◆5/17勉強会◆開催報告

はじめまして。育休プチMBA勉強会、2017春・運営チームのよしみです。

私たち2017春メンバー13名は、5月に2016秋メンバーよりバトンを受け取り、
9月までの期間限定で運営チームの活動を始めたところです。

※当勉強会の運営理念は、「“子どもを持ちながら働く”が本人・家族・企業にとって当たり前になる社会の実現」なのですが、運営チームには、この理念に共鳴し、自分も何か行動してみたい!育休中のこの機会に新しいことを学び挑戦したい!という個性豊かで魅力的なメンバーが集まっています。
(ま、まぶしいっ)
活動早々から、みんなにたくさん刺激をもらっています。ありがとう!

今日は、5月17日(水)に現メンバーで初めての勉強会を開催しましたので、
そのご報告をします。なんだか潜入レポートみたいになってしまいましたが、
少しでもイメージをつかんでいただけましたら幸いです。


おしゃれなスタジオでポップな音楽が流れる中、
23名のママさんと元気な赤ちゃんたちのおかげで、会場ははじまりから
とてもなごやかな雰囲気です。

参加は初めてという方も多くいらっしゃいましたが、
“参加者みんなで学びの場を作り進めていく勉強会”の言葉のとおり、
お互いに声を掛け合って、すぐに打ち解けている様子でした。

かくいう私も実は初めての参加。はじまる前は内心ドキドキでしたが、
周りのみなさんと話しているうちに、気づいたら夢中になっていました。

*****

さて、当勉強会では、テーマに合わせて毎回ケース教材を読み、
登場人物の状況を疑似的に「経験」することで思考トレーニングを行います。
また、参加者が各々考えたことをその都度ディスカッションによって
重ね合わせていくのも特徴です。

今回のテーマは、「制約人材を抱えた職場のマネジメント」
北村店長率いるコンビニエンスストアが抱える問題点を通じて、
マネジメント思考を学んでいきます。

ファシリテータからの「あなた自身が店長ならどうする?」の問いかけに、
(ん?私が店長?…て、店長?!ひぇ~、自分が店長になるなんて、
考えたことなかったな~と思いながら、)自らの限られた知識や経験をもとに
ああしようかこうしようかとまずは一人で数分間考えます。
その後、小グループでのディスカッション、全体ディスカッションと続きます。

復職後、労働時間や勤務場所に制約を抱えることになる自分自身と職場との
関係について、ケースの内容が徐々に自分と重なって見えてきたりして…

*****

と!途中、いいところで娘が泣く!大きな声で泣く!!
あわあわ、とその時は焦りますが、さすがは赤ちゃん連れでも安心の会。
ふと見回すとみなさんも、抱っこ、ゆらゆら、おむつ替え、授乳などをしながら
赤ちゃんと自分のペースで積極的にディスカッションに臨んでいます。
時には隣のママさんが娘の様子を見てくれたりもします。
赤ちゃん連れでも安心して学べる場って、とてもありがたいし、心強いし、
一層頑張ろうという気持ちになるんだな~と感じました。

*****

ディスカッションの先に一つの正解はなく、
ディスカッションを通じて思考の過程を鍛えることこそが目的なのですが、
その言葉どおり、他の参加者のみなさんの意見には気づかされることが多く、
大変勉強になります。
また、自分の思考のクセみたいなものや、得意分野・苦手分野の存在にも
気づくことができました。
時間内で消化しきれなかった部分については、家に帰ってから時間のある時に
振り返ってみると、新たな気づきがあったりして、これまた面白いです。

*****

いずれにしても大事なのは「言語化」すること。
漠然とした考えやイメージを文字にすることで、クリアになり、整理でき、
さらに思考が深められます。

なおこの思考プロセス、勉強会への参加を重ねていくにつれて
どんどん自分のものになっていくとのことなので、
次回以降も時間を見つけて繰り返し参加したいな~と思いました。

5/17勉強会
*****

勉強会終了後のランチ交流会も、
職場のこと、子どものこと、自分自身のこれからのことなど、
テーブルごとに大いに盛り上がりました。
最後まで盛りだくさんの1日でした!

