カテゴリー別アーカイブ: 未分類

◇ハッシュタグキャンペーン◇ #親子えんぴつ ~子どもを持ちながら働くが当たり前になりますように~

この夏、育休プチMBA勉強会は、ハッシュタグキャンペーンを開催します!

育休プチMBA勉強会は、「“子どもを持ちながら働く”が本人・家族・企業にとって当たり前になる社会の実現」を目指しています。

このビジョンを、もっと多くの人に知っていただきたい!!ということで、皆様のお力を貸していただけないでしょうか。ビジョンに共感してくださる方、子どもを持って働いている方・働きたい方、子どもを持って働く人を応援したい方、などなど、男性女性問わず、ぜひご参加ください!

もし、SNSでの投稿は苦手・・・という場合は、このキャンペーンをシェアしていただけるだけでも、とっても嬉しいです。

参加方法は以下ご覧ください。お一人でも多くのご参加、楽しみにしております!

 

***参加方法***

育休プチMBA勉強会のロゴマークは、親子で学ぶことをイメージした「親子えんぴつ」です。

この「親子えんぴつ」にちなんで『親子の学び』をテーマにエピソードや写真を募集します!「#親子えんぴつ」 「#育休プチMBA勉強会」という二つのハッシュタグを付けてFacebookまたはInstagramに「公開」設定で投稿してください。

「学び」といっても”お勉強”でなくてもいいんです。日常の一コマや、旅行中の新たな発見、親子あるある、など自由に投稿してください!苦労話も笑える話も、面白い写真も真面目な写真も、皆様で共有して、一緒に盛り上がりましょう♪運営メンバーお気に入りの投稿はシェアまたはブログで紹介させていただくかも!?

例えば・・・

・子どもと学んだこと(遊びの中からでもOK!)

・子どもから学んだこと

・子どもの成長を感じた瞬間

・自分が親になって気づいたこと

・親から学んで今活きていること

・子どもと一緒に描いた絵や親子写真

などなど。

運営メンバーも記事を投稿していきますので参考にしてみてください♪

※投稿するSNSの育休プチMBA勉強会のアカウントを事前にフォローお願いします。

Facebook:https://www.facebook.com/ikukyu.mba/

Instagram:https://www.instagram.com/ikukyupuchimba/

※Facebookの場合はエピソードのみ、Instagramの場合は写真のみの投稿でもOKです。

 

***キャンペーン期間***
2018年8月17日(金)~9月24日(月・祝)24:00

***投稿前に必ずお読みください***

  • 投稿者への事前連絡なく、投稿内容を育休プチMBA勉強会アカウントにて拡散させていただくことがあります(Facebookではシェア、Instagramではリポスト)。拡散不可の内容は投稿されないよう、お願いいたします。
  • 投稿していただいた写真ならびに文章は、育休プチMBAのウェブサイトや販促物などで使わせていただくことがあります。
  • 育休プチMBA勉強会アカウントをフォローすると、本キャンペーン以外の情報も表示されます。
  • 投稿者は、以上の内容を了承していただいたと判断させていただきます。

***育休プチMBA勉強会を初めて知った方へ***

育休プチMBA勉強会は、1歳未満のお子様同伴で参加できる、ディスカッション形式の勉強会です。産休育休を経て復職した後に直面する「困難な状況」を想定したケースを用いて、復職に向けた準備や思考を深めるトレーニングができます。運営の中心は育休中のボランティアメンバーです。

 

※各SNSのキャンペーンページでもご確認いただけます。
Facebookはこちら
Instagramはこちら

【3回続けると力になるよ!キャンペーン】

一回参加してみたけど期待したような成果が上がらなかったなぁ、何となくモヤモヤが残ったままのあなた!
実は育休プチMBAでの学び方は、繰り返し学ぶことで効果が目に見えて実感できるようになると言われています。そこで、繰り返し学んで力を実感してもらうべく、スタンプカードを用意しました!!もし次参加しても成果がなかったら・・・と迷っているあなたの、次の一歩になりますように。

