認定ファシリテーターインタビュー【加藤めぐみさん編】

「育休プチMBA勉強会」を主催する株式会社ワークシフト研究所では、全国で増加する勉強会のニーズに応えるため、認定ファシリテーターを養成しています。この度新しく認定ファリシテーターになった方にインタビューをし、ファリシテーターの素顔に迫りたいと思います。今回は第2弾です。

Q.まずはご自身について教えてくださいますか?

加藤めぐみです。現在、日本イーライリリー株式会社という米国系製薬会社にて、糖尿病の新薬開発のプロジェクト・マネジメントをしています。夫と中学3年生の息子の3人家族で、東京に住んでいます。

Q. なぜ「育休プチMBA」のファシリテーターになろうと思ったのですか?

育休プチMBAを立ち上げられた国保さんとは、慶應ビジネススクールの同級生で、育休プチMBAの活動を開始された当初からこのプログラムを知っていました。育休プチMBAは秀逸なケース教材を用いた議論を通じて、当事者としてだけでなく上司や組織の視点から考えることができ、マネジメント思考を身につけられるとてもよいプログラムです。このプログラムを、家庭と仕事の両立で悩んでいる会社の後輩たちにも受ける機会を提供したいと思ったのが、認定ファシリテーターになったきっかけです。

私自身は、慶應ビジネススクール在学中に息子を出産し、修了後に、現在の会社に復職しました。復職後は、家事も、仕事も、育児も綱渡り、毎日ジャグリングのボールを落とさないように必死で過ごしていました。でも、大変ではありながらも、強制的なOn/Offの生活を繰り返す中で、「制約がある環境は、実は自分が成長するチャンスでは」と思うようになりました。私にとっては、育児という時間的制約があったからこそ、マネジメントスキルを実際に使うという必要に迫られ、意識的に自分の仕事の範囲を超え、俯瞰的にいろんな視座・視点で考え、行動するようになりました。

そして、その時に試行錯誤しながら、家庭内での仕組みを作ったり、仕事上で優先順位づけなどを考え、毎日の仕事や家庭での経験を通じてマネジメント思考を身につけたおかげで、子供が成長し手がかからなくなった後に、再度大学院で学んだり、ボランティアをするなど、仕事と家庭以外にも楽しみの時間を持てています。あの時ジャグリングをしながらも踏ん張って本当に良かったなと思っています。

Q. 「毎日ジャグリングのボールを落とさないように必死に過ごす」というのは、復職後の女性なら誰もが通る道なのかと思います。加藤さんは「家庭内での仕組みを作った」とのことですが、どのようなことをされたのですか?

限られた時間をどこに優先的に割きたいかを考えるようになりました。自分たちはどういう家族や家庭を築きたいかを夫ともよく話します。家庭を意識的にマネジメントする、という感覚です。

具体的にいくつか挙げるとすると、

・ライフプランを作成して現在〜将来的に家庭で必要なお金を算出し、不安なく暮らせるような運用や見直しをする

・カレンダーで夫と私のスケジュールを共有し、私も夫も息子それぞれがやりたいことを実現できるように調整する

・モノの棚卸をし、生活しやすい空間づくりをし、日々のオペレーションの労力が最小限に工夫する

・自分で出来ない部分や苦手な部分を家事代行などプロの手を借りる

などです。

Q. なるほど。旦那さんとともに家庭をマネジメントするという意識が大切なのですね。加藤さんは復職されてから、「制約がある環境は、実は自分が成長するチャンスでは」と思われたとのことですが、具体的にはどのような面で成長したと思われますか?

時間の使い方が効果的になるのに加え、他のメンバーとの業務や情報の共有、標準化などの活動を、自分からどんどん進んで提案・実行するようになりました。

例えば、

・時間内に仕事が終わるように、業務を始める前に仕事の手順を考える

・業務の途中で期待をすり合わせる

・いつでも仕事を他の人に引き継げるように、業務の標準化や他のチームメンバーとの共有をする

・自分がやってうまくいかなかった穴に他の人がはまらないようにプロセスの見直しやマニュアル等で他の人に情報共有する

などです。

おかしいなと思ったことは、誰かが直してくれるのを待つのではなく、自分から「こうしたら自分が助かるので」という形でどんどん発信しました。この活動を通じて社内での認知度も高くなり、どんどん仕事がしやすくなりました。