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


次回は、6月7日(水)に開催予定です。

テーマ:「会社目線を考慮した意思決定」

申し込みはこちら↓
URL: http://peatix.com/event/266989
PASS: ikukyumba1706

みなさまのご参加、お待ちしております!

◆2/15勉強会◆開催報告

こんにちは。運営メンバーのI子です。
今日は2月15日に開催された2月2回目の勉強会について報告します。

お陰様で今回の勉強会も満席となり、
会場は意欲的な参加者の熱気で溢れました。
最近は勉強会開始まで赤ちゃんもママもリラックスできるようにオルゴールを流しています。そのお蔭でしょうか、赤ちゃんがいつもよりご機嫌だった気もします♪

ケースは2月1回目と同様、

「組織全体の構造と個人の働き方」
~退職かフルタイムかで迷う時短勤務の杉山仁美~」

まず、各自でどこが問題点か考えた後、グループ内で意見を共有。
あちらこちらのテーブルで「わかる…すごくわかる!」
とすっかり“気分は仁美♪”の参加者達。
全体でシェアをし、仁美さんの課題を挙げていく中、ファシリテーターから

「なぜ仁美はそのような状況に陥ったのでしょうか。」

という問いかけが・・・
Aさんが課題と思っていたものを、さらにBさん、Cさんが深掘りし、
みんなで思考を深めていきます。

半数弱の方が3回目以上の参加者だったこともあり、議論が盛り上がり、積極的に手を挙げる姿が見られました。

問題点が浮かび上がってきたところで、なんと今回は2枚目のケースが配られるサプライズ!!
2枚目の用紙には、仁美の上司(課長)の置かれた状況が書かれていました。
そこでは、上司(課長)がさらにその上司(支店長)から、課について指摘をもらっていたのです。
仁美の視点でケースを見ていたときは、上司は「冷たい」、「理解してくれない」人という印象でした。 ところが、上司の状況を知ることで

「上司も苦労しているんだ・・・。」

ということに気づきます。

そして、今度は「課長が課のメンバーに期待すること」について考えます。
職場の気の緩み、残業時間削減、目標達成、他部署も混乱しており頼れないetc…
課長自身も、課題を沢山抱えていることがわかりました。
課長側に立つと、家庭事情がそれぞれ異なる部下をマネジメントしていかなければならないことが見えてきます。仁美さんはその中の1人なのです。
少ない人員構成の中、仁美さんは貴重な戦力である一方、課長は仁美さんのフォローだけに時間を使うことはできません。

最後に、先ほどの仁美視点での問題点、
そして課長が期待することを考えたのち、
「自分が仁美だったらどうするか」を考えます。
どこか個人目線だった考え方が、組織の中での自分の状況を冷静に把握し、
その中で自分がどう貢献できるのかを考えるように変わってきた気がします。

ファシリテーターによる勉強会中の発言をここで紹介。
「まずは付箋に書いてみてください」
「みなさん、貴重なお金と時間を使って今日は参加していますよね、ケーススタディでは言語化することが大事とお話しました、学びを最大限自分のものにするためにも、全員発言して帰りましょう」

そして、とどめの一発!

「明日から何をするか、今日の勉強会で学んだことを言語化してみましょう。」

勉強会に参加すると、「言語化、言語化」と耳にタコができるほど聞くことになります(笑)頭の中にあるモヤモヤも含め、思ったことをまずは書いてみる。目で見るとイメージが湧いてきて、そこからまた考えが広がったり、整理されてきます。そうすることで、アクションにつながることも多いのです。
頭の中で考えただけで、書いたり発言していないものは、生まれていないと同じ!