************************
【繰り返し学ぶと力になるよ!キャンペーン】実施中!!
育休プチMBAでは、復職後に良くあるトラブルや状況が書かれたケースについて対話し考えることで、復職前に復職後の両立生活を疑似体験し準備を行います。
このケース・メソッドによる勉強は、本を読んだり一人で考えるのではあまり効果がなく、多様な人と対話することが重要です。いろんな人の成功例や失敗例を聞きながら、自分にとっての最適解を見つけて行く、という作業です。
そして、ケース・メソッドは1回のみでは効果は限定的で繰り返し行うことで相乗的な効果を生みます。
私たちの調査、分析では、まず3回目で新しい視点を獲得し、5−6回目で確実に以前の自分よりパワーアップした思考を実感できます。
とはいえ、何回も通うのは根気がいりますよね。
そんな方のために、3回来たらあなたを癒す素敵なギフトをプレゼントする、繰り返し学ぶと力になるよ!キャンペーンを行っています!
育休プチMBA、WSIプチMBAどちらのクラスでも有効です。
両方通じて3回来ればとっても貴重なオーガニックハーブティをプレゼント♡
そして3回のカードを2枚貯めたら(6回来たら)、もっと素敵なギフトをプレゼントします!プレゼントは今仕込み中!公開できるようになったらおしらせします♡
2017年12月クラスまでが対象となり、参加スタンプをゲットできます。素敵なギフトとの引き換え期限は2018年3月までとなります。

ぜひ3回以上参加して素敵なギフトとパワーアップした自分をゲットしてください!

スタンプカード

【ついに!】LINEスタンプ、販売開始しました♪

こんにちは。4期(春)運営メンバーのまったんです。

みなさま、お待たせしました。

ついに、ついに、ついにですよ!!

育休プチMBAのLINEスタンプ、販売開始しました〜!

スタンプのフレーズに関してアイデアを出してくださった育休プチ参加者の皆さん、あっきーさんゆうこさん含む運営メンバーのみなさん、運営メンバーこばのお友達で今回スタンプのイラストを描いてくださったYさん、本当に本当にありがとうございました。

たくさん寄せられたアイデアの中から、使い勝手の良さそうなものを(独断と偏見に基づき)厳選して24個のスタンプにしましたので、ヘビロテとなること請け合いです♪

私も早速、夫とのコミュニケーションに使ってみましたよ。

※場面:私は寝ない娘(7ヶ月)と格闘、夫(風邪)はリビングで休息中

Untitled drawing (1)

「店長、人手が足りません」スタンプを送ったらすぐ、(具合が悪いにもかかわらず)助けにきてくれたのです!効果絶大なことに我ながらビックリ(笑)

…前置きが長くなりました。

スタンプはこちらから買えます! → https://line.me/S/sticker/1530714

スタンプショップ(クリエイターズ)で「育休プチ」で検索してもOK♪

なお、売り上げは全て、育休プチMBAの活動継続および社会変革を目的とした情報発信のために再投資いたします(運営側およびスタンプのイラスト作成者が報酬を受け取ることはありません)。

育休プチスタンプ、こんな場面で使ったよ!というご報告などいただけると、とっても嬉しいです♪

それでは、今日も良い一日をお過ごしくださいね!

=========

次回勉強会(9月21日(木)開催)チケットも販売中!申し込みはお早めに!!

テーマ:「リスク管理とマネジメント思考」-復職して3ヶ月の井田美咲-

詳細&チケットURL → http://ptix.co/2fe3UXd

近日完成!育休プチLINEスタンプ☆

こんにちは!第4期(春)運営メンバーのにっしーです。

 きょうは育休プチのLINEスタンプを大公開しちゃいます!

(ただ今、絶賛審査中☆)

 

先日の勉強会でもお知らせしましたが
育休プチ第4期ではLINEスタンプの作成にチャレンジしています。
現在、審査中ではあるものの、皆さまにいち早くお知らせしたい!!と
フライングで、どどーーんとご紹介です♪

とも1

とも2

 

こちらのLINEスタンプ
育休プチが これまで出逢ってきた皆さま & これから出逢っていくだろう皆さまが
“ 仕事と育児の両立の中で壁にぶつかったとき、明るく楽しく乗り越えていくための手だすけになったらいいな ” との思いが詰まっています。

 

育休プチで繋がった仲間や

ご家族とのコミュニケーションが

もっとワクワクしたものになりますように!

