そうだったのか、育休プチMBA!〜運営メンバーY子の場合〜

こんにちは。運営メンバーのY子です。

今回は、私が初めて育休プチMBA勉強会(以下、育休プチMBA)に
参加したときからの考え方の変化について
つれづれなるままにつづってみたいと思います。

まずは簡単なプロフィールから。
メーカー勤務の二児の母。
2014年に1人目(男児)を出産して育休取得。
復帰後7か月で2人目(女児)の産休に入り、
現在2度目の育休を取得中です。

1人目のときは、
児童館に行ったり近所のママ友とランチを楽しんだり、
仕事脳をまるで使わない育休を過ごしました。

%e7%94%bb%e5%83%8f_%e3%83%9e%e3%83%9e%e4%bc%9a

その後、過酷な復帰期間を経て、2人目の産休・育休に。

2人目育休を過ごす中で
何かしたい!という気持ちが湧いてきて、

以前から気になっていた
育休プチMBAに参加してみようと思いました。

「MBA」というキーワードから、
何か新しい知識を教えてもらってスキルアップ!
と、なんとなくイメージしての参加でした。

 

参加してみて、
・・・あれ???意外とテーマが簡単。

MBAって、会社の買収やコンサル業務とかに
活かせるお勉強のはずでは・・?

参加者同士の考えを出し合って、それで、終了??
「新しい学び、なかったなー」なんて失礼な気持ちを抱きつつ、

頭に「???」が飛び交う中で会場を後にしました。

%e7%94%bb%e5%83%8f_%e5%9b%b0%e3%81%a3%e3%81%9f%e5%a5%b3%e6%80%a7

その後、せっかく参加したから・・と
軽い気持ちでFacebookの参加者コミュニティに登録。

(※参加者コミュニティとは、育休プチMBAに参加したことのある人のみが参加することのできるFacebook上の秘密のグループページです)

 

そこでの参加者の皆さんの投稿を見て、驚きました・・!
な、なんかすごく深く話し合ってる!
すんごいポジティブ!
ケースをこんな風に仕事に活かそうとしてる・・・!

投稿されていた方々は、
私が見逃していたポイントから学び、
仕事に応用しようと活発に議論していました。

%e7%94%bb%e5%83%8f_%e8%ad%b0%e8%ab%96

参加者の方々の「仕事」や「キャリア」に対する、、
というより、もはや「人生」に対する
驚異的に意欲的な姿勢に衝撃を受け、
「学びはなかった」と思った自分を恥ずかしく思いました。

 

この集団、すごい・・・。

 

そこで改めて
育休プチMBAの運営方針を読んでみました。

その中には
「・・・組織に貢献するための思考技術を学ぶ機会・・・」とありました。

自分ひとりの能力を上げるための勉強をする場ではなくて、
目的は組織に貢献するため。

 

知識を増やす場ではなくて、考え方を学ぶ場なんだ。

それを確認した上で、
再度、勉強会(育休プチMBA)に参加し、更にはWSIプチMBA(※1)にも参加してみました。

自分が思いもしなかった視点からの意見
なるほどーと思ったり、
自分もひっかかってたけどうまく言葉にできなかった
考えを他の方が言語化してくれたり。

初回の勉強会よりも前のめりになって、
次はどんな発言が出てくるんだろう?と
ワクワクしながら楽しんでいる自分がいました。

%e7%94%bb%e5%83%8f_%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%84

そして、自然と前回の復帰期間について
振り返って考えるようになっていました。

会社のせい、上司のせいで
つらすぎたと思っていた1度目の復帰。

もしかして上司はこう感じていたのかも、

自分はすごく“使いにくい人”だったのかも。

次はこうしてみたらうまくいくかも。

一時はサラリーマンなんてもうコリゴリと
辞めることも頭をよぎりましたが、
復帰に向けてあれやこれやと考えるようになりました。

 

新しい学びがないと思って
一度の参加でやめてしまったらそのままだったけれど、
考えるクセをつけると事実が変わって見えるんだな。

と最近感じます。

 

復職まであと数か月。

残された期間で思考トレーニングを続けて、
前向きに自然体で仕事に戻っていけるよう
脳のコンディションを上げていこうと思います!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 


※1 育休プチMBAとWSIプチMBAについて

■育休プチMBA
・つながりづくりのための学習機会
・参加者への心理ハードルの低さを重視
・運営は育休者によるボランティアで行っています
・講師はトレーニングを受けた育休者

■WSIプチMBA
・ステップアップのための学習機会(レクチャーを含んでいます)
・専門知識を身につけることを重視
・認定講師はMBA以上の学位を持ったプロ講師

※WSI(ワークシフト研究所)は、非営利事業として、育休プチMBAの監修を行なっています。

▼2分で分かる育休プチMBAはこちら
https://ikukyumba.wordpress.com/2016/09/22/

 

1月開催・育休プチMBA勉強会のご参加もお待ちしております♪

 

テーマ:「制約人材を抱えた職場のマネジメント」
1/12(木)11時〜@巣鴨 残席あと1枠!
1/25(水)11時〜@巣鴨 残席わずか!
チケット入手方法は、Facebookページからご確認ください^^
https://www.facebook.com/ikukyu.mba/

 

運営チーム春メンバー・卒業合宿を開催!