そんなこともあり、今回の勉強会から「学びの木」が生まれました。
参加者から“今日からやることや学び”を付箋に書いていただき、模造紙に貼ってもらいました!その画像がこちら↓

みなさんの宣言で埋まった学びの木、
参加者の方が実践してくれることを期待しています。

■参加者からはこんな感想をもらいました♪
・組織と自分では目線が異なるので、そのギャップを埋める努力を皆がすべきだと思い、自分も意識していこうと思いました。
・今回、復職が迫っていることもあり、実際自分の配属先が決まった時、どんなことができるか、そのモチベーションを維持するために良い環境をつくる努力をしたいと思いました。

勉強会の最後に、見学してくださったファシリテーターの上司の方から貴重な感想をいただきました。

■自分は管理職であり、今回の課長の気持ちがよくわかる。企業は限られたリソースで利益をだしていく必要がある。自分自身も育休復帰した社員とコミュニケーションを密にとり、すれ違いを修正していった。
■今回参加している方のモチベーションの高さに驚くとともに、今後の活躍を期待。

上司の方の発言から、
ケースでやっていることは、リアルに現場で起こっていることなのだと、実感することができました。

以上、2月2回目の勉強会リポートでした。
おまけで、I子の「「今日からやること」を吟じます!!

すれ違い あなたを想う この気持ち 忘れるなかれ 夫にも

【解説】
今回の勉強会ですれ違いを起こさないためにも、相手のこと(上司や組織)を考えることが大切と感じました。でもそれは家庭でも同じですね。パートナーに対しての不満は尽きないけれど、相手目線になることで見えてくることもあるかもしれない…
「あなたと結婚してよかった」って言ってみることで、何か変わるかもしれない…♪

◆2/8勉強会◆開催報告

こんにちは、運営メンバーのさち、さおりんです。

寒い日が続く中、2/8に2月度1回目の勉強会が開催されました。2月の勉強会はメディアの影響やテーマへの関心からかチケットも即完売となりました。アンケートで「魅力に感じる点」の回答で半数以上の方が「子供同伴」を挙げていただいているように、今回は参加者のほとんどの方が子連れで、大勢の方と赤ちゃんにお集まり頂きました。

この日のテーマは「組織全体の構造と個人の働き方」-退職かフルタイムかで迷う時短勤務の杉山仁美-%ef%bc%92%e3%83%bb%ef%bc%98%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a%e2%91%a5

冒頭でファシリテーターより、

なぜディスカッションが復職準備になるのか?

の説明が、、、

実際復職の時に起きそうな事を

バーチャルで繰り返し練習しておくことで、本番となる復職後、スムーズに実践できる。

つまり復職準備になるとのことでした。

自転車の練習に例え、分かると出来るは違うため、実践できる状態に整えていくためには繰り返し行っていくことの必要性も認識できました。参加理由で、多くの方が「復職準備」を挙げられていました。具体的に「復職準備」について目的が見えた方も多いのではないでしょうか?

参加者がうんうんとうなづき、ディスカッションの雰囲気が一気に高まったところで、ケースを読み、ファシリテーターによる質問の投げかけに対し、個人ワークグループワーク全体討議へと進みます。初参加者と2回以上参加者の割合がちょうど半々で、いつもより初参加者の割合が多かったのですが、段々と和やかな雰囲気となり、終始笑いが起きていました。

この日はケースが2枚あり、2枚目で新しい視点を得る展開となります。私の個人的な感想としては、2枚目のケースでは普段思考していない脳を使っためか、意見を纏めるのに少し時間がかかるところがありましたが、問いかけに対して最終的には必ず誰かが挙手し、一人で考えるより何倍も頭の回転がよくなった様に難しい問題が整理されて行くのを感じました。

終盤の問いかけの場面でも、

ファシリテーター「今日できることは何ですか?」
私「・・・」
他の参加者「○○です。」
ファシリテーター「他には?」
私「・・・」

私は今日できることがなかなか思いつかず、またもや他の人の意見に「なるほどー。」と納得させられてしまいました。  私はディスカッション中、毎回

「もう少し考えれば何か出てきそうだったのに・・・」とモヤモヤが残ってしまいます。

でもこのモヤモヤこそ、思考し始めている証拠です。

毎回言われていることですが、モヤモヤを思考し続けることで思考は深まります。

ここで人が言ったアイディアや意見は素晴らしく見えますが(もちろん意見は実際に参考にして頂くのもよいと思いますが)私はこの勉強会で大切なことはこのアイディアを懸命にメモして持ち帰りそれを実践して終わるのではなく、普段から問題にぶちあたった時はファシリテーターの質問(○○にとっての課題は?今日できることは何ですか?等)を自分に問いかけられるような、