 

勉強会やFacebookのコミュニティでよく聞くあのフレーズも?!
育休プチで培った“考える力”を ふと呼び起こすようなスタンプもありますので
ぜひチェックしてみてください!

無事に審査が通りましたら、改めてご報告させていただきますね♪♪

【運営Tブログ】特集♪ 現運営メンバーに聞いてみた!セルフメンテナンス法

こんにちは!4期(春)運営メンバーのゆっきーです。
9月までの期間、運営メンバーの日常のあれこれについて、定期的に発信しています。

皆さんは、育児に仕事に家事に…と忙しい毎日の中で、自分の体調やメンタルバランスを保つために、どんなことをされていますか?
きっとそれぞれに、色々と工夫されているのではないかと思います。
ただ、いろいろ試したけどなかなかピッタリくるいい方法ってないな…と思案していたり、みんなどうしてるんだろう?と疑問に思っていたり、ということもありますよね。
そこで今回はセルフメンテナンス法について、現運営メンバーにヒアリングしてきましたので、それをレポートします!
すべて、現運営メンバーが実際にやっていることです。
「自分に合いそうかも」というのがあったら、ぜひ試してみてくださいね!

※ちなみに、本記事の姉妹編として「自分のテンションをアゲる方法」を近日配信予定ですので、そちらもぜひ楽しみにしていてください♪

まずはボディケア・マインドケア編です。

●湯温を低めにし、子ども遊ばせながら長めにお風呂に浸かる
子どもと遊びながら冷え取り・リフレッシュできて一石二鳥!
お風呂では子どもと一緒に大声で歌ったり(例えばおかあさんといっしょの「朝ごはんマーチ」など)、新幹線型のペットボトル(写真ご参照)をおもちゃにして遊んだりしているそうです♪
写真1

●半身浴
夫が家にいる日に、のんびり一人で半身浴するという人も。
ゆっくりと自分時間でリセット、大事ですよね~。
長風呂しすぎるとおっぱいが張るのでほどほどだけど、アロマに癒されるそうです。

●アロママッサージオイル
これは私です。毎日ではないけれど、アロマオイルを肩、首、ふくらはぎなどに塗っています。
本格的なマッサージをやる時間はないけれど、塗りながらちょっとツボ押ししたりさすったりするだけでも気持ちいいし、何より香りに癒されます。

●ストレッチポールで脚や肩をゴリゴリほぐす
ストレッチポールとは、細長い筒状のポールです。
床に倒したポールの上に仰向けに寝てゴリゴリやるそうで、紹介してくれたメンバーによると「痛気持ち良い」とのこと!
そういえば私も妊娠前、背骨のゆがみ矯正になるとのことで、スポーツクラブで使ったことがありました。
ちなみに優子さんも、イボイボつきのストレッチポールを使っているそうです。
イボイボつきは痛気持ち良さが倍増しそうですね~。

●ヨガ
今回最も回答が多かったのはこちら。頻繁にやっている人、月2回くらいという人、それぞれ都合のつくペースで取り入れているようです。
なんと、アパートの屋上で朝陽を見ながらヨガをしているというメンバーも!(すごい!!)
子どもがまだ動き回らないころは、一緒に屋上に行って日光浴+青空を楽しんでいたそうです。
赤ちゃん連れOKのヨガに行っている人も多かったです。最近は赤ちゃん連れOKのヨガが増えているので、育休ママも安心ですよね。

●産後整体や鍼灸など
こちらも回答が多かったものの一つ。産後の骨盤矯正や抱っこ疲れの治療に、月1-2回くらいで利用している人が多かったです(やはりみんな、腰・首・肩など、全身バッキバキの様子…)。
通っているうちに寝つきの悪さが解消してきたという人も。
こちらも、最近は赤ちゃん連れOKなところが増えていて助かりますよね。

●マインドフルネス
朝、子どもが目覚める前に、お部屋で10~20分ぐらい、Headspaceというアプリを使ってやるそうです(アプリがあるんですね!)。
英語のアプリなので、ちょっと分からない部分があったり、自分のコンディションによって、雑念ばかり浮かんでくることもあるけど、こころが落ち着いて前向きになるのだそう。
ちなみに、その時に感じたことを、育休手帳の「今日の深呼吸」欄に記載しているそうです。

お次は、ちょっとお出かけしてリフレッシュ編です!

