合いそうかも」というのがあったら、ぜひ試してみてくださいね!

※ちなみに、本記事の姉妹編として「自分のテンションをアゲる方法」を近日配信予定ですので、そちらもぜひ楽しみにしていてください♪

まずはボディケア・マインドケア編です。

●湯温を低めにし、子ども遊ばせながら長めにお風呂に浸かる
子どもと遊びながら冷え取り・リフレッシュできて一石二鳥!
お風呂では子どもと一緒に大声で歌ったり(例えばおかあさんといっしょの「朝ごはんマーチ」など)、新幹線型のペットボトル(写真ご参照)をおもちゃにして遊んだりしているそうです♪
写真1

●半身浴
夫が家にいる日に、のんびり一人で半身浴するという人も。
ゆっくりと自分時間でリセット、大事ですよね~。
長風呂しすぎるとおっぱいが張るのでほどほどだけど、アロマに癒されるそうです。

●アロママッサージオイル
これは私です。毎日ではないけれど、アロマオイルを肩、首、ふくらはぎなどに塗っています。
本格的なマッサージをやる時間はないけれど、塗りながらちょっとツボ押ししたりさすったりするだけでも気持ちいいし、何より香りに癒されます。

●ストレッチポールで脚や肩をゴリゴリほぐす
ストレッチポールとは、細長い筒状のポールです。
床に倒したポールの上に仰向けに寝てゴリゴリやるそうで、紹介してくれたメンバーによると「痛気持ち良い」とのこと!
そういえば私も妊娠前、背骨のゆがみ矯正になるとのことで、スポーツクラブで使ったことがありました。
ちなみに優子さんも、イボイボつきのストレッチポールを使っているそうです。
イボイボつきは痛気持ち良さが倍増しそうですね~。

●ヨガ
今回最も回答が多かったのはこちら。頻繁にやっている人、月2回くらいという人、それぞれ都合のつくペースで取り入れているようです。
なんと、アパートの屋上で朝陽を見ながらヨガをしているというメンバーも!(すごい!!)
子どもがまだ動き回らないころは、一緒に屋上に行って日光浴+青空を楽しんでいたそうです。
赤ちゃん連れOKのヨガに行っている人も多かったです。最近は赤ちゃん連れOKのヨガが増えているので、育休ママも安心ですよね。

●産後整体や鍼灸など
こちらも回答が多かったものの一つ。産後の骨盤矯正や抱っこ疲れの治療に、月1-2回くらいで利用している人が多かったです(やはりみんな、腰・首・肩など、全身バッキバキの様子…)。
通っているうちに寝つきの悪さが解消してきたという人も。
こちらも、最近は赤ちゃん連れOKなところが増えていて助かりますよね。

●マインドフルネス
朝、子どもが目覚める前に、お部屋で10~20分ぐらい、Headspaceというアプリを使ってやるそうです(アプリがあるんですね!)。
英語のアプリなので、ちょっと分からない部分があったり、自分のコンディションによって、雑念ばかり浮かんでくることもあるけど、こころが落ち着いて前向きになるのだそう。
ちなみに、その時に感じたことを、育休手帳の「今日の深呼吸」欄に記載しているそうです。

お次は、ちょっとお出かけしてリフレッシュ編です!

●緑の多いところに行く、公園散策
やっぱり緑には癒されますよね~。私も子どもが生まれてから、今まで以上に緑が好きになりました。

●デイキャンプ
デイキャンプとは、みんなでわいわいバーベキューをしたり、テントを張ってお昼寝したりと、日帰りで気軽にキャンプを楽しむこと。
PCも携帯も遠ざけて、自分のハンモックでゆらゆらしていると、頭の中がスーッとするのだそう!

●水族館
水中を見ていると癒されるそうです。確かに、幻想的な光景に癒し効果ありそうですよね!
そのメンバーは、「もともと好きで妊娠前から会社帰りに通っていた」とのことで、すみだ水族館の年パスを持っているそう。
授乳室もオムツ替えスペースもしっかりあるので、子連れのお出かけにもとてもおススメとのことです!

●近所のカフェでひとり時間
休日の朝、子どもをパートナーにお願いして静かなカフェでお茶。
ちょっと頭をからっぽにしてみたり、本を読んだり…。
ひとり時間でリフレッシュ、やっぱり大事ですよね。

お次は、おうちカフェでリフレッシュ編です!