思考回路」を作ること、そして「納得行くまで考える」習慣をつけること、そのあと「今日から行動する事」

だと再認識しました。

見学に来られていたファシリテーターの上司からは、「働きやすい組織を作るという事をミッションとして捉えている企業はまだまだ少ないのが現状。よって

働く側から意識を変えて組織に貢献していくという姿勢は重要

との感想を頂きました。

%ef%bc%92%e3%83%bb%ef%bc%98%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a%e2%91%a1

まずは、

私たち自身の思考や行動を変えていくことが気持ちよく仕事をしていくための近道

なのではないでしょうか。

アンケート結果のコメント欄にも「職場での行動を振り返り間違っていた」とするご意見がありました。このように、「思考が深まり気づきを得る」ことでより働きやすい社会へとつながっていくのだと思います。

テーブルでは、育休中に行って来た様々な活動報告の他、保育園の選考結果や復帰時期、働き方についての具体的な話で盛り上がっていました。時短かフルタイムかの話題では「保育園に間に合うために時短にする位なら、延長ができる保育園を選ぶ必要がある」というご意見や、「フルタイムを選んでも残業は出来ないから、実働時間は時短と1時間程度しか変わらないのにお給料や印象は全然違う!フルタイムの方がお得だよね~。」と言うフルタイム賛成の意見に納得した一方で「そう言う保育園は行きたくても受からない」、「残業できないとやはりフルタイムとは待遇が違う。」と言う厳しい現状を伝えるご意見もあり、とても興味深い内容でした。

%ef%bc%92%e3%83%bb%ef%bc%98%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a%e2%91%a4

現在育休中の方は是非、勉強会に参加し、「思考する力」や「行動力」を高めてもらえたらと思います。
—————————————————————————
今後の開催日程について
—————————————————————————
今年度は、以下日程での開催を予定しています。
同月の2日程では扱うケースは同じです。
おひとり様、ひと月1回までの開催となりますので、
ご都合のつく日程でご参加を検討してくださいね。
—————————————
2017年
3月
勉強会テーマ:「リスク管理とマネジメント思考」-復職して3ヶ月の井田美咲-

3月14日(火)開催分:完売
3月21日(火)開催分:2/28(火)販売開始予定

今後のチケット販売開始やチケット情報は、facebookページにてお知らせしていきます。
ぜひ、チェックしてください。
https://www.facebook.com/ikukyu.mba/

◆1/25勉強会◆開催報告

こんにちは、運営メンバーのあかりん、がんちゃんです。

1月25日に行われた1月度2回目の勉強会報告について報告します。
冬の寒さが厳しい中行われた勉強会でしたが、沢山のお母さんと赤ちゃんが参加されていました。

今回は8割以上の方が1,2回目の参加で(初参加8名、2回目12名、3回目以上4名)、
みなさん、育児でなまってしまった脳を使い、刺激を受けることに期待を膨らませていました。

この日の勉強会テーマは、
「制約人材を抱えた職場のマネジメント」 -北村店長のスタッフ管理-。

img_0247

ファシリテーターからの問いかけに対し、グループワークをしたり、みんなに対して発言したりして、思考を深めていきます。
終始積極的に手が挙がり、ファシリテーターがどなたに発言頂くか迷ってしまうほど。
お店が抱えている問題点、店長がとった行動の悪い点、たくさん意見が挙がったところで、
「店長がものすごく出来る人だとして、その上でとった行動だとしたら?」
ファシリテーターから思いもよらぬ質問が。。。

コンビニの数字について簡単なレクチャーを受け、店長は厳しい数字をやりくりしていることを知り、もう一度制約人材の立場で考えてみると…!?
それまでとは違う考えが出てきた方が多かったのではないでしょうか。

アンケートのコメント欄に多く出ていた言葉は「上司目線」でした。
また「勉強会参加前後で自分の立場やタスクを、会社目線・上司目線で考える意識がどう変化しましたか」というアンケート項目では、参加前6.3→参加後8.3と伸び率が高かったです。
上司の視点に立って考えることの大切さを学ばれた方が多かったようです。

