◆開催報告◆クリティカルに考えた!1月育休プチMBA勉強会

こんにちはー、運営メンバーのヨネです。1月21日に開催された育休プチMBA勉強会の様子をご紹介します。初参加の方もたくさんいらっしゃいましたが、活発に意見交換がなされて、とても活気ある勉強会でした。

今回のケースは「育児に理解のない上司と山田優美」です。 登場人物は、時短で復職した山田優美とその上司である石田さん。まずケースを個人で読み込みました。

そして、ここからがケースメソッドの醍醐味。グループでの和気藹々としたディスカッションと、ファシリテーターさんの鮮やかな誘導により、優美の気持ちにひたすら共感してしまいがちな視点を少し脇において、より高い視座で俯瞰して状況を捉えていきます。

その過程を経た上で、優美=私は何をするかを改めて考えてみると、不思議と視野が広がっていました。 グループディスカッションでも、いつの間にかみんな前向きに考えていました。

最後に、リフレクションの時間に、今日の勉強会での気付きをグループで振り返った際に、全体最適、チームへの貢献、上司に安心感を、という素晴らしいキーワードをいただきました。 その後のランチ会でも、上司あるあるとその対策や復職前面談どうする?という内容で大いに盛り上がりました。

というわけで、参加者の皆さんとの熱いディスカッションと素晴らしいファシリテーションのおかげで、たくさんの学びを持ち帰ることができました。とりわけ「チームでの自分のあり方」について、心底納得する形で理解することができ、復職に向けて心構えを準備できた気がします。

同じケースを3月11日の勉強会でも使用予定です。復職準備として参加されることをオススメします!


次回の勉強会は2月15日(金) 「時間制約をどう克服するかを考える~復職して3ヶ月目の井田美咲~」です。 2月のチケットは開催初日に完売してしまいました。

3月以降の勉強会は、SCHEDULEをご確認ください。すでにFacebookで告知していますが、2月4日(月)の12:00頃チケット販売予定です。

広告