◆開催報告◆学びの秋!10月育休プチMBA勉強会

こんにちは。2018年秋運営メンバーの、ゆみです。
10月16日(火)に開催された育休プチMBA勉強会について報告させて頂きます。

勉強会当日は秋晴れで気持ちの良い天気となりました。過ごしやすい気候なので赤ちゃんを抱っこしてお出掛けするのも更に楽しくなりますね。
(個人的に秋は花粉症もなく気候も穏やかで過ごしやすい季節なので大好きです。食べ物も美味しいですよね。)

余談はさておき、勉強会の様子についてお伝えします。 

勉強会スタート
受付後にそれぞれのテーブルに着席し、初めましての自己紹介をしたり過去の勉強会やオフ会の参加者同士が挨拶をしたり、子供同士が遊んでいるのを見守りながら会話を楽しんだり、と賑やかな雰囲気の中、勉強会が開始されました。この日は、生後3か月〜11ヶ月の赤ちゃんも参加してくれました。

今回のファシリテーターは、事前にトレーニングを受けた運営メンバーのすーちゃんとりかちゃんです。出席者の回答に真剣に耳を傾け意見をまとめてくれ、和やかな雰囲気の中で活発な意見がたくさん出ました。

「変わってしまった憧れの先輩」のケース
今回のテーマは「復職後の働き方を考える」です。
バリバリ仕事をしていた憧れの先輩・智子は復職後言われたことをこなすだけの働き方へ変化してしまった。優秀な先輩でもこうなってしまうなら、自分には仕事と育児の両立は無理だと思ってしまう後輩・恵梨香目線のケース。
何故こうなってしまったのか、智子が自分で変えられることは何か、自分なら何をするか等を意見を出し合い、智子が再び仕事に面白さを見出すにはどうすれば良いか、また智子がそうなると会社や社会へどんな影響を与えることが出来るかについて考えました。

最初の問いかけは「智子はなぜ今の状態になったのか?」
まず一人ひとりケースを読み込みながら、ポストイットに自分の考えを書き出していきます。
次に、グループ内で共有の時間を取ります。グループで意見をまとめるのではなく、それぞれの考えを出し合います。
育児に追われていると限られた時間で自分の考えをまとめ誰かに伝えるという機会が少ないので、この思考のトレーニングが復職後すぐに役立つのではと思っています。
最後に、全体共有の時間となります。みなさん積極的に手を挙げ、意見を出し合います。自分で考えつかなかった意見が出て新たな気付きに出会える時間となります。
この新たな気づきとの出会いで更に思考を深めることが出来ます。

その後、ファシリテーターから別の問いかけが投げられ同様のプロセスを3回ほど繰り返し、課題を深掘りしていきます。

「あなたが智子なら何をしますか」という問いでは実体験を元にした沢山の意見が出て、自分の復職時に参考になることばかりでした。
特に「自分にとって何が大切か共有しきちんと納得した上で手放す物を決める」という意見にはっとさせられました。復職にあたり仕事と育児を両立するために使えるサービスや頼れるアイテム等プラス思考ばかりだったので、何かを手放すという考えに至っていませんでした。復職後忙しい中でじっくり考える時間もないまま手放すものが出てきた場合、後から納得できない感情が生まれるかもしれないと思いました。

私は来年の4月が復職予定なので、それまでに上記のことも含めじっくり準備をしたいと思い直しました。

ランチタイム
勉強会の後はランチを取りながら交流の時間となります。会社の制度の話や保活、復職経験者へ質問し実体験を聞いたり、育休プチMBAやWSIのプチMBAの話など、様々な情報交換がされました。皆さんアンテナが高くて色々な情報をお持ちなので、このランチ会の時間もとても有意義で楽しくあっという間に過ぎてしまいました。

育休プチMBA勉強会について
赤ちゃんを抱っこであやしたり、ミルクをあげたりとお世話をしながら参加できる勉強会です。赤ちゃんがぐずって泣いてしまっても大丈夫な和やかな雰囲気です。ファシリテーターの元、皆さん真剣に考え意見を交わし、有意義な時間を共有しています。

私は初めて参加した際、鈍ってしまった頭を回転させる事の大変さと久しぶりに思考し意見を発した事の嬉しさをとても鮮明に覚えています。
そして参加する度に、子供を持ち制約のある中でどのようにキャリアを積んでいくか、参加者それぞれが悩み考え頑張ろうとする姿に自分も頑張ろうと励まされています。

単なる勉強会ではなく、仕事も育児も諦めずに楽しみたいという気持ちを共有できる仲間との出会いも、この勉強会の醍醐味だと思います。


次回の勉強会は11月16日(金)
「管理職の仕事を考える~イクボスのケース~」です。
チケットは販売開始から30分あまりで完売してしまいました。

12月以降の勉強会は、開催日が決まり次第、FacebookLINE等でお知らせします。

広告