今回はコンビニのケースでしたが、このような学びはどの職場でも活かせると思いますので、是非今回の勉強会で学んだことを復職後も活かしてくださいね。

ランチ交流会では、育休前と同じ部署・違う部署のどちらに復職すべきかについて話し合ったり、
1回目は時短勤務にて復職された、育休取得2回目の方から当時の体験談を伺ったりして盛り上がりました。
時短勤務で活躍されていた先輩ママからのアドバイスとして、以下2点がありました。
①自分の状況を周囲にも理解してもらうこと
②メールについては即反応し、余裕を持って依頼内容への対応ができる状態を整えること
時短勤務で復職される方も多くいらっしゃると思います。
皆さんも何が不安で、どんなことで解消していけそうか、是非、具体的に考えてみてくださいね。

参加された方からは「久しぶりに頭を使って疲れたけどスッキリした!」、「前向きになれた」などの嬉しいコメントを頂きました。
勉強会に参加したことある方も、まだの方も、一緒に思考トレーニングをして復職をむかえましょう♪

—————————————————————————
今後の開催日程について
—————————————————————————
今年度は、以下日程での開催を予定しています。
同月の2日程では扱うケースは同じです。
おひとり様、ひと月1回までの開催となりますので、
ご都合のつく日程でご参加を検討してくださいね。
—————————————
2017年
2月
勉強会テーマ:「組織全体の構造と個人の働き方」-退職かフルタイムかで迷う時短勤務の杉山仁美-
2月08日(水)開催分好評につき売り切れました。
2月15日(水)開催分好評につき売り切れました。

3月
勉強会テーマ:「リスク管理とマネジメント思考」-復職して3ヶ月の井田美咲-
3月14日(火)/21日(火):発売日未定
今後のチケット販売開始日やチケット情報は、facebookページにてお知らせしていきます。
ぜひ、チェックしてください。
https://www.facebook.com/ikukyu.mba/

◆1/12勉強会◆開催報告

こんにちは!
育休プチMBA勉強会運営メンバーのしらいです。

2017年初回の勉強会が1月12日に行われました。
年明けから間もない日程でしたが、満員御礼での開催となりました。
皆さんの参加動機は、
「復職が迫って来ている中、育児脳になっている頭に焦りを感じ参加した。」
「マネジメントする立場なのでこのケースで学びたいと思った。」
「上司との復職前面談をしたところ頭が働かなかったので、仕事のギアを入れたいと思って参加した。」
と様々ながら、“復職後も意欲的に働きたい”点が共通していました。

%e2%98%86img_1792img_1798
この日の勉強会テーマは、
「制約人材を抱えた職場のマネジメント」 -北村店長のスタッフ管理-

同じテーブルの人同士、自己紹介を終えると
早速ケースを読み込み、テーブルごとに状況を整理し皆で議論していきます。
勉強会初参加の方が多かったにも関わらず、常に複数人が挙手し積極的に発言していました。
「店長経験はないけれど、この店長は・・・」と店長へのダメ出しがたくさん出る場面も(笑)

育休中の私達はつい制約人材(※)目線になってしまいがちですが、
冷静に状況把握を進めていくうちに、皆さんの表情から「!」
様々な目線から、気付きを得た様子でした。
※育休復帰者などの時間的に制約のある人材

ディスカッション後にお聞きした感想は、
「自分の状況を俯瞰して見ることができた。」
「上司の立場での視点を忘れないよう、トレーニングを続けたい。」
「ビジネスの基本である数字から考える思考ができていないことに気付いたので意識したい。」
といった前向きなものが多く、ひき続き内省の時間を取ろうという姿勢が感じられました。

私自身の参加は今回で2回目でしたが、初めて参加した時と比べて視野が広がり、
プレイヤーとマネージャーの両視点を行ったりきたりできるようになってきた気がします。
育休中プチMBA勉強会は、参加するごとに良さを実感し、
3回目位からはっきりと効果を感じられ、6回目くらいになると自信がついてくると言われています。
せっかくなので継続して参加することで効果を実感してくださいね。

勉強会後のランチタイムではワンオペ育児をどう乗り切るか旦那さんとの協力体制についての話で盛り上がりました。
また「仕事量も自分の状況も日々変化していくので、復帰するタイミングで予め上司に定期的に(3か月に1度など)面談して欲しいと申し入れておくのがいい」というアイディアが出て、同調する参加者が多くいました。
上司のみならず職場の方とのコミュニケーションは意識してとっていきたいと改めて思いました。

