◆開催報告◆限られた時間の中で成果を上げるには…6月20日の育休プチMBA勉強会

「育休プチMBA勉強会」では、復職後に直面する課題を想定し、気持ちよく働くための思考スキルを身につけることを目標にしています。

 

6月20日(木)にも、東麻布の会場Patiaにて「育休プチMBA勉強会」が開催されました。

 

今回は「岡村課長と定時後のクレーム」というケースでディスカッションをしました。

参加者は、来月出産予定の妊婦さんから、産後2-4ヶ月で来年4月復帰の方、今秋復帰予定の方など様々。初参加の方も、リピート参加の方も、それぞれが漠然とした復職後の不安を抱えつつも、

・ 岡村課長視点での組織としての根本的な課題は?

・   あなたが岡村課長ならどうやってチームとして成果をあげる?

といった課題に、赤ちゃんをあやしながら頭をフル回転させて意見を出し合いました。

 

 

 

 

 

 

初回の自己紹介

から打ち解けた雰囲気で楽しそうに議論をする姿をみて、復職後も皆さんキラキラと働けるだろうなぁと感じました。

 

 

 

 

 

 

参加者の声を一部ご紹介します♪

◉ 復職時の振る舞い方が勉強になりました!

◉ 同じ境遇の方々とディスカッションでき復帰後の視野が広がりました

◉ 産後、座学でディスカッションする機会が皆無で、頭が鈍化していたので、参加できたことがまず嬉しい。そして、実際に頭に汗をかいて考えることができて良かった。

 

 

 

 

 

 

毎回勉強会終了後には、ランチ交流会を開催します。色々な業界の方々と交流ができるので、是非ご参加ください♪

 

次回7月3日分は完売しましたが、8月も育休プチ勉強会が開催されます。

8月2日(金)のチケットは6月28日(金)に発売予定です。

 

詳しくはプロフィール欄→「育休プチMBA公式ホームページ」をチェック!Peatixでのフォロー登録もおすすめです。

 

以下に当てはまる方、ぜひお越しください。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングをしてみたい

◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人になりたい

◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いたい

コミュニティ・オフ会とは

育休プチMBA勉強会とワークシフト研究所(WSI)主催のプチMBA講座では、参加された方限定で申請していただけるFacebook上のコミュニティがあります。

コミュニティオフ会チームでは、そのコミュニティやイベント企画を通じて、参加者同士で情報交換をしたり交流を深めたりしてもらうことを目的に活動しています。

非公式・有志での活動となりますので、興味がある方はぜひFacebook上のコミュニティにご参加ください♪

(コミュニティに参加するには勉強会に参加した日時、氏名を記載してメッセージを送信し、申請してください。)

Facebook上のコミュニティはこちら

◆開催報告◆組織における自分の役割とは…6月12日の育休プチMBA勉強会

「育休プチMBA勉強会」は、「育児休業期間中、復職後に備えてビジネススキルを高めたい」、そんなワーママのニーズに応えて立ち上がった勉強会です。

ケース・ディスカッションを通して、同僚/上司/組織など様々な視点から考え、復帰後も気持ちよく働くための思考スキルを身につけませんか?

 

6/12(水)にも、東麻布の会場Patiaにて「育休プチMBA勉強会」が開催されました。

 

 

 

 

 

 

今回は「退職を考える時短勤務の仁美」というケースを用いて、皆でディスカッションをしながら考えました。

参加者は半数以上が初めての方でしたが、2回目の育休中でリピート参加の方、ついこの春に復職してまさに今壁に向き合っている方も。

・ 時短勤務の仁美の問題と原因は?

・ 仁美の上司、組織の課題は?

などなど、ファシリテーターから投げかけられる問いに、赤ちゃんをあやしながら様々な角度から意見が出ました。

 

 

 

 

 

認定ファシリテーター めぐみさんの問いかけに、参加者それぞれが熱心に思考し始めます。

 

 

 

 

 

個別に考えた後は全体でシェアします。様々な意見が飛び出し、ホワイトボードがいっぱい!