●コーヒーを自宅で淹れる
焙煎したてのコーヒー豆を近所の珈琲屋で買ってきて、自分で丁寧に淹れるとの意見、複数ありました。
焙煎したての豆の香りは格別で、その匂いだけでもリラックスするそうです。
手挽きミルでゴリゴリ挽き、お湯を注ぐと、コーヒー豆が膨らんでモフモフしてくる、それを見るのが好きで、またテンションが上がるのだそう!
モフモフしているの、確かにビジュアル的にもテンション上がりそうです♪
写真3

●急須でお茶を淹れて飲む
日本茶派のメンバーもいました!
日本茶ワークショップに行ってお茶の淹れ方を学んだので、それを日々実践しているそうです。
ちゃんと淹れて飲むと劇的に美味しくなるのだそう!
あったかいお茶にはほっとリラックスする効果も。
ちなみにお気に入りの茶舗は、「すすむ屋茶店」(鹿児島のお店で、自由が丘にも出店あり)だそうです。

●おうちカフェ並みのドリンク、カップを常備
デカフェコーヒーに始まり、梅ジュース、甘酒、色んなフレーバーティー、ハーブティーなど、一日何度もホッと一息つけるよう常備しているそうです!
いろいろチョイスがあるとそれだけでウキウキしますよね♪
最後は食生活編です!

●旬の食材を使った健康的な食事を作る
色々な食材の味や旬の食べ物の美味しさを子供や家族に伝えたいと思い、旬の食材を使った料理を心掛けているそうです。
医食同源ですから、栄養バランスの取れた食事や、旬の食材を取り入れることは、健康にもとても大事ですよね。
ちなみに、なんと献立は二週間先まで常に考えて育休手帳に書いている、とのこと!
二週間先の献立を考えているなんてすごい…!!

●生野菜やフルーツを毎日摂る
これは私です。もちろん温野菜も好きで毎日食べていますが、フレッシュなものにはアクティブなパワーがある気がするので、こちらも毎日欠かさず食べています。食べると口あたりさっぱりスッキリなのも◎。
フルーツは主に朝食として。夕食にはサラダやトマトなど。
我が家では朝食のフルーツ剥きは夫の担当です。私より上手なので(笑)。

●チアシード
これも私です。健康食品やサプリメントにはあまり興味がないのですが、友人に勧められてチアシードを試してみたところ、よかったので続けています。
美味しいのと(味はないけどプルプルプチプチな食感がGOOD)、お通じが良くなる、なんだかパワーアップする気がする(笑)等が続けている理由です。

いかがでしたか?
定番なものから新鮮な意見まで、いろいろありましたよね。
私自身、今回ヒアリングしてみて、「あ、整体とか鍼灸とか、みんな結構行ってるんだ。バキバキでヤバいの私だけじゃないんだ~。出費がちょっと気になってたけど、やっぱり必要経費だよね!」と思うことができましたし(笑)、新たに試してみたいな~と思うものもたくさんありました。
子どもの健康や、家族全体の健康のためにも、ママ自身の心身の健康がとっても大事。
暑い夏ですが、軽やかに乗り切りたいですよね!

心身の健康が整ったところで、頭の体操、思考のトレーニングも♪
育休プチMBA勉強会では、様々なケースを元に思考のトレーニングを行いますので、育休中はお休みしがちな「仕事脳」の活性化にいいですよ!
次回の勉強会は8/2、テーマは「組織全体の構造と個人の働き方」です。絶賛チケット販売中です!
http://peatix.com/event/279298

【復職者インタビュー①1期 Kさん】

4期運営メンバーのさわです。9月までの期間、育休プチ勉強会参加者の復職後の様子をお伝えすることで、復職後の働き方をイメージし、キャリアビジョンを描くヒントを提供する為、復職者インタビューを実施し配信していきます。
第1回は、1期のKさんにお話を伺いました。Kさんは育休中、国保さんと同じ産後エクササイズの教室で出会ったことがきっかけで、マンションの一室で始まった育休プチ勉強会に計7回参加されました。現在は、3歳半の娘さんの育児をしながら、臨床開発のお仕事をされていて、現在課長兼チームリーダーを務められています。

 