—————————————————————————
今後の開催日程について
—————————————————————————
今年度は、以下日程での開催を予定しています。
同月の2日程では扱うケースは同じです。
おひとり様、ひと月1回までの開催となりますので、
ご都合のつく日程でご参加を検討してくださいね。
—————————————
2017年
勉強会テーマ:「制約人材を抱えた職場のマネジメント」-北村店長のスタッフ管理-
1月25日(水)開催分好評につき売り切れました。

2月08日(水)開催分好評につき売り切れました。
2月15日(水)開催分:1月26日(木)14:00~
※facebookページにて改めて当日お知らせします。

3月14日(火)/21日(火):発売日未定
今後のチケット販売開始日やチケット情報は、facebookページにてお知らせしていきます。
ぜひ、チェックしてください。
https://www.facebook.com/ikukyu.mba/

◆12/20勉強会◆開催報告

こんにちは!
育休プチMBA勉強会運営メンバーのがんちゃんです。

2017年が始まりました。
4月に復職予定の方は、いよいよ復職を意識し始めていらっしゃるのではないでしょうか。
私自身も長いと思っていた育休期間が終わりに近づいてきていて焦りつつあります ^_^;

さて、昨年12月20日に12月度2回目の勉強会について報告します。
年末で皆さん忙しくされていらっしゃったかと思いますが、
育児中心の生活でなまってしまった脳を再び仕事脳として使う訓練をしたい、
復職後の仕事に活かせる学びを得たい、
同じ立場の人と話がしたいなど、
様々な目的意識を持って、多くの方に参加いただきました。

この日のテーマは「上司目線でのコミュニケーション」~育児に理解のない上司~

ファシリテーターの問いかけに対して、同じテーブルのメンバー同士で、
参加者全体で意見を出し合い、議論を進めていきました。

img_0655

個人的に特に印象的だったのはファシリテーターからの2つの言葉でした。
「上司や会社の制度はすぐ変わらないから、
 まずは優美さん自身(ケース内の復職者)の課題から考えましょう」、
「頭ではわかっていても、行動するのはまた1つハードルが高いもの。
 どうやったらできるかなーって考え続けて、小さいことでいいので、行動に移して下さい!」

職場で問題が発生した時、
「上司のここが問題・・・」、「ウチの会社はここが問題・・・」
と自分の周りに対してあるべき理想を求めてしまうことってありますよね?
そして上司や会社の制度を自分1人の力で変えたり、短期的に変えていくことは難しくて、
不満だけがくすぶってしまうなんて経験ありませんか?

『まずは自分自身を振り返り、行動していく!』、言うは易しですが、
頭の片隅に留めておきたいと思いました。
またケースを解くときも、自分の職場を想い出し、
自分が具体的に行動に移せることを意識し、解決策を考えていくことで、
復職後の問題に対しての引き出しを増やしていきたいなと思いました。

私事ですが、今回の勉強会は10月、11月に続いて3回目の参加となりました。
リーダーをさせて頂いた時には、
「3回目くらいから効果が感じられ、6回目くらいになると自信がついてくると言われています」
とお伝えしてきました。
私自身、今回の勉強会では思考の仕方やディスカッションへの臨み方に変化を感じることができました!!
4月の復職まで開催される勉強会もあと数回ですが、
皆さんと一緒に思考トレーニングを続けていけたらと思います。
これからもよろしくお願いします♪

—————————————————————————
今後の開催日程について
—————————————————————————
今年度は、以下日程での開催を予定しています。
同月の2日程では扱うケースは同じです。
おひとり様、ひと月1回までの開催となりますので、
ご都合のつく日程でご参加を検討してくださいね。
—————————————
2017年

1月
勉強会テーマ:「制約人材を抱えた職場のマネジメント」-北村店長のスタッフ管理-
1月12日(木) 好評につき完売しました

1月25日(水) 残席僅かです!!
申し込みはこちら↓
●申込ページ
URL: http://ptix.co/2hF0kph
PASS: ikukyumba170102

2月08日(水)/15日(水)

3月14日(火)/21日(火)

