動物皆共通!?

育休プチMBA勉強会、運営メンバーのすみれです。
第三子の育休をいただいています。

週末、新聞で愛くるしいパンダを見つけました。
うつぶせも、両手を挙げる仰向け寝も、なんだか人間の赤ちゃんみたい。
センター試験は今年が最後だそうで、来年からはどうなることやら。

さて、先日、夫から動画が送られてきました。

見ると、何組かの犬や猫の親子が出てくる動画で、???と思っていたら、子犬たちに授乳しているお母さん犬の顔が私にそっくりなのです。

六つ子くらいのたくさんの子犬に授乳をしているお母さん犬。
疲れ果て、睡魔に襲われ、今にも寝そう。
授乳しながら寝そうになるのも、疲れ果てているのも、普段の私そのものじゃないか。
おまけに表情までそっくり!

人類皆共通よりもっと大きなくくりでの親近感を持ちました。

育児って大変ですよね。
今ならお母さん犬とも話ができそうです。

六つ子を育てる犬にはかなわないなーなんて夫と話しながら気がついたのが、人間は子供を育てながら、料理もし、掃除もし、仕事もするということ。
そりゃ、ヒーヒー言いますよね。

夫は「母は強し!」「すごい!」と言った後に、「でもさ、この動画にお父さんは出てこないんだよ」とニヤニヤ。
確かに。。。

動物界の育児はワンオペのようです。
役割分担がはっきりしているというのが正しい表現でしょうか。

ということで、、

夫さん。いつもありがとう!


育休プチMBA勉強会は、経営学×復職後の壁。
経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。

勉強会は、おかげさまで好評をいただいております。

1/27(月)長期労働の改善策について。(『岡村課長と定時後のクレーム』というケースを使用)→完売しました

2/13(復職に備えた準備(『西田はるかの職場復帰前面談』というケースを使用)→残席わずか

2/26(水)クリティカルシンキング(『育児に理解のない上司と山田優美』というケースを使用)→完売しました

みなさんに会えるのを楽しみにしています。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

【0歳子連れ海外プチ留学】

運営メンバーのみどりです。
育休中にしか出来ないことをしたい!と考え、0歳9ヶ月の娘と2人で体験したアメリカ1ヶ月プチ留学をレポートします。

●滞在形式→
日中在宅のホストマザーがいるホームステイ(0歳の娘連れのため語学学校は断念。その代わり、日常生活で多くの英語に触れられる環境を選んだ。)

●滞在先→
夫の親友(アメリカ人)の実家。(私の英語力が乏しいので、娘の体調不良など緊急時に親身になってもらえることを最重視して決定。商売ではなく、第二の家族と思えるファミリーと出逢いたく、友人や夫のツテで探すと決めていた。)

●期間→
1ヶ月。(旅行よりは長く、もし厳しい環境だったとしても耐えられるかなという期間。)

●タイミング→
娘0歳9ヶ月(お座りが出来、離乳食も進み、まだ授乳しているタイミングを狙った。)

●準備→
①アメリカAmazonで購入の上、事前にステイ先で受け取ってもらう。(オムツ、お尻拭き、ベビーソープ、日本米。)
②離乳食を小分けにして冷凍するパックやベビーフード(レトルトパック、乾麺)持参。
③出発前にほぼ全ての野菜、魚、肉等を試し、アレルギーチェックを終える。
④バシネットに引っ掛けるよう全てのおもちゃにストラップを付け、S字フックや取っ手付きのビニール袋も多めに機内持ち込みする。ボリューム小さめの音(機内はうるさいので多少なら隣人に聞こえない)が出るおもちゃ持参。

●大変だったこと→
①出国当日と滞在中に娘が40℃近い発熱を起こした。(事前にかかりつけ医から多めに処方してもらっていた薬に助けられた。滞在中は、服薬や状態について英語での説明文を作成し救急受診の準備までしたが実際には自宅療養で回復。)
②飛行機(バシネットには完全に寝落ちした時以外乗ってくれず私の食事に困った。見かねた隣席の人が娘を抱っこしてくれた。トイレのオムツ替え台が非常に狭く、かつ傾いているという劣悪環境だった。往路はテープおつむ使用だったが、復路飛行機に備えて滞在中にパンツ型へ移行した。)
③シャワー(シャワーフックが非常に高い位置にあること、洗面椅子がないこと、湯舟も暖房もないため浴室が寒いことがネックだった。ホストマザーの気遣いで滑り止めマットを用意してくれていたことに感謝。)
④娘の時差ボケ解消まで2週間かかった。(時差16時間)

