在宅勤務の管理TIPS

育休プチMBA代表、静岡県立大学准教授の国保です。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、急遽在宅勤務を取り入れる企業が増えてきました。職場で顔をあわせない中での業務に苦労している企業や管理者も多いのではないかと思います。育休プチMBA・WSIプチMBAはこれまで8400人近くの方が受講していますが、育児をしながら働いている人たちの中では以前から在宅勤務制度を利用する人が少なくありませんでした。在宅勤務制度は、育児をしながら働くうえで大変ありがたいしくみです。しかし今回は体制が整う前に実践に入ってしまったために、在宅勤務の管理ノウハウや体制の不足から在宅勤務が難しいと感じている管理職や個人も多いようです。そこで職場における人や組織を研究する経営学者として、育休プチMBAのコミュニティで在宅勤務をうまくまわすための知恵を募りました。

本来であれば、「リモートワーク」の価値は、自由な働き方が選べるという点にあります。但し現状では選ぶ余地がなく「在宅勤務」をせざるを得ない(またはしたいのにできない)という環境下にある人が多く、その選択できない不自由さがストレスを募らせています。これからの不確実な社会に前向きに適応するために、そして状況が落ち着いたときにリモートワークの価値を実感し、選択できる企業や個人を増やすために、私たちのこれまでの知恵と経験が役に立つことを祈っています。

※なお通常の在宅勤務では、こどもが在宅していることは想定されていません。登園自粛や休校でストレスを溜めるこどもの相手をしながらの在宅勤務は、大人だけの環境での在宅勤務とは異なる工夫が必要です。女性の活躍とこどものQuality of Lifeは、保育・教育インフラによって支えられていることを実感するとともに、こどもの保育や教育に携わっている全ての皆さんに心より感謝いたします。また共働き共育ては、パートナーとの協力体制が大前提でもあります。

以下のカテゴリーに分けて説明していきます。

実際の記事は、育休プチMBAを監修するワークシフト研究所のブログにて公開しています。

【目次】

在宅勤務の管理tips:その①職場の制度編

在宅勤務の管理tips:その②職場の管理編 

在宅勤務の管理tips:その③自宅の整備、その④個人の意識

育休者による育休者のためのMBA勉強会

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。