今後のチケット販売開始日やチケット情報は、facebookページにてお知らせしていきます。
ぜひ、チェックしてください。
https://www.facebook.com/ikukyu.mba/

◆12/13勉強会◆開催報告

こんにちは!
育休プチMBA勉強会運営メンバーのさおりんです。

今年もおしせまってまいりましたが、いかがお過ごしですか。
あなたにとって良い年でしたか?
私はとてもよい年でした。勉強会に参加するにつれ、自身の仕事へのモチベーションが高まった事も大きな理由の1つです。

12/13(火)に本年度10回目、12月度1回目の勉強会を開催しました。
今回も満席で沢山の方に参加頂き、和やかな雰囲気の中、活発な議論が交わされました。

15390973_1143279222453834_5773886016487063357_n

そしてこの日はNHKの取材が入りました!
休中、様々な活動を通して復職に備える女性が増える中、「育休中MBA」に興味を持って頂けたことを大変うれしく思います。取材の内容については・・・12/22(木)18:10~18:52 NHK総合『首都圏ネットワーク』にて放送されます。是非、ご覧ください!

15578446_1186625274761999_6568478373933022923_n

この日の参加者は1~3回目の育休中の方や、妊娠中、生後2ヵ月等早い時期からの参加の方、管理職の方も数人参加され、多角的な視点で議論する事ができました。

ファシリテーターの問いかけに対し、グループワークをしたり、参加者の皆さんが挙手にて答える形で議論は進んで行きます。

この日のテーマは「上司目線でのコミュニケーション」~育児に理解のない上司~

私がこのケースの当事者の立場だったらネガティブな考えを持ってしまうだろうな~と思いましたが、 皆様からはポジティブな意見が多く、解決しよう!せっかく参加したのだから発言しよう!と言う積極的な姿勢を感じました。
そして「まさに復職後の自分を想像しながら取り組めるケースで客観的になれてよかった」「すごく楽しかった」との感想を頂き、改めて、勉強会に参加し様々な視点から客観的に問題を考える事で、前向きな思考に転換できているのでは?と感じました。

勉強会後のランチタイムでは、ベテランママさんが復職したらどんな事が大変なのか実体験を話してくださる場面や、管理職の方が部下の育成の難しさについて語ってくださる等、全てのテーブルを回りたいと思ってしまう程、興味深い話で盛り上がっているようでした。

とあるテーブルでは「時短勤務をいつまで使うか?その間の仕事に対する考え方はどうするか」という話題になり、時短を使える期間いっぱいまで使ってその間は仕事の質をある程度我慢しても家庭を優先したいという意見と、1回目でフルタイムでも行けそうという感触を得たので次の復帰後もフルタイムでいくという意見に分かれました。

こちらも奥が深く興味深い話ですね。是非議論したいテーマです。時短勤務、フルタイムに関してのテーマは、2月に勉強会を実施しますので興味を持った方は参加してみてくださいね^^

15380786_1039634242830323_529864317507494667_n

今年も残りわずかとなりました。
体調には気を付けて、悔いのないように過ごして行きたいですね!!

※なお、今回初めての試みとして、テーブルのレイアウトをファシリテーターを囲む形に変更しました。参加者の皆様が議論がし易いよう、今後も改善に努めてまいりますので、感想等ございましたらぜひお聞かせ下さい。

—————————————————————————
今後の開催日程について
—————————————————————————
今年度は、以下日程での開催を予定しています。
同月の2日程では扱うケースは同じです。
おひとり様、ひと月1回までの開催となりますので、
ご都合のつく日程でご参加を検討してくださいね。
—————————————
2017年

1月12日(木)/25日(水)

勉強会テーマ:「制約人材を抱えた職場のマネジメント」-北村店長のスタッフ管理-
受付開始日:
1月12日(木)開催分→12月22日(木)14:00~
1月25日(水)開催分→1月6日(金)14:00~

※facebookページにて改めて当日お知らせします。

2月08日(水)/15日(水)

3月14日(火)/21日(火)

今後のチケット販売開始日やチケット情報は、facebookページにてお知らせしていきます。
ぜひ、チェックしてください。
https://www.facebook.com/ikukyu.mba/