◆開催報告◆人を動かすコミュニケーション…5月育休プチMBA勉強会

「育休プチMBA勉強会」は、「育児休業期間中、復職後に備えてビジネススキルを高めたい」、そんなワーママのニーズに応えて立ち上がった勉強会です。 ケース・ディスカッションを通して、自分目線だけではなく、同僚の目線、上司の目線、組織の目線等様々な目線を一緒に考えませんか?

5/22(水)にも、東麻布の会場Patiaにて、育休プチMBA勉強会が開催されました。
今回は、「アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長」というケースをもとに、ディスカッションしました。

・ どうしたら自主性を持って働いてもらえる?
・ 自分が店長だったら、どんな行動をしたらよい?
半数以上の方が初参加でしたが、全員から手が上がり、様々な角度から意見が出る勉強会となりました!

一部参加者の声をご紹介します♪
「とても話しやすい雰囲気で、発言もしやすかった!考えて人に話す、ということを久しぶりにできて、充実した時間でした。」
「一つの問題に対し、多角的に考えるヒントを得た。また、様々なバックグラウンドの人の意見を聞けたのが新鮮だった!」
「育休産休中は考える時間がないので、久しぶりに頭が使えてよかった。 ほかの方とのネットワーキングができた!」
今回のケースを通じて、産休育休中の脳を刺激し、復職に向けてもつながる良い思考トレーニングとなったようです。

6月も育休プチ勉強会が開催されます。
勉強会の後には、ランチ交流会が開催され、色々な業界の方々と交流できます。

交流会でも下記の意見をもらっています。
妊婦の方:交流会で、先輩ママに、出産育児に必要なもの、出産後の過ごし方等、話が聞け、参考になった。
産休・育休者:仕事復帰後のイメージがつかなかったが、復帰経験のママから、家事と育児の両立、分担、会社での働き方等の話が聞け、具体的なイメージができ、復帰の準備がスムーズにできた。
復職者:自分の会社には、復職経験者がいなく、相談できなかったが、交流会で、他の方々と話ができ、前向きになれた。
色々な方々の参加をお待ちしています。


◎経営者・マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるトレーニングに
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

次回の勉強会は6月12日(水)「組織における自分の役割を考える」および6月20日(木)「長時間労働の改善策を考える」です。
こちらのチケット発売情報も、Facebookで随時お知らせしてまいります。6月以降の開催日程は当ホームページSCHEDULEでご確認いただけます。