Q.  自分からどんどん発信していくことが重要なのですね。仕事と育児を両立するにあったて、どのようなマネジメントスキルが役立つと思いますか?復職前に身につけると良いと思うスキルを教えてください。

色々あると思いますが、私は、

・目的(ありたい姿)を確認する

・俯瞰的に現状を把握する

・枠にとらわれず解決策の選択肢を考え、決断する、やらないことを決める

・周りとの協力体制を築く

が子育てを通じて身に着けたマネジメントスキルです。

復職前に限らないですが、困ったことがあった時に、立ち止まって今持っている問題を棚卸しすることが、長い目で見るととても大事です。また、選択肢を考えるときは自分の経験や身近な人の意見だけでなく、インターネットなども活用するとよいと思います。自分と同じような体験をしている人は実はたくさんいて、たくさんの知恵があるのです。

Q. 加藤さんは、どのようなファシリテーターを目指していますか?

参加した方達の経験や気づきが紡ぎ出せ、お互いに学びの多い場を作りたいです。また、育休プチMBAをきっかけとして、社内での繋がりや学び合える関係づくりもできればと思っています。

Q. 最後に、受講生のメッセージをお願いします。

子供を持ちながら働くことは、この一瞬で見ると大変なことがたくさんです。でも、子供はどんどん成長し、今のままではありません。そして、私たちの長い人生の中、職場環境やそれまでの働き方の見直しなどを通じて、立ち止まり人生を振り返り、自分のスキルややりたいことを棚卸ししできるのは、これからの自分の未来にとってはとても良い機会です。こう捉えられると、本当に楽しいことや発見の連続です。一緒に、ピンチをチャンスに変え、一生モノのスキルを身につけましょう。子供を持つことと働くことの楽しさやワクワクをより多くの人と分かち合えると嬉しいです。

ーーインタビューを終えて

加藤さんは、お子様が大きくなってからはプロボノとしてプロジェクト・マネジメントのスキルを社外で活かしたり、PTA活動のマネジメントもされたそうです。また仕事のマネジメントスキルを家庭に生かすことがとても面白かったため、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程にて家庭のマネジメントについての研究し、今年3月に修了されたことも教えてくださいました。

思わず惹きつけられる、輝く笑顔からは想像できないほど意欲的に活動されていますが、加藤さんのファシリテーションは場を温かく包み込むような安心感があります。これからも加藤さんのファシリテーションによって多くの方が大切な気づきや学びを得られることと確信しています。

夫に直撃インタビュー! 「男性育休」について運営メンバーの夫はどう考える?

こんにちは!

育休プチMBA勉強会2019年春の運営メンバー(広報チーム)です。

旦那さんが育休を取る(もしくは産前産後に何らかの形で休みを取得する)ケースは増えていますが、実際のところ男性は育休をどのように過ごし、どのように考えたのでしょうか?

