カテゴリー別アーカイブ: 3. 認定ファシリテーターの紹介

認定ファシリテーターインタビュー【白鳥 麻郁子さん編】

「育休プチMBA勉強会」を主催する株式会社ワークシフト研究所(WSI)では、全国で増加する勉強会のニーズに応えるため、認定ファシリテーターを養成しています。この度新しく認定ファリシテーターになった方にインタビューをし、ファリシテーターの素顔に迫りたいと思います。今回は第3弾です。

Q.まずはご自身について教えてくださいますか?

白鳥 麻郁子(しろとり まいこ)と申します。夫、長女(4年生)、次女(年長)、三女(3歳)の5人暮らしで、都内に住んでいます。

Q. なぜ「育休プチMBA」の認定ファシリテーターになろうと思ったのですか?

以前は栄養士として、給食運営施設のマネジメントをする仕事をしていました。その間、育休を3回取得。3回の育休後に、会社の状況が大きく変化し、自分のキャリアプランが全く描けない状態に陥りました。同時に、保育園の待機児童問題があり、フリーランスの道に進むことになりました。そのときに自身も含め、「どんな人にでも可能性がある」と強く思ったのです。まずは自ら実証したい、そして、多くの人にも伝えたいという思いが強くなり、認定ファシリテーターの資格取得に挑戦しました。

Q. 白鳥さんは3回の育休・復職を経て、あらゆる困難を経験されていると思います。具体的にはどのような壁にぶち当たったのでしょうか?

1回目の育休は、何をしたらいいか分からず、目標も目的もありませんでした。夫の勤務先の近くに住んでいたこともあり、知り合いのいない地での子育て。児童館へ行くこともほとんど無く、ママ友もいない環境で孤独に過ごしていたのです。一方会社はビジネス拡大期に入り、同期が役職につきはじめ、復職後の働き方に焦りを感じていました。復職後3ヶ月でフルタイム勤務に戻しました。

2回目の育休では、前回の反省があったので自分の成長のためにも充実した育休を過ごそうと、行動的でした。子連れイベントに顔を出し、NPOの活動にも参加しました。そのおかげで復帰後はモチベーション、パフォーマンスともに高く、成果を出し、役職につきました。

そんな中、夫の転勤が決まります。5歳と1歳の子を抱え、フルタイム・ワンオペ育児がスタートしました。病児保育、ファミリーサポート、友人、家事代行サービスをフル活用し、なんとか乗り切りました。職場の上司とは何でも相談しやすい関係性が築けていたので、夫の異動が決まったタイミングで私も異動の相談をし、半年後、異動できました。夫婦の職場の中間地点に引っ越し、保育園の送迎も2人で対応しました。異動、引っ越し、保活が一気に押し寄せたので大変でした。

3回目の育休は自分への投資をしようと決めていたので、単発でWSIの講座に参加しました。復職後は会社が停滞期に入り、後輩が上司になったりと状況が大きく変わりました。そんな時、我が家にも待機児童問題が降りかかりました。あと2ヶ月で保育園が決まらなければ、上の子も退園しなければならないという切羽詰まった状況の中、自然と会社以外に自分の居場所を求めるようになり退職しました。託児付きシェアオフィスで業務委託という形で開業し、同時に親子対象のイベントを立ち上げました。半年過ぎた頃には運営上の課題が見え始め、経営を学んでみたいという思いが募り、WSIの管理職コースの受講を決めました。同時に、3回の育休の経験を活かしたいと思い、思い切って、認定ファシリテーターにも応募しました。

Q. 3回の育休で紆余曲折を経験し、現在のキャリアを構築されたのですね。白鳥さんは、どんなファシリテーターを目指していますか?

「家庭も仕事も自分も諦めない」が私のモットーです。3回の育休経験と、栄養士として関わったマネジメント経験をもとに、MBAと聞くと敷居が高いと感じる方にも気軽に参加していただけるような学びの場を目指しています。「どんな人にも可能性がある」ということを身をもって経験したので、多くの人にそれを伝えたいですね。私が開催する勉強会には、復職後の人にも来ていただきたいので、平日だけでなく週末にも開催できたらと考えています。

Q. 最後に、受講生へのメッセージをお願いします。

育休期間は決してブランクではなく、自分自身を成長させてくれるとても大切な時間です。勉強会で用いるケースはもちろんのこと、他の参加者の経験談も自分の事に置き換えることで、課題解決のためのヒントをたくさん得ることができます。子どもと一緒に参加できる学び、交流の場をぜひご自身のために有効活用してください!