 

参加者の声を一部ご紹介します♪

◉ まさに自分が直面しそうな問題に対して、自分で考えてみたり、他の方がどう考えるかを知ることができてよかったです。いざ問題に直面した時、これが力になりそうな気がしました!

◉ ディスカッションすることで、自分の思考が整理され、これから仕事で問題にぶつかった時に一人で抱え込まずに、一度立ち返って冷静に考えられるかもと思えた。

◉ 具体的にどういった行動を起こしていけばいいかヒントをもらえた今回のケースを通じて、実際に復帰後に起こりそうな問題をイメージでき、実際その問題に直面した時にどんな思考で向き合い、行動すれば良いのかのヒントになったようです!

 

勉強会終了後には、ランチ交流会を開催します。色々な業界の方々と交流ができるので、是非ご参加ください♪

 

<ランチ交流会に参加した方の声>

  • 妊婦の方:先輩ママに、出産育児に必要なもの、出産後の過ごし方等の話を聞くことができ、参考になった。
  • 産休・育休者:復職後のイメージがつかなかったが、復帰経験のあるママから、家事と育児の両立、分担、会社での働き方等の話が聞け、具体的なイメージができ、復帰の準備がスムーズにできた。
  • 復職者:自分の会社には復職経験者がいなく、悩みを相談できなかったが、交流会で他の方々と話ができ、前向きになれた。

 

次回、6月20日分は完売しましたが、7月も育休プチ勉強会が開催されます!

そして、7月で育休プチ勉強会は5周年を迎えます!お祝い企画も考え中ですので、どうぞお楽しみに。

7月3日(水)のチケットは好評発売中です。

勉強会の詳細、チケット購入はこちらをチェック!

 

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに

◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために

◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

 

ご参加をお待ちしております!

◆開催報告◆人を動かすコミュニケーション…5月育休プチMBA勉強会

「育休プチMBA勉強会」は、「育児休業期間中、復職後に備えてビジネススキルを高めたい」、そんなワーママのニーズに応えて立ち上がった勉強会です。 ケース・ディスカッションを通して、自分目線だけではなく、同僚の目線、上司の目線、組織の目線等様々な目線を一緒に考えませんか?

5/22(水)にも、東麻布の会場Patiaにて、育休プチMBA勉強会が開催されました。
今回は、「アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長」というケースをもとに、ディスカッションしました。

・ どうしたら自主性を持って働いてもらえる?
・ 自分が店長だったら、どんな行動をしたらよい?
半数以上の方が初参加でしたが、全員から手が上がり、様々な角度から意見が出る勉強会となりました!

一部参加者の声をご紹介します♪
「とても話しやすい雰囲気で、発言もしやすかった!考えて人に話す、ということを久しぶりにできて、充実した時間でした。」
「一つの問題に対し、多角的に考えるヒントを得た。また、様々なバックグラウンドの人の意見を聞けたのが新鮮だった!」
「育休産休中は考える時間がないので、久しぶりに頭が使えてよかった。 ほかの方とのネットワーキングができた!」
今回のケースを通じて、産休育休中の脳を刺激し、復職に向けてもつながる良い思考トレーニングとなったようです。

6月も育休プチ勉強会が開催されます。
勉強会の後には、ランチ交流会が開催され、色々な業界の方々と交流できます。

交流会でも下記の意見をもらっています。
妊婦の方:交流会で、先輩ママに、出産育児に必要なもの、出産後の過ごし方等、話が聞け、参考になった。
産休・育休者:仕事復帰後のイメージがつかなかったが、復帰経験のママから、家事と育児の両立、分担、会社での働き方等の話が聞け、具体的なイメージができ、復帰の準備がスムーズにできた。
復職者:自分の会社には、復職経験者がいなく、相談できなかったが、交流会で、他の方々と話ができ、前向きになれた。
色々な方々の参加をお待ちしています。


◎経営者・マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるトレーニングに
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

次回の勉強会は6月12日(水)「組織における自分の役割を考える」および6月20日(木)「長時間労働の改善策を考える」です。
こちらのチケット発売情報も、Facebookで随時お知らせしてまいります。6月以降の開催日程は当ホームページSCHEDULEでご確認いただけます。

