ABOUT US

育休プチMBA勉強会とは

育休プチMBA勉強会は「育休者による育休者のための勉強会」です。育休を利用して、スムーズな復職に必要な思考技術を学びます。

ワークシフト研究所監修のもと、以下の理念に基づき運営しています。運営メンバーは育休中の有志のボランティアです。

(1)運営理念

“子どもを持ちながら働く”が本人・家族・企業にとって当たり前になる社会の実現

(2)運営ビジョン

“子どもを持ちながら働く”ことが当たり前だと捉える個人や企業が増える
育休復職後、時間や場所などの制約を持ちながらも成果をもたらし組織に貢献できる人材が増える。

(3)運営方針

  1. 赤ちゃん連れでも安心のバリアフリーな環境で学ぶ
  2. 時間や場所などの制約を持ちながらも組織に貢献するための思考技術を学ぶ
  3. 志を同じくする仲間と出会う

 

※「育休プチMBA」は㈱ワークシフト研究所が管轄、商標登録済です。
類似のサービス名・団体名・法人名、関連を装った団体等がありますが、一切関係はございません。

育休プチMBA勉強会紹介チラシ

会社の方などへ伝える際にご活用ください。

 

育休プチMBA勉強会のはじまり

今では参加者が3000人(2019年10月時点)を超える「育休プチMBA勉強会」。過去勉強会ではたくさんの働く女性がここで学びや仲間を得て、職場復帰しています。
NHKや日本経済新聞電子版ほか、多数メディアにも取り上げられているこの勉強会、はじまりは2014年7月、とあるマンションの一室で。

きっかけは、育休プチMBA勉強会を立ち上げた国保自身が妊娠中のとき、第二子妊娠中のみかさんと出会ったことでした。ママ友みかさんからの純粋な質問やコメントで、二人は意気投合!
経営学を教えている国保がプログラムと教材準備、営業職のみかさんが人集めと場所提供を行いました。そして、二人の産後の体調が落ち着いたころに、一回目の勉強会が始まりました・・・(国保ブログ詳細

当時の二人の、「ちょっとやってみよう!」というアクションが、今では社会を変える、悩んだり迷ったりしている働く女性を勇気づける組織に成長しました。
今のあなたと変わらない育休中の立場だった二人。
半径5mのアクションでも、一人一人が実際にアクションを起こしたら、社会の流れを変えていくことができる。社会的な課題や困難もきっと変えていくことができる、超えていくことができる。悩んでいても大丈夫、迷っていても大丈夫。
けれど、どうかアクションを続けて下さい。周りに声を掛け、巻き込んで、歩んでみてください。
まだまだ私たちも、「子どもを持ちながら働く」が当たり前になる社会の実現のために歩んでいきます。

育休者による育休者のためのMBA勉強会

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。