前回の特集記事「緊急アンケート!運営メンバーの「夫の育休」体験談」はこちら。

7名の運営メンバーがそれぞれ家庭内で夫にインタビューを行ったところ、「男性育休の実際」が見えてきました。

Q. なぜ育休を取ろうと思ったのですか?

目立ったのは、「会社に制度があるから」または「妻に言われて、必要だと思ったから取った」という、どちらかというと外的要因がきっかけとなった人が多かったことです。また社内に男性育休者の前例があることや、ちょうど繁忙期ではなかったので取れた、という個別の背景が作用していることも分かりました。

「自分が育休をとれば、妻のブランクを短くできると思った」「上の子がいることで、自分が休まないと家が回らないと思った」という家庭の事情を考慮して育休を取得した人もいました。一方で「取らないと妻に後でずっと言われそうだったし、自分としても初めが肝心だと思った。休みを取れば”やった”って言えると思ったから」という本音も飛び出しました。

ちなみに大半の家庭では、夫の育休期間は一週間程度でした。

Q. 育休中はどのように過ごしましたか?

夫たちの回答を総合すると、3つのカテゴリーに分類できました。

・家事(炊事、洗濯、掃除、食器洗い、買い物)

・育児(夜中を含む調乳、ミルク授乳、オムツ替え、お風呂、寝かしつけ、上の子のお世話、保育園への送迎)

・諸業務(入退院の手伝い、出生手続き等役所手続き)

「真夜中以外は基本的に妻と同じ生活パターンだった」「自分の時間が取れるかと思ったが、忙しかった」という声が聞かれました。タスクを羅列しただけでも重労働ですね。特に家事などは、育休に入る前に慣れておくと良さそうです。

Q. 育休を取って良かったですか?

全員一致で「良かった」という回答でした。理由を聞くと、妻のサポートができたから、育児のスキルやモチベーションが上がった、上の子と過ごす時間が増えたことでより仲良くなれたという声がありました。

また、「育休を取らなければ考えなかったことを考えた。例えば、日中自分がいない時の妻の過ごし方を知った。街で平日昼間に意外とお父さんが育児している姿があることを知った。良い意味で、自分がいなくても仕事が回ることを知った」という実感のこもった感想を聞くこともできました。

Q. あなたの家族にとって理想的な育休期間はどれくらいだと思いますか?

産後2週間〜1ヶ月間という回答が最も多かったです。なかには3ヶ月、6ヶ月という意見もありました。1ヶ月以内であれば仕事の都合もつきやすそう、子供のことを考えると生活リズムが少しずつ整ってくる3ヶ月頃、また保育園に入れていいと考える6か月頃という理由があがりました。

一方で、1週間以上休んだら会社で居場所がなくなる、といった危機感のある回答も見られました。

Q. 育休を取って、家事や育児において大変だったことは何ですか?

複数の夫が「調乳に手間取り大変だった」と答えてくれました。「調乳家電を買ってからは夜中の調乳が楽になった。」という体験談は参考になりそうです。今は液体ミルクもあるので、授乳を妻だけのタスクだと固定せず分担できると良いですね。

また、上の子がいる夫は「子供の機嫌を見ながら、効率よくご飯を準備しながら食べさせるのは苦労した。」と話してくれました。長期間育休を取った夫からは「社会との接点、人との会話が減った」ことが大変だったとのこと。これは妻側も同じような困難を感じる人が多いのではないでしょうか。また、今後男性の育休取得が社会に浸透したら、このような問題も顕在化してくるかもしれません。

Q. 育休を取って、職場において大変だったことは何ですか?

大半の夫は1週間程度の育休だったので、職場における困難は「特に無かった」とのこと。一方で、「職場から離れていた時の仕事に関する情報収集が大変だった」「自分の仕事の引き継ぎのため、普段以上に丁寧かつ細かくお願いをして、迷惑をかけないよう、また理解を得られるように対応をした」という声もありました。

Q. 育休を取って、自分自身が変わったことはありますか?

ほぼ全員が「特に変わらない」と回答しました。

「普段どれほど手際よく奥さんが対応しているか認識。自分が遅く帰ってもできる家事はなるべく対応するようにしている」という心がけを話してくれた夫もいれば、「自分の生活が仕事中心だったことに気づいた」「職場の子持ちの人に共感し理解できるようになった」と話す夫もいました。