つくりおき修行を復職準備にやってみました

運営メンバーのわっきーです。

復職後の心配のひとつが、毎日の夕飯。
仕事後に子どものお迎えを済ませ、そこから仕度をしていたのでは、時間がいくらあっても足りません。

「つくりおきも検討した方がいいのでは?」と夫と話し、まずはあやちゃんオススメの家事代行サービスを利用してみました。

私は家事代行サービス自体が初めてだったのですが、3時間で14品つくり、後片付けや台所の清掃までしてくださったプロの仕事に感動!
そして数日間、「夕飯のこんだてを考え、買い物をし、調理する」手間から解放されたのです。

詳しいレシピや作り方のコツも教わったので、「つくりおき修行」と銘打って自分でもやってみることにしました。

そのうち一品は、ヨネちゃんレシピのビーフシチューの仕込みです。

また、家事代行の方はノートを立てかけ、それを見ながら作業されていたので、それも真似してみました。
材料や作り方をノートに纏めておくだけで、効率がぐんとアップ!

プロの「3時間で14品+台所の清掃」にはほど遠いですが、一気にやらずとも、土日に分けて作るなど工夫すれば平日がずいぶん楽になりそうだと手応えを感じました。

ヨネちゃんのように段取りをフローとして書き出してみると、もっと効率化できるかもしれません!

 

こうして家事代行サービスを利用し、つくりおき修行に至ったのも、育休プチMBA勉強会で参加者の皆さまから様々な情報を教わったからです。

2019年度のスケジュールもこちらで公開中!
「子ども連れで学びたい」「新しいママ友をつくりたい!」という皆さま、ぜひチェックしてみてくださいね。

ママ会議はどこでやる!?子連れOKのオススメスポット

運営メンバーのシオリです。

育休プチMBA勉強会は「育休者による育休者のための勉強会」。私たち運営メンバーも小さな子どもを持つ育休者です。

普段はオンラインのやり取りですが、やはり顔を合わせた会議も大切にしたいもの。赤ちゃん連れで「ママ会議」を積極的に開催しています。

その際に重要なのが「会議場所」。子連れOK、多少騒いでも周囲の目が気にならない、美味しいものが食べられる(笑)・・・ということで場所探しには余念がありません。

(ちなみにワークショップは区立の施設の会議室を利用しました)

そこで今回は、運営メンバーによるFacebook投稿から「ママ会議」にぴったりの場所をご紹介します。もちろん、普段のママ会にも使えますよ♪

話題のコワーキングスペースに集合!

まずは都内にオープンしたコワーキングスペース。

お洒落なオフィスは誰でも利用可能。施設も充実しており、健康に配慮したご飯も食べられて感動!

子連れのための場所ではありませんが、多少騒がしくても仕事できる方が集まる場所。子連れでもとても居心地良かったです。(むしろ子どもたちが周囲の方の癒しになっていたような…)

一企業がこのような場所を提供していることにびっくり。新しい働き方のヒントもたくさん詰まっているようです。

子連れの聖地でママ会議!

広報チームは「子連れの聖地」と呼ばれるお店でキックオフミーティングを開催。

絨毯の敷かれた店内に靴を脱いで上がるスタイルなので、子どもがハイハイしても安心。特別なチョコレートを使用したフォンダンショコラも美味でした(笑)

託児付きワーキングスペースで集中!

特に集中したいときは、託児付きのワーキングスペースで一気に片付けるという手も・・・!

こちらの施設のように、会議室を備えている場所もあるようです。

そういえば「勉強会」はどこでやっているの?

「育休プチMBA勉強会」も、お子様同伴OK(※)の勉強会。都内のレンタルキッチンスペースを利用して実施しています。

(※感染症等にかかっている恐れのない生後2ヶ月以上、1歳の誕生日の前日までのお子さまは同伴可能です。)

勉強会のスケジュールはこちらで公開していますので、お子様連れで学びたい、という皆さまはぜひチェックしてみてくださいね。

育休者による育休者のためのMBA勉強会