●緑の多いところに行く、公園散策
やっぱり緑には癒されますよね~。私も子どもが生まれてから、今まで以上に緑が好きになりました。

●デイキャンプ
デイキャンプとは、みんなでわいわいバーベキューをしたり、テントを張ってお昼寝したりと、日帰りで気軽にキャンプを楽しむこと。
PCも携帯も遠ざけて、自分のハンモックでゆらゆらしていると、頭の中がスーッとするのだそう!

●水族館
水中を見ていると癒されるそうです。確かに、幻想的な光景に癒し効果ありそうですよね!
そのメンバーは、「もともと好きで妊娠前から会社帰りに通っていた」とのことで、すみだ水族館の年パスを持っているそう。
授乳室もオムツ替えスペースもしっかりあるので、子連れのお出かけにもとてもおススメとのことです!

●近所のカフェでひとり時間
休日の朝、子どもをパートナーにお願いして静かなカフェでお茶。
ちょっと頭をからっぽにしてみたり、本を読んだり…。
ひとり時間でリフレッシュ、やっぱり大事ですよね。

お次は、おうちカフェでリフレッシュ編です!

●コーヒーを自宅で淹れる
焙煎したてのコーヒー豆を近所の珈琲屋で買ってきて、自分で丁寧に淹れるとの意見、複数ありました。
焙煎したての豆の香りは格別で、その匂いだけでもリラックスするそうです。
手挽きミルでゴリゴリ挽き、お湯を注ぐと、コーヒー豆が膨らんでモフモフしてくる、それを見るのが好きで、またテンションが上がるのだそう!
モフモフしているの、確かにビジュアル的にもテンション上がりそうです♪
写真3

●急須でお茶を淹れて飲む
日本茶派のメンバーもいました!
日本茶ワークショップに行ってお茶の淹れ方を学んだので、それを日々実践しているそうです。
ちゃんと淹れて飲むと劇的に美味しくなるのだそう!
あったかいお茶にはほっとリラックスする効果も。
ちなみにお気に入りの茶舗は、「すすむ屋茶店」(鹿児島のお店で、自由が丘にも出店あり)だそうです。

●おうちカフェ並みのドリンク、カップを常備
デカフェコーヒーに始まり、梅ジュース、甘酒、色んなフレーバーティー、ハーブティーなど、一日何度もホッと一息つけるよう常備しているそうです!
いろいろチョイスがあるとそれだけでウキウキしますよね♪
最後は食生活編です!

●旬の食材を使った健康的な食事を作る
色々な食材の味や旬の食べ物の美味しさを子供や家族に伝えたいと思い、旬の食材を使った料理を心掛けているそうです。
医食同源ですから、栄養バランスの取れた食事や、旬の食材を取り入れることは、健康にもとても大事ですよね。
ちなみに、なんと献立は二週間先まで常に考えて育休手帳に書いている、とのこと!
二週間先の献立を考えているなんてすごい…!!

●生野菜やフルーツを毎日摂る
これは私です。もちろん温野菜も好きで毎日食べていますが、フレッシュなものにはアクティブなパワーがある気がするので、こちらも毎日欠かさず食べています。食べると口あたりさっぱりスッキリなのも◎。
フルーツは主に朝食として。夕食にはサラダやトマトなど。
我が家では朝食のフルーツ剥きは夫の担当です。私より上手なので(笑)。

●チアシード
これも私です。健康食品やサプリメントにはあまり興味がないのですが、友人に勧められてチアシードを試してみたところ、よかったので続けています。
美味しいのと(味はないけどプルプルプチプチな食感がGOOD)、お通じが良くなる、なんだかパワーアップする気がする(笑)等が続けている理由です。

いかがでしたか?
定番なものから新鮮な意見まで、いろいろありましたよね。
私自身、今回ヒアリングしてみて、「あ、整体とか鍼灸とか、みんな結構行ってるんだ。バキバキでヤバいの私だけじゃないんだ~。出費がちょっと気になってたけど、やっぱり必要経費だよね!」と思うことができましたし(笑)、新たに試してみたいな~と思うものもたくさんありました。
子どもの健康や、家族全体の健康のためにも、ママ自身の心身の健康がとっても大事。
暑い夏ですが、軽やかに乗り切りたいですよね!