Q. 仕事と家庭を両立するために、どのような工夫をしていますか?

家庭においては、「帰宅後にできる家事はすべて自分でやる」「妻とスケジュールに関するコミュニケーションを密にとるよう心掛けている」「子供と遊ぶ時間を常に逆算して行動する」「お互いに思いやり、出来ることは積極的にやる」という工夫を明かしてくれました。

また、仕事面では「なるべく残業しないで帰る」「職場にいると仕事を振られてしまうので、家に仕事を持ち帰る」、さらには「出世と家庭の両立は難しく、長時間労働が前提である出世は諦めている」という切り込んだ意見も出ました。

夫が仕事と家庭の時間配分の工夫について、「自分の状態を把握して、いま仕事と家庭にどういう配分で自分の時間を振り分けるのかを意識している」という意見もありました。「自分のコンディションがよければ、10あるうち仕事がこれくらいで家庭がこれくらいというように、仕事と家庭で体力を使い切るのではなく、少しでも息抜き時間を作るのが大切だと思っている。」と話してくれた夫がいました。

自分のコンディションを客観的に把握して「頑張りすぎない」という心がけは、ついつい家庭10となり疲弊してしまう育休中の妻側にとっても有効な考え方かもしれませんね。

———夫へのインタビューを終えて

妻である運営メンバーからは「普段聞くことが無かったから、夫はそんな風に思っていたんだ!と見直す部分もあり良かった」「改めて夫の考えを聞けて面白かった」という感想が複数あがりました。

“男性社員の育休義務化”が大きな話題になる中、一週間程度では夫の職場や家事育児に大きな影響はないものの、育休を通して家族の絆が深まる、育児のノウハウや自信が持てるという好影響が見てとれました。

ご協力いただいたメンバーの旦那さん方、ありがとうございました!

前回の特集記事「緊急アンケート!運営メンバーの「夫の育休」体験談」はこちら。

◆開催報告◆育児に理解のない上司と、仕事のやりがいを見失った育休復職者…8月2日の育休プチMBA勉強会

「育休プチMBA勉強会」は、ケース・ディスカッションを通して、上司や会社の視座を獲得し、復職後に活かせるような思考トレーニングの場です。

先月、発足から5周年を迎えました!

 

8/2(金)にも、東麻布の会場Patiaにて「育休プチMBA勉強会」が開催されました。

 

 

 

 

 

 

今回は「育児に理解のない上司と山田優美」というケースでディスカッションをしました。

参加者は、来年4月復帰の方、今秋復帰予定の方、はたまた復職後数年ぶりの方など様々。

初参加の方も、リピート参加の方も、それぞれが漠然とした復職後の不安を抱えつつも、

・   優美の抱えるトラブルと原因は?

・   上司が期待することは?

といった問いかけに、赤ちゃんをあやしながら頭をフル回転させて意見を出し合いました。

 

 

 

 

 

 

アンケートより、参加者の声を一部ご紹介します♪

  • 自分と上司と両方の立場から考え、周りと意見交換したことで考えが深まりました
  • 復職に向けて準備が大切!だということに気がつけた。復職後のイメージが少し明確になった!
  • 子どもをもちながら働きたいという同じ思いを抱いている人たちと交流でき、同じ仲間がいると思えた

 

また、毎回勉強会終了後には、ランチ交流会を開催しています。

同じグループの人と、今日のケースについてや、復職後の不安、育児の分担についてなど、様々な話題で盛り上がっている様子でした。

 

次回、9月12日(木)、9月25日(水)の勉強会のチケットは、8月8日(木)から発売開始予定です!

詳しくはプロフィール欄→「育休プチMBA公式ホームページ」をチェック!

 

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに

◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために

◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

 

ご参加をお待ちしております。

緊急アンケート!運営メンバーの「夫の育休」体験談

こんにちは!