●良かったこと→
①憧れだった、“海外にいる第二の家族”を作れた。
②お客さんの多い家だったので、娘にとって東京で私と2人でいるよりよっぽど多くの人に遊んでもらえてご機嫌で過ごせた。

不安もあったけれど、今しか出来ない体験に大満足の1ヶ月となりました。
それもこれも育休へ快く送り出してくれた上司同僚のおかげと感謝しつつ、復職に向けたスキルアップとして帰国後の英語学習もしっかり進めたいと思います。

2020/1/14(火)勉強会開催報告

「育休プチMBA勉強会」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

1/14(火)にも、東麻布の会場Patiaにて「育休プチMBA勉強会」が開催されました。今回のテーマは、「人を動かすコミュニケーション」です。

今回は参加者の約半分が初参加の一方、3回目以上のリピーターの参加もありました。今年の春に復職を控えている方が多く、参加者のモチベーションはとても高く、赤ちゃんを抱っこしながら、活発な意見交換が行われました。考えるときのポイントは、当事者視点の問題点だけでなく、上司視点、組織視点での問題点を先に考えること。いきなり解決策を考えるのではなく、課題や背景等を掘り下げることで、より多面的に、深く考えることができます。

復職後は、仕事ができる時間が限られるなか、同僚や上司に助けてもらうことも必要になります。そんなときに必要なのが人を動かすコミュニケーションです。自分だけではなく、相手の視点も大切だということを学ぶ2時間でした。

ディスカッション後は、ランチタイム。ケースの話や育児の話など、各テーブルで様々な話に花がさきました!

アンケートより、参加者の声を一部ご紹介します♪
●育休中に完全に鈍っていた脳に喝を入れることができました。
●ディスカッションする中でいろいろな気づきができました。
●視野が狭くなりがちなので、広げる良い機会になった。

現在、2/13(木)「西田はるかの職場復帰前面談」のチケットは販売中です。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしております。

【育休プチMBA勉強会チケット好評発売中】

【育プチMBA Facebook】

【育休プチMBA Instagram】

【育休プチMBA LINE】

今日何食べる?

運営メンバーのきこです。

あぁ~。。今日のご飯の献立何にしよう~
レパートリーは増えない。毎週同じものばかり作っているなぁ。

運営メンバーで雑談をした時も、「どうやって献立のマンネリ化を解消している?」
と悩みを抱くのは誰でも同じでした。

運営メンバーの鉄板メニューは「味噌汁
具材を変えれば味も変わる。そして具沢山にすればそれで栄養満点。
毎日「味噌汁」でも十分じゃないか!という結論に

調べてみると、「味噌汁レシピ」のみを扱った本やサイトもありました。
味噌汁ってホント、すごいな!!

運営メンバーのちょっとした工夫をシェア

●食材について

<油揚げ>
買ってきて、一番最初に袋を開けるときに、全部短冊切りして、その時使う分以外は全てジップロックに入れて、冷凍します。
バラで冷凍されるので、次からつかうときは、そこから必要量取り出して、解凍せずに味噌汁鍋に入れてます。

<きのこ>
冷凍すると旨味がアップするだけでなく、栄養素も取り込みやすくなるので
使うときは解凍せずに使う。

<葉野菜>
ほうれん草、小松菜、チンゲン菜など。
生のまま冷凍保存。冷凍スペースが一杯の時は、一度湯通ししてから冷凍する。

<海鮮類>
よく使うのは、ベビー帆立、鮭、サバ水煮缶。
(味噌鍋や鮨屋のあら汁をイメージすれば何入れてもOKと思っています)

サバ水煮缶の場合は、汁ごと使えば出汁は不要。
味のバリエーションとしては、スダチ、ゆず、刻み葱、生姜、片栗粉などを使う。

手づかみ食べの子供には、具材だけ取り出してお皿に並べる。
自分の翌日ランチ用に汁だけ残して、豆腐や卵だけ追加したり。
(汁だけだと、使わなかった場合罪悪感なく廃棄出来る。)

<ボリュームアップ術>
豚汁などの具沢山味噌汁のバリエーションを変えるために、うどんや豆腐を途中で足してまた別の一品料理に変身させています

●容器

ガラス製のタッパーに入れること。解凍後に器としてそのまま食卓に出して、洗い物を減らすように

と、色々書きましたが・・・

平日はもちろん、休日に作り置き、下ごしらえするのも大変。
そんな時は、インスタントでも十分。

ひと品、おかずを用意できた私、よくやった!
家族そろってご飯を食べられるだけで良し。

頑張りすぎないことが大事ですよね(^^


育休プチMBA勉強会は、経営学×復職後の壁。
経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。

2月の勉強会のチケットは現在販売中です。
2/13(木)は、復職に備えた準備をする、『西田はるかの職場復帰前面談』 というケース

2/26(水)は、育休プチMBA代表の国保祥子がファシリテーターとして登壇予定。
クリティカルに考える、『育児に理解のない上司と山田優美』というケースを使って学びます。