★*・*☆★*・*☆★*・*☆★*・*☆★*・*☆★*・*☆★*・*☆★

【Q1:勤務環境・勤務時間(時短/残業有無)は?】

 東京/大阪にメンバーを持つチーム8人の課長兼チームリーダーをしています。育休に入る前のポジションも、課長兼チームリーダーでした。 復職当初からフルタイム勤務で、基本は9:00-17:30ですが、実際には状況に応じて出勤を遅らせたり早く退社することもできる柔軟な働き方をしています。パートナーと娘の送迎は分担しています。(送りはパートナー、迎えがKさん)基本的に残業はしていませんが、帰宅後も電話とメールは対応するようにしています。  ただし、時短ではない故、仕事がどんどん振られてしまうということもあるので、職場のカラーによっては戦略的に時短使うのも有効なのでは?と考えています。

【Q2:復職後の働き方の戦術(パートナー/ベビーシッター/他サービス)は?】

① 義理の両親に月2回程度家事のサポートをお願いしています。② ①のサポートがない週には、作り置き総菜のサポートサービスを月2回利用しています。③ いざという時の為のベビーシッターの登録を3か所しています。

不在時にシッターをお願いする為、貴重品を入れる金庫を購入しました。 娘がインフルエンザの時に、1日は病児シッター、1日は二時間だけの通常シッティングを自宅で仕事しながら利用したことがあります。

【Q3:復職後に悩んだこと、それをどう乗り越えたか?】

  復職直後は、リーダーではなくサブリーダーとして復職しました。 サブリーダーは現場担当者としての性質もあるので、お得意先とのやり取りを含め作業量も非常に多く、時間に追われる日々でした。娘の保育園のお迎えを「毎日遅れてはいけないアポイント」があるような感覚に襲われ、精神的に辛くなり仕事をやめる選択肢がよぎったこともありました。 そんな中、産休前の直属の上司に休憩中に偶然出会った際「何かきっかけがあったら辞める」精神状態である事を相談した所、「産前にやっていたプロジェクトのお得意先の新プロジェクトのリーダーをやらないか?」と声をかけてもらえました。リーダーになってからは、時間のやりくりが出来るようになりました。

【Q4:職場(上司/同僚/後輩)に対するコミュニケーションで心がけていることは?】
私は、「リーダーシップの基本の2軸である配慮軸と構造軸だと、構造軸寄りの人」なので、敢えて配慮(特にお礼)をするよう気をつけています。
例えば、プロジェクト解散時には、1人1人への具体的感謝したことを書いたメッセージを全員分を1通にしてメールしました。実はこれは、育休プチメンバーで国保さんのケース作成のお手伝いをした際に、国保さんにして貰って嬉しかったので真似をしています。

【Q5:時間の壁を乗り越える為に工夫していることは?】
① 自分ではなくても出来ることは諦めること(仕事も含め)
②メリハリをつけること。
娘とのお風呂の時間は自分自身のリフレッシュにもなるので、大切にしています。
お風呂のクレヨンやガーゼタオルで遊んだり、娘を仰向けにして浮くことを楽しんだりしています。
また、子供と一緒に就寝しています。
③ 自分時間をつくること。
基本的に娘の保育園のお迎えは私ですが、時々パートナーにお迎えをお願いしてみたり、休日を利用して
ネイルサロンに行ったり、友達と食事をしたりして、自分時間を作り、心の健康を保つようにしています。

【Q6:育休プチ勉強会がどのように役立ったか?】
①会社に提案ができるようになりました。
会社にベビーシッターの補助金の制度を導入することを提案し導入してもらいました。ただ権利を主張するのではなく、総務部門にこういう使い方したらいいのでは?こういう使い方だったら会社にとっても良いのでは?とメールで提案し働きかけをすることが出来たので、導入してもらえたのだと思います。
② 時間の壁を乗り越える為、自分でなくてもいい事は徹底して人に任せることで、短い時間で成果を出せるようになりました。産休前は22時まで残業していた業務を、今は17:30までで出来ています。
③ 会社外のコミュニティーの人と知り合うことが出来て、保育園入園/復職のタイミングを相談することが出来ました。

【Q7:今後のキャリアビジョンは?】
会社の社員数が増えているので、チーム内だけでなくチームを超えて影響を及ぼせる人になりたいと思っています。ただし、そのために昇進を目指すということではなく、別のポジションから、もっと柔軟な働き方でもできるということを示していきたいです。