育休プチMBA勉強会2019年春の運営メンバー(広報チーム)です。

いま世間を騒がせている「男性社員の育児休暇義務化」。運営メンバーにアンケートを取ったところ、なんとすべての家庭で夫が育休を取得(産前産後になんらかの形で休みを取得)したことが分かりました。それ自体は素晴らしいことですが、実際にはどのようなメリットがあり、課題が見えてきたのでしょうか。運営メンバーに詳しく聞いてきました。

 

 

 

 

 

・「夫の育休」・・・何日取得しましたか?

平均取得日数は7日間でした。

産後すぐ〜細切れに数日と様々ですが、母体のサポートが一番必要な産後直後に夫が1週間程度の育休を取ったケースが多い模様。入院中より家に戻った後が一番大変なので、その時期に取得すべきとの声が上がったのも納得です。

・夫が育休を取得して良かった点は?

ずばり「父と母」というチームとしての連帯感ができた、という声が多数。家事や上の子の送り迎え、通院や夜中の調乳・授乳をしてくれたのは非常に助かったようです。「”夫が育児に向き合った”という認識が出来て、その後ワンオペになっても許せる気持ちになれている」というメンバーがいるように、育休中に夫が取り組んだことは、その後の夫婦関係にも良い影響をもたらしているようです。

・夫が育休を取得したことで、どのような課題がありましたか?

メンバーの中には「夫自身も慣れない育児や家事に追われ、フラストレーションが溜まってしまった」というケースがありました。事前にお互いのガス抜きの方法を話し合っておけば良かったという反省には、なるほど、と思いました。育児に関しては予想がつかないことが多いですが、大人同士で想定できる課題に対しては事前に解決策を見出しておくと良いかもしれませんね。

また、育休1週間程度では、おむつ交換や調乳などやれることも限られ、その後のワンオペ育児によってナレッジが妻に偏ってしまうという課題も見えてきました。一方で、あれこれ指摘すると夫のモチベーションが下がる可能性があるので、一緒に取り組む働きかけが必要そうです。

・理想の「夫の育休」とは?

育休それ自体への要望というより、育休後の残業が増えた、定時で帰ってほしい、という声が複数ありました。一方で、夫の育休は産後の大変さを夫婦の共通認識として持つために重要な期間であることを再認識しました。

次回の特集は「夫に直撃インタビュー!運営メンバーの「男性育休」、夫はどう考える?」です。お楽しみに!

育プチの運営メンバーって?

【育プチの運営チームって?】

運営メンバーのユキです。
今日は育休プチMBA勉強会の運営チームについてご紹介しようと思います。

私たちは2019年春チーム。半年交代で運営を担当しています。7名のメンバー全員が子持ちの母で育休中です。無給ボランティアですし、勉強会には他の参加者と同じように費用を払って受講しています。

なぜそこまでして運営チームに加入したのでしょうか?理由は様々ですが、全員に共通することは「復職後も活躍したい!」「育休中にマネジメント思考を鍛え、実践したい!」という思いです。

週に一回程度、育休プチMBA代表の国保祥子さんとともに全体でオンラインミーティングをしています。その他に小チームでオンラインミーティングをしたり、たまに赤ちゃん連れで集まってランチしたり話し合いをしています。母だからこそできる効率的な業務や、個性を活かした取り組みを心がけています。ちなみに小チームは3つ。勉強会チケット販売や受講者対応、参加者限定コミュニティの維持発展、そして日々情報を発信する広報チームがあります。

勉強会当日には、毎回2名以上の運営メンバーが参加しているので、気軽に声をかけてくださいね。一緒にディスカッションを盛り上げ、マネジメント思考を鍛えましょう!

 

 

 

 

 

 

(5周年記念勉強会の様子)

◆開催報告◆勉強会&祝5周年企画!…7月3日の育休プチMBA勉強会

「育休プチMBA勉強会」は、ケース・ディスカッションを通して上司や会社の視座を獲得し、復職後に活かすための思考トレーニングの場です。この7月で、発足5周年を迎えました!