心身の健康が整ったところで、頭の体操、思考のトレーニングも♪
育休プチMBA勉強会では、様々なケースを元に思考のトレーニングを行いますので、育休中はお休みしがちな「仕事脳」の活性化にいいですよ!
次回の勉強会は8/2、テーマは「組織全体の構造と個人の働き方」です。絶賛チケット販売中です!
http://peatix.com/event/279298

◇6/7勉強会◇開催報告

はじめまして!運営チームのとみーです。

先日行われました勉強会について、早速レポートをお届けします❤️

今回のテーマは「会社目線を考慮した意思決定」

果たしてどんな熱いディスカッションがママたちの間で繰り広げられたのでしょうか?

会場は、おなじみ巣鴨リョウザンパーク↓巣鴨駅から徒歩2分の好立地です。

IMG_3325

おしゃれな外観❤️

IMG_3324

もちろん、ベビーカーOK!!

IMG_3327

オムツ替えスペース(赤いマット)も準備していますのでご安心ください。

IMG_3323

人数が揃ったら、勉強会スタート!

IMG_3329

一歳未満の赤ちゃんはご同伴可能です。赤ちゃのお世話をしながら参加できます。みんな気にせず、授乳したり、オムツ替えしたり、お茶をあげたりしながら勉強会に参加していますよ。

IMG_3321

いよいよファシリテーター登場です。

ファシリテーターの二人も、もちろんママ。赤ちゃん連れで挑戦しています。この日の為に、たくさん勉強してきたお二人。

(今回は特別ゲストとして、ファシリテーターの旦那様も、ベビーと一緒に参加。優しく見守ってくださいました❤️

IMG_3333

「会社目線を考慮した意思決定」が今日のテーマ。

復職が決まったら待っているのは復職前面談!今回は、ある働くママの復職前面談をケースにして、ディスカッションをしました。

「自分だったらどうする?どうすれば?」

まずは自分で考え、そして発表し、さらに他の意見を聞く。

それを繰り返していくと、自分では思いつかなかった、新しい発見が!!

みんな赤ちゃんのお世話をしながら、ディスカッションは大盛り上がり。

IMG_3332

ホワイトボードがどんどん埋まっていき、裏面までいっぱい(笑)

時間はあっという間に過ぎていきます。いつの間にか、赤ちゃんはおねんねタイム・・・

でもママたちのディスカッションは止まらない!

IMG_3335

終了!お疲れ様でした。

そして、ママたちもランチです。

ランチしながら、保活のこと、子育てのこと、家庭のこと、仕事のこと・・・、

たくさんたくさん話して、テーブルは大盛り上がり!

育休中のママたちの悩みや不安って、みんなきっと同じ。初対面のママ同士でも、ずっと前からの戦友のような仲間意識が、いつの間にか生まれていました。

IMG_3328

今回から、「育休手帳」の販売をスタートしました!

育休手帳はこちらで販売しています↓

https://summer-snow-8615.stores.jp/items/590200ed997ee28a2b002006

ご購入を検討されている方、実物を見られるチャンスですので、ぜひお手にとって見てくださいね。

次回は7月6日(木)、テーマは「上司目線でのコミュニケーション」です。

チケットは6月14日(火)14:00〜発売です!

●申込ページ
URL: http://ptix.co/2s6ZWVy
PASS: ikukyumba170706

ぜひお越しくださいませ。スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております❤️❤️

 

 

◆3/14、3/21勉強会◆開催報告

こんにちは。運営メンバーのさおりん&しほです。

今回は、3月14日と21日に「リスク管理とマネジメント思考」
というテーマで行った勉強会について報告します!