【Q8:現在育休中の人にひとこと!】
① 育休プチに参加していると「仕事を頑張らないと」と考えがちですが、一番は「自分がどうしたいか?」を考えてみて下さい。「何のために自分が働いているか?」「何が自分にとっての幸せか?」を考えてみて下さい。
まずは自分の気持ちに向き合ってみて、決めたら迷わないということです!
② 復職してから新たに登録したり、試したりするのは大変なので、育休中に家事や育児に関する色々なサービスを登録だけでなく1回でもいいので試しておくことがおススメです。

★*・*☆★*・*☆★*・*☆★*・*☆★*・*☆★*・*☆★*・*☆★

【インタビュー後記】

育休プチ勉強会で学んだことを会社でも実践されていて、「私が辞めると会社にとって損ですよ」と言える位自信をもってお仕事されているKさん。
会社の利益を考え会社に意見を言うようになったということや、時間の壁を乗り越える為、自分でなくてもいい事は徹底して人に任せることで、短い時間で成果を出せるようになったというお話を力強くされていたことが印象的でした。また、ご自身を「構造軸寄りのリーダーシップをとる特性がある」と捉え、それ故あえて「配慮すること」に気をつけているというお話があり大変参考になりました。
更に様々な育児に関するサービスも利用されていて、とても参考になりました。Kさん、本当にありがとうございました。

【運営Tブログ】「時間」をかけること自体に価値はある?!赤ちゃん片手にパーティー料理を作ってみたら見えてきた復職後の働き方

4期運営メンバーのあちゃこです。

9月までの期間、運営メンバーの日常あれこれについて、定期的に発信しています。

今回は、「時間」をかけること自体に価値があると思っていた私が、育休プチMBA勉強会を通じて、少し違う見方をするようになったこと、働き方について考えたことについて、お伝えしたいと思います。

皆さんは、「時間」をかけること自体に価値があると思いますか?

少し前までの私は、働き方にしても、来客をもてなすにしても、生産性も大事だけど、「時間」をかけること自体が相手に誠意を表すことになるんだ、と信じていました。

でも、子育てには「時間」がない。

「時間」信仰者だった私は、これからどうすればいいのか途方に暮れていました。

そうこうするうちに、勉強会での時間制約がある社員のケーススタディをきっかけに、「時間」をかけることができない状況について日々モヤモヤと考えるようになりました。

その後のとある日、わが家での来客が決まり、「時間」をかけて準備したいのに「時間」をかけられない状況に、「時間」信仰者の私はまたもや途方に暮れましたが…

そもそも「時間」をかけることで達成したい目的って何?
そこに立ち返ってみたら、必ずしも「時間」をかけること自体が重要ではないんだ!「時間」をかけない方法を思いきって試してみよう!と考えるようになりました。
さらには復職後の働き方のヒントも隠れているかも?!

とある日のわが家でのおうちパーティーをケースにご紹介します。(赤ちゃん片手に作れるパーティー料理レシピ付き)

<ケース>

【場面設定】
わが家でおうちパーティーを主催することになりました。
夫不在の土曜日のお昼に、娘4ヶ月を抱えて準備することになりました。
今回のお客様は、学生時代の友人を中心とした夫婦共通の繋がりで、各自の家を持ち回りで使いながら、年数回、ゆるゆると開催しているものです。

【壁】
大人だけでも10名が集まることになっており、夫不在の土曜日に、4ヶ月の娘を抱えながら「時間」をかけて準備するのは、明らかに不可能です。余裕のない状況にストレスを感じつつ、他にどのような方法を取ることができるかを検討する必要がありました。

【そもそもの目的とは…】
当日集まるメンバーが楽しく笑顔で過ごせることが、そもそもの目的だ、と思い直しました。
ホスト自身の私も、ストレスを感じることなく思いっきり楽しみたい。
私が「時間」をかけて全て準備することなんて誰も求めていなくて、自分だけが求めている事実に気がつきました。
そもそもの目的を認識することで、「時間」をかけなくてもいいんだ、と思えるようになりました。

【解決策】
ひたすら「時間」をかけない方法を考えました。

1 料理の準備は、参加メンバーの力を借りる。
参加メンバーに一人一品の持ち寄りを依頼しました。

→多様な料理が並んだこと、誰がどういうレシピで作ったのかなどの話題で盛り上がれたこと、自分も肩の力を抜いて楽しめたことなど、結果的に大正解。

2 ホストとしての片付け作業を最小化する。
皿、コップ類を全て使い捨てのものにしました。100円均一ショップで調達。デザインもオシャレなものが意外とあるんですね。