 

7/3(水)にも東麻布の会場Patiaにて「育休プチMBA勉強会」が開催されました。

 

 

 

 

 

今回は「西田はるかの職場復帰前面談」というケースを用いてディスカッションをしました。参加者は、妊婦さんから来年4月復帰の方、今秋復帰予定の方など様々。初参加の方もリピート参加の方も、それぞれが漠然とした復職後の不安を抱えつつも、

・   西田はるか視点での課題は?

・   上司の思惑は?

といった問いかけに、赤ちゃんをあやしながら頭をフル回転させて意見を出し合いました。

 

 

 

 

 

 

アンケートより、参加者の声を一部ご紹介します♪

  • 復職したときの働き方や、やりたいことを考える上で必要な視点を考えることができました
  • 同じような境遇の人と問題共有し、解決のヒントをもらえました
  • コミュニケーションをとることで、働き方の選択肢が増えたり、可能性を広げられることがわかりました

 

 

 

 

 

 

今回は5周年を記念して、運営メンバーお手製のフォトプロップスやフォトブースでの撮影もできる特別企画付きでした!また、育プチ特製のロゴクッキーのプレゼントも大好評でした。ちなみに育休プチMBA勉強会のロゴマークは、親子で学ぶことをイメージした「親子えんぴつ」なんですよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強会終了後には、ランチ交流会を開催しています。同じグループの人と写真撮影をしたり連絡先交換をするなど、時間が足りないほど盛り上がっている様子でした。

 

 

 

 

 

 

次回8月2日分は好評発売中です。残席わずか!

詳しくは https://ikupuchi20190802.peatix.com をチェック!

 

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに

◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために

◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

 

ご参加をお待ちしております。

◆開催報告◆限られた時間の中で成果を上げるには…6月20日の育休プチMBA勉強会

「育休プチMBA勉強会」では、復職後に直面する課題を想定し、気持ちよく働くための思考スキルを身につけることを目標にしています。

 

6月20日(木)にも、東麻布の会場Patiaにて「育休プチMBA勉強会」が開催されました。

 

今回は「岡村課長と定時後のクレーム」というケースでディスカッションをしました。

参加者は、来月出産予定の妊婦さんから、産後2-4ヶ月で来年4月復帰の方、今秋復帰予定の方など様々。初参加の方も、リピート参加の方も、それぞれが漠然とした復職後の不安を抱えつつも、

・ 岡村課長視点での組織としての根本的な課題は?

・   あなたが岡村課長ならどうやってチームとして成果をあげる?

といった課題に、赤ちゃんをあやしながら頭をフル回転させて意見を出し合いました。

 

 

 

 

 

 

初回の自己紹介

から打ち解けた雰囲気で楽しそうに議論をする姿をみて、復職後も皆さんキラキラと働けるだろうなぁと感じました。

 

 

 

 

 

 

参加者の声を一部ご紹介します♪

◉ 復職時の振る舞い方が勉強になりました!

◉ 同じ境遇の方々とディスカッションでき復帰後の視野が広がりました

◉ 産後、座学でディスカッションする機会が皆無で、頭が鈍化していたので、参加できたことがまず嬉しい。そして、実際に頭に汗をかいて考えることができて良かった。

 

 

 

 

 

 

毎回勉強会終了後には、ランチ交流会を開催します。色々な業界の方々と交流ができるので、是非ご参加ください♪

 

次回7月3日分は完売しましたが、8月も育休プチ勉強会が開催されます。

8月2日(金)のチケットは6月28日(金)に発売予定です。

 

詳しくはプロフィール欄→「育休プチMBA公式ホームページ」をチェック!Peatixでのフォロー登録もおすすめです。

 

以下に当てはまる方、ぜひお越しください。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングをしてみたい

◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人になりたい

◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いたい

育休者による育休者のためのMBA勉強会