こんにちは!
運営チームのざわ子です☆

2016年度育休プチMBA運営チームは、
6月から活動していた春メンバーからバトンを受け取り、
現在は秋メンバーが3月まで活動中しています♪♪

春チームの皆より、
メッセージをもらったのでシェアします♪( ´▽`)

☆★2016春の運営チーム学びの報告と御礼★☆

先日11月某日、
春の運営チームで運営振り返り合宿をしました。

既に復職している人も、これから復職する人もいて、
育休プチMBAでの学びが復職後にどう活かされているか、
これからどう活かしたいか、を話し合いました。
付箋を用いて1人ずつ言語化し、まとめたのがこの8つです。

・ポジティブにチャレンジできるようになる
・ゴールを明確にし、意識して動けるようになる
・思考が深まる
・多様な視点を得られるーマネジメント思考ー
・限られた時間の中で、最大の成果を得るための思考ができる
・言語化して伝えられる
・周りを味方にできる
・主体的にチームの力を発揮できるよう働きかける

このような学びがあったのも、
育休プチのミッションに賛同し、勉強会に参加したり
応援したりしてくださった、沢山の方々のおかげです。
本当にありがとうございました。
15135821_1207437242670511_7945449240141089161_n

また来年度も運営メンバーの募集があると思います。
ぜひ機会がありましたら参加していただけますと幸いです。

私たちが復職後活躍することが、
「“子どもを持ちながら働く”が、本人・家族・企業にとって当たり前になる社会の実現」
につながると思います。

みなさんにとって、このコミュニティが
気軽な、なんでもOKモヤモヤ相談室であり続けますように★

以上です。

◇◆◇◆◇◆来週開催!◇◆◇◆◇◆

12月20日(火)の勉強会

テーマは、

上司目線でのコミュニケーション
~育児に理解のない上司~

残席わずか★以下URLよりお申し込みいただけます!

●申込ページ
URL: http://ptix.co/2gIp3so
PASS: ikukyumba161202

ご参加お待ちしております^^!

運営メンバー募集に関するFAQ

育休プチMBA勉強会では運営メンバーをボランティアで募っています。
募集に関してよくいただく質問をまとめていますので、ご参照ください。
下記以外のお問い合わせは、ikukyumba@gmail.comまでご連絡ください。返答はこのページに追記する形でさせていただきます。

【応募条件について】
Q. 運営メンバーの募集は、年に一度ですか。
A. 春と秋の年2回募集になります。任期は春4~9月、秋10~翌年3月です。

Q. 任期の途中で復職予定の場合も、応募できますか。
A. 応募は可能です。
ただし、秋募集の10月~3月担当メンバーの場合、繁忙期は12月~3月にかけての見込みです。 応募が多数だった場合、繁忙期を手伝っていただける方を優先的に選ばせていただくこと、ご了承ください。

Q. キックオフミーティングに参加できない場合でも応募は可能ですか。
A. 基本的にチームメンバーはオンラインでやり取りをするため、キックオフミーティングは、実際にチームメンバーが集まる貴重な機会になります。 このキックオフミーティングに参加できない場合、応募は不可になりますこと、ご了承ください。

Q. メンバーは総入れ替えですか。
A. 総入れ替えです。
前例を無批判に踏襲するというやり方では学習機会にならないので、新しいチームのみなさんには皆さんなりのやり方を考えていただきます。

【仕事内容について】
Q. 以前、勉強会に関してメールで質問させてもらった時の返信が深夜でした。運営メンバーはとても忙しいのですか。
A. 運営メンバーのお仕事は、1日1時間が目安です。

メンバー個人それぞれ、自分の空いた時間に作業を行うため、たまたま寝かしつけの後一緒に寝てしまった日に、深夜にメールチェックをしていただけの可能性が高いです。タスクの負荷が高くなった場合は、効率化できるかと考えることも復職後の学びになるかと思います。

【お子様の年齢/同伴について】
Q. ファシリテータートレーニング・キックオフミーティング・その他の集まりで、子どもの同伴は可能でしょうか。
A. 実際に集まるのはキックオフミーティングのみで、その際はお子様の同伴が可能です。
その他は、基本的にオンラインミーティングのため、自宅でお子様のケアをしながら参加できます。

Q. 運営メンバーの期間中に、子どもが一歳になります。それ以降の勉強会の参加は、子どもの同伴は不可でしょうか。
A.不可となりますが、勉強会にて運営側としてファシリテーター等役割を担う場合は、託児料の補助があります。
自分の意思を持ち行動範囲も広くなり始めたお子様には、お子様自身ものびのび快適に過ごせる環境を整えてご参加いただくことが、お子様にとっても、参加者の学習効果という観点でも望ましいと考えています。
また、復職後にお子様の預け先が必要になってくるケースがあると思うので、預け先を見つける機会としてほしいと考えています。

Q. ファシリテーターを担当する場合、1歳未満でも子供を預けて単身で参加する必要がありますか。
A. 参加者条件と同様、基本的には、1歳未満であれば、抱っこした状態でファシリテーターを行っていただいて大丈夫です。
(既に保育園に預けている場合は、預けた方が集中できるかもしれません。)

Q. 「産後2ヵ月からの参加」というのは、自分と赤ちゃんの体調が良ければ「産後約2ヵ月」でも大丈夫でしょうか。
A. 産褥期は養生に専念していただき、勉強会は動いてもいい時期になってから来てくださいということを意図しています。
1ヶ月検診が終わり、問題がなければご参加ください。

マンガ家だけど運営メンバーです

こんにちは、運営チームのかんべです。

長文書いてたらわけがわからなくなるので漫画で投稿します。雑でごめんなさいね!

Done is better than perfect!がモットーで、個人ブログでたまにプク美ちゃん成長記録などを書いています。育休プチ1

育休プチ2

育休プチ3

◆育休プチMBA勉強会に興味を持たれた方はまずこちらへ
Facebook 育休プチMBA勉強会
ぜひ「いいね」お願いします!