→大人数の場合、使用するお皿を洗うのも一仕事になるところを、使用後はゴミ袋にポイポイ捨てるだけで片付けが終了し、大変ラクでした。

3 すぐ食べられるものの力を借りる。
一人一品ということで、自分も何か準備しよう…と、とても簡単なホームパーティー向けレシピをネット検索で発見し、それを参考にドリアとサラダを作ることにしました。

ホームパーティー料理のレシピは、事前に準備して、来客中は仕上げするだけでOK!みたいなものならたくさんあるのですが、そもそも事前に準備する時間がない人向けのレシピがほとんどないのですよね…。

今回発見したレシピは、いずれも、すぐに食べられるものを組み合わせる、という日々の時短料理にも使えそうなアイディアです。レシピは下記参照。
事前に材料の買い出しさえしておけば、当日来客の30分前から作業して間に合いました。鍋は不要、包丁は一度だけ使い、洗うものはミニトマトだけでした。

また、料理開始後すぐに娘がぐずり始めたため、ほぼずっと娘を片手で抱っこしながら作ることになったのですが、それでも作れたほど簡単でした。

→ドリアは焼きたてを提供して場が盛り上がり、見た目も存在感があるのでパーティー料理に適していると思いました。味も好評で、こんなにラクに作れるのに喜んでもらえるなんて!と衝撃を受けました。サラダは見た目が華やかでした。何か手作りしたいという欲求も満たすことができました。

※他にも、ケータリングする、シェフを自宅に呼ぶ、など、多様な外部委託サービスがありますが、集まるメンバーや人数、会の趣旨などによって使い分けると良さそうです。
※飲み物の買い出しは、夫の力も借りてわが家で対応しましたが、参加メンバーの力を借りても良い部分かもしれません。

【レシピ1:ドリア】
所要時間は、焼く前が10分、焼くのが30分、トータル40分程度。来客してから焼き始め熱々を提供すると、場のテンションが上がります。
ドリアの他にもふんだんに食べ物があったので、大人10名でも十分な量でしたが、ドリアがメインの場合は4〜5人前程度です。


※写真の料理は別の日に作ったミニサイズ版です。

○必要なもの
・耐熱容器(今回は容量が2.4ℓあるホウロウバットを使用)
・オーブン

○材料
・冷凍ピラフ 700g(何でも合いそうですが、今回はエビピラフ)
・市販のパスタソース缶 305g(袋入りのものでもOK。今回はトマトクリームベースのキャンベル社のものを使用)
・市販のホワイトソース缶 295g(袋入りのものでもOK。今回はハインツ社のものを使用)
・ピザ用チーズ 容器いっぱい
・冷凍海鮮ミックス 20個くらい(冷凍むき海老でもOK)
・ミニトマト 10粒くらい(ヘタを取り、洗う)

○作り方
① 耐熱容器に、冷凍ピラフ、パスタソース、ホワイトソース、ピザ用チーズを順番に重ねて入れます。トッピングに、冷凍海鮮ミックス、ミニトマトを散りばめます。なお、冷凍品は全て冷凍のまま使います。
② 来客時間より少し前からオーブンを予熱で200度くらいに温めます。
③ 来客後、オーブンで火が通るまで①を焼きます。耐熱容器の大きさにもよりますが、200度で30分ほど焼きました。

【レシピ2:サラダ】
所要時間は15分程度。見た目は華やか、味はドレッシングが決め手となります。
子供がお手伝いできる年齢になったら、材料の飾り付けを楽しんでやってくれそう。
他にもふんだんに食べ物があったので、大人10名でも十分な量でしたが、他にあまり食べ物がない場合は3人前程度です。


※写真の料理は別の日に作ったミニサイズ版です。

○必要なもの
・ボウル

○材料
・カット野菜 3袋(キャベツ千切り、ベビーリーフの小袋など好みのものをボウルに入る量だけ準備します)
・各種缶詰(ツナ缶、コーン缶、ひじき缶、レッドキドニービーンズ缶など)
・ミニトマト 15粒くらい
・うずら卵 8個(半分にカットする)
・瓶詰めオリーブ輪切り
・アーモンド
・ドレッシング(今回はシーザーサラダドレッシングを使用)
※好きな具材にアレンジ可能です。