完売間近のチケットもございますので、お早目に(^^

みなさんに会えるのを楽しみにしています。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

2020年始動

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

育プチMBA勉強会運営メンバーのきこです。
本日、1/6(月)から仕事始めの方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

私は現在育休をいただいていますが、夫は本日から仕事、上の子は保育園が始まり昨夜の憂鬱ときたら(苦笑)

カレンダーの日付がよく夫は大型連休でしたが基本的に自宅でのんびり過ごしました。
上の子は年中さん。出来ることも増え今年はボードゲームをいくつかして遊び、人生ゲームでは上の子に「銀行」を任せ、遊びながらお金(足し算、引き算)の勉強をしてもらいました(^^

その他は、箱根駅伝の応援。
近くの公園で凧揚げをして、お節料理をつついて・・・
特別なことをしたつもりはありませんが、お正月らしい過ごし方かもしれませんね。

新年を迎え、運営メンバーの活動も本日より開始いたします。
よろしくお願いいたします。


育休プチMBA勉強会は、経営学×復職後の壁。
経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。

1月の勉強会は完売いたしました。ありがとうございました。
2月の勉強会チケットの販売はもうすぐです。

みなさんに会えるのを楽しみにしています。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

良いお年を

育休プチMBA勉強会運営メンバーのすみれです。

今日で仕事納めの会社も多いようですね。
嵐で驚き、令和になり、ラグビーにはまり、三つ星が気になった2019年。

私事ですが、今年は出産をし、育休を取得させてもらってます。
無事生まれてきてくれたことを喜び、日々の成長を喜びながらも、何をしても泣き止まない我が子に頭を抱えたり、毎日の寝不足、肩背中腰は常にカチカチ、やっと寝たのにベッドに下ろすと起きてしまったり、孤独を感じたり、保育園に入れるかとやきもきしたり、未曾有の大雨や頻繁に起きる地震に小さな子を抱えてどうしようかと途方にくれたり、、、

最近は、母が少し離れると、泣くようになりました。
大変です。何もできません。
でも母の服をぎゅっと握る小さな手に、母としての喜びや責任を感じます。
幸せなことです。

年が明ければ、保育園の発表があり、うまくいけば春から復職の予定です。
この運営メンバーとしての日々も折り返し地点に来ました。
残りの日々を充実したものにできるように、年末年始の家族の時間を大切に過ごしたいと思います。

育休プチMBA勉強会の運営メンバーによるブログは、本日が年内最終日です。
みなさま、ありがとうございました。
よいお年をお迎え下さい。


育休プチMBA勉強会は、経営学×復職後の壁。
経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。

1月の勉強会は、残席わずかです。
1/14(火)は、人を動かすコミュニケーションについて、『アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』 というケース、
1/27(月)は、長期労働の改善策について、『岡村課長と定時後のクレーム』というケースを使って学びます。

みなさんに会えるのを楽しみにしています。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

早く服を選んでほしい!

運営メンバーのエミです。第二子育休中です。

我が家の長男は、2歳半。
1歳半過ぎから、服にこだわりを持つようになりました。

育児書で、子どもに服を選ばせると、自主性が育つし、すんなり服を着ると聞いて実践!
天気に合わせて、2つ服を出して、どちらがいいか選んでもらって、しばらくこれでスムーズにいっていました。

が。2歳前後から、ママが出した服はどちらも嫌だと言うようになり、次から次へと色んな服を見せることに。。。

そこで、数か月前から、長男の手が届くところにボックスを置いて、そこに服を全部入れることにしました。

そもそもパジャマから着替えたくないという日もありますが、以前よりはスムーズに服を選ぶようになりました。

しかも、どうせぐちゃぐちゃになるからと、服を畳まずにボックスに入れることにしたので、洗濯物を畳む手間もなくなって、一石二鳥です♪


育休プチMBA勉強会は、経営学×復職後の壁。
経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。

1月の勉強会は、ただ今販売中です。
1/14(火)は、人を動かすコミュニケーションについて、『アルバイトが自主性を持って働かないんですと訴える店長』 というケース、
1/27(月)は、長期労働の改善策について、『岡村課長と定時後のクレーム』というケースを使って学びます。

みなさんに会えるのを楽しみにしています。

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

育休者による育休者のためのMBA勉強会