 

両日ともあいにくの雨模様だったにも関わらず、
意欲溢れる参加者とそんなママを応援してくれる赤ちゃんが集まってくれました。
開始前には、これまでより少しアップテンポな音楽が流れ、
テーブルからは楽しそうな話し声が聞こえ、
「今日も活発なディスカッションになりそう♪」と期待が膨らみました。

1

多くの参加者と同じように、私たちも四月に復職を控え、今回が最後の勉強会でした。
「毎月の様に通っていたこの場所に、もう来ないんだなー」という寂しい気持ちと、
「最後の勉強会楽しんで帰りたい!」というやる気を持って、席につきました。

 

今回のケースは・・・「復職して3ヶ月の井田美咲」

 

(私から見ると)復職に向けて色々な準備を頑張り、
仕事へのモチベーションも高い井田さんが、
復職して3カ月がたったころ、
仕事でミスが重なり、息子も体調を崩し・・・
そんな状況に思い悩む・・・。

 

“このケースの課題は?”とのファシリテーターの質問に、

「井田さん、頑張ってるのに・・・」なんて、井田さんに感情移入
しそうになるのを押さえながら、色々な視点から課題を探していきます。
グループや全体での共有へと進むと、
自分が思いつきもしなかった意見が出たり、そこから議論が広がったりする雰囲気に、
自分の頭がフル回転しているのを感じます。

 

続いて“上司は日々どんなことを考えているのか?”“上司が期待していることは?”という
ファシリテーターからの質問に、上司の目線にあげて状況を見てみると、

「上司も忙しい中、井田さんのことばかり考えられないよな・・・」
「課全体のことを考えているのかも」
と、同じケースにも関わらずさっきまでとは違う風景が見えてきます。

 

最後に、“復職後に気を付けること”を考えていきます。
前の質問で、課題を深堀していたことで、
「自分のリスクを周知しておく」「どういう働き方をしたいか上司に伝える」
「優先順位を考える」「子どもを持つ前とは違うのだと自覚する」など、
ディスカッションを通して、次々と解決策が出てきました。

 

勉強会後のアンケートで、参加者のみなさんから、

「今回のケースは、まさに将来の自分を見た様でヒヤヒヤしました。
このタイミングで気づいて、対策できて本当に良かった」

「自己中心的な思考ではなく、会社の組織全体から見て
自分がどうあるべきか考える時間を持ちたい」

「人を動かして仕事を進めるスキルをこれまで以上に磨く必要があると感じた」

などのコメントを頂きました。

 

また、3月14日の勉強会では、ファシリテーターの上司が見学に来て下さり、
とてもためになるお言葉をたくさん頂きましたので、ここでご紹介いたします。

 

・勉強会で皆が頑張っている姿に感動を覚えた。

・20世紀は選択の時代だったが21世紀は両立/掛け合わせの時代。
ピコ太郎が流行したのはそのような 時代の流れからで、
偶然ではなく必然と考えている。
育児か仕事ではなく、育児と仕事の両方を頑張ってもらいたい。

・ワークライフバランスという言葉があるが、ワークはライフの一部に過ぎない。
ライフステージの中でどのようなキャリアを築いていくかという視点を
持って働いてもらいたい。

・成功している会社の特徴は、女性の管理職比率云々ではなく、
父性的な文化と母性的な文化の両方を持っていることである。
つまり皆さんの活躍が求められているということ。

・ビジネスには正解はない。自分で考え続けることを心掛けてほしい。

・会社としてはやはり利益を求めていく。
皆さんも会社に戻られたらそのために貢献していってもらいたい。

2

最後に、副代表 優子さんから、復職を控えた私たちに、メッセージを頂きました。

働く女性の内、出産後職場復帰する人は全体の3割。
そして、その内55%が1年以内に仕事を辞めてしまうとのデータが出ています。
復職後1年間は本当に大変だと思うけど、そこさえ乗り超えられれば、
それ以上に大変になることはないので、まずは1年頑張って欲しいです!
もし悩んだら、facebook参加者限定コミュニティに投稿したり、ここで出会った仲間に相談したり、私に直接連絡頂いてもいいです。みんなで乗り越えていきましょう。

この温かい言葉で、復職への不安が軽くなり、
「まずは1年頑張ろう!」という気持ちになったのは私だけではないと思います。

 

こうして、今年度最後の勉強会が終わりました。
でも、育休プチMBAの勉強会は、参加して終わりではありません。
思考を続け、学んだことを日々の生活や復職後の仕事に活かして、行動して、
初めて意味があるものです。同じように頑張る仲間がたくさんいることを、
心の励みにして、頑張っていきましょうね♪