○作り方
① カット野菜をボウルに敷き詰めます。
② ①の上に残りの材料を種類別に縦のラインに並べます。
③ 食べる際にドレッシングをかけます。

<リフレクション>
「時間」をかけたいのにかけられないという壁に対して、そもそもの目的を再認識し、「時間」をかけることが目的化していたことに気がつきました。
また、うまく周りの人や物の力を借りることで、時間制約の壁を乗り越えることができた経験でした。

そして、これはまさに、育休前後の働き方と似たような構造の問題ではないか、と気がついたのです。

今までは、復職後の時間制約がある状況を想像するだけで、どう働いたらよいのかと途方に暮れていました。
そこで会社の立場に立って考えてみると、組織の利益を最大化することが大きな目的であり、個人の労働時間の長短は本質的な問題ではありません。

「時間」をかけること自体がとても重要な価値ではないと気づいたことで、時間制約に過度なストレスを感じなくなりました。
個人で抱え込まずに、うまく周りの人や物の力を借りつつ、自分なりの時間制約のある働き方を模索していけばいいのかな、ということが腑に落ちたのでした。

また、日常のふとした一場面も、勉強会でいうところの「ケース」となり、思考トレーニングをする場になるんだという気づきを得ました。

育休プチMBA勉強会では、様々なケースを元に、思考を深めていきます。
次回の勉強会は「組織全体の構造と個人の働き方」、8/2に開催です。絶賛チケット販売中です!
http://peatix.com/event/279298

◆7/6 勉強会◆ 開催報告

こんにちは、運営チームのざわです。

——————————————

この度の平成29年九州北部豪雨災害により被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復旧・復興を心よりお祈りしております。

——————————————

 

 

関東では、台風一過となった6日(木)に開催いたしました勉強会についてレポートをお届けします。

今回のテーマは、「上司目線でのコミュニケーション~育児に理解のない上司~」と題し、第一子出産後時短勤務で復帰した山田さんのモヤモヤした悩みをケースに、課題、上司の考え、自分だったらどうする?等をディスカッションしました。

 

私は配られたケースを見て、このタイトルを見たとき、「わかる!そういう上司いる!古い古い!」と、山田さん側にたった視点でぷりぷりしながらケースを読み始めました。

・会社の制度として時短も看護休暇も認められてるんだからいいじゃない!
・チームのみんなは急な早退でも「いいよ」って言ってくれて優しいなあ
・でも時短だけど前みたいな業務もしたいし、たまには残業して作業したいなあ

わかるわかる。でも、自分事から一歩離れたケースとして読んでみると、

・チームのみんなは優しいけど、みんなへの感謝ちゃんと示せてる?
・上司は「時短」の希望を叶えてくれてる、本当に理解がないの?
・そもそも何のために、どう働きたいんだろう…

等々、自分以外の、チームメンバー、上司、夫、様々な視点での課題や考え方がでてきます。
さらに、他の参加者の気づきを聞くと、「あ!その視点もあった!」「それも超大事!」と思うことが次から次へと…!

エアコンは効いているものの、前抱っこでお腹と脳みそに汗をかきながら、濃厚な2時間を過ごしました。

 

今回で私は3回目の勉強会への参加でしたが、正直、1回目に参加したときはここまでの思考の転換はできませんでした。

ファシリテーターさんの問いかけに従って答えはするものの、「え?そんなこと聞かれても…」と困惑してしまったり、モヤモヤと「コレで私の何が変わったんだろう」と不安に感じたりもしました。

ただ、Q&A(https://ikukyumba.wordpress.com/2016/09/22/)を読んで、とにかく複数回参加してみようと思い、参加し続けてよかった!!!ぜひ複数回参加してみて!!!と強く思います(笑)

月齢が過ぎるにつれて、子どもも動いたり、ぐずり方が変わったりもしてきましたが、立ってゆらゆらあやしながら、授乳しながらの勉強にもだいぶ慣れて、子どもとの外出にも自信がつきました!

今回もそうでしたが、ファシリテーターさんもママで、子どもを抱っこしながらだったりするんですよね。その様子もがんばれるかも!と刺激になりました。

 

 

今回、産休中の方も複数名いらっしゃいました。
ご自身とお子さまの体調が最優先ではありますが、育休前の産休中でももちろん参加できます。

宣伝みたいな開催報告になってしまいましたが、次回は8/2(水)場所は同じく巣鴨を予定しております!

チケットは販売中ですので、ぜひご検討ください。

チケット購入はコチラから★