ーーインタビューを終えて

白鳥さんは、3人の子どもを育てながらフリーランスで仕事をするバイタリティ溢れる方で、常に笑顔を絶やさずインタビューに応じてくださいました。

栄養士というバックグラウンドをお持ちなので、離乳食や食育、母親の栄養管理に関しても大変心強いアドバイザーです。女性の就労支援もしていることから「女性のマルチタスクやタイムマネジメントの能力は素晴らしいです。在宅でできる仕事も増えてきたし、誰にでも可能性はありますよ!」と断言される姿に背中を押される思いでした。白鳥さんは今後、池袋を中心に勉強会を開催される予定です。

白鳥さんの「育休プチMBA勉強会」をきっかけに、多くの方が学び、笑顔になれる場が提供されることを今から心待ちにしています。

認定ファシリテーターインタビュー【加藤めぐみさん編】

「育休プチMBA勉強会」を主催する株式会社ワークシフト研究所では、全国で増加する勉強会のニーズに応えるため、認定ファシリテーターを養成しています。この度新しく認定ファリシテーターになった方にインタビューをし、ファリシテーターの素顔に迫りたいと思います。今回は第2弾です。

Q.まずはご自身について教えてくださいますか?

加藤めぐみです。現在、日本イーライリリー株式会社という米国系製薬会社にて、糖尿病の新薬開発のプロジェクト・マネジメントをしています。夫と中学3年生の息子の3人家族で、東京に住んでいます。

Q. なぜ「育休プチMBA」のファシリテーターになろうと思ったのですか?

育休プチMBAを立ち上げられた国保さんとは、慶應ビジネススクールの同級生で、育休プチMBAの活動を開始された当初からこのプログラムを知っていました。育休プチMBAは秀逸なケース教材を用いた議論を通じて、当事者としてだけでなく上司や組織の視点から考えることができ、マネジメント思考を身につけられるとてもよいプログラムです。このプログラムを、家庭と仕事の両立で悩んでいる会社の後輩たちにも受ける機会を提供したいと思ったのが、認定ファシリテーターになったきっかけです。

私自身は、慶應ビジネススクール在学中に息子を出産し、修了後に、現在の会社に復職しました。復職後は、家事も、仕事も、育児も綱渡り、毎日ジャグリングのボールを落とさないように必死で過ごしていました。でも、大変ではありながらも、強制的なOn/Offの生活を繰り返す中で、「制約がある環境は、実は自分が成長するチャンスでは」と思うようになりました。私にとっては、育児という時間的制約があったからこそ、マネジメントスキルを実際に使うという必要に迫られ、意識的に自分の仕事の範囲を超え、俯瞰的にいろんな視座・視点で考え、行動するようになりました。

そして、その時に試行錯誤しながら、家庭内での仕組みを作ったり、仕事上で優先順位づけなどを考え、毎日の仕事や家庭での経験を通じてマネジメント思考を身につけたおかげで、子供が成長し手がかからなくなった後に、再度大学院で学んだり、ボランティアをするなど、仕事と家庭以外にも楽しみの時間を持てています。あの時ジャグリングをしながらも踏ん張って本当に良かったなと思っています。

Q. 「毎日ジャグリングのボールを落とさないように必死に過ごす」というのは、復職後の女性なら誰もが通る道なのかと思います。加藤さんは「家庭内での仕組みを作った」とのことですが、どのようなことをされたのですか?

限られた時間をどこに優先的に割きたいかを考えるようになりました。自分たちはどういう家族や家庭を築きたいかを夫ともよく話します。家庭を意識的にマネジメントする、という感覚です。

具体的にいくつか挙げるとすると、

・ライフプランを作成して現在〜将来的に家庭で必要なお金を算出し、不安なく暮らせるような運用や見直しをする

・カレンダーで夫と私のスケジュールを共有し、私も夫も息子それぞれがやりたいことを実現できるように調整する

・モノの棚卸をし、生活しやすい空間づくりをし、日々のオペレーションの労力が最小限に工夫する

・自分で出来ない部分や苦手な部分を家事代行などプロの手を借りる

などです。

Q. なるほど。旦那さんとともに家庭をマネジメントするという意識が大切なのですね。加藤さんは復職されてから、「制約がある環境は、実は自分が成長するチャンスでは」と思われたとのことですが、具体的にはどのような面で成長したと思われますか?

時間の使い方が効果的になるのに加え、他のメンバーとの業務や情報の共有、標準化などの活動を、自分からどんどん進んで提案・実行するようになりました。

例えば、

・時間内に仕事が終わるように、業務を始める前に仕事の手順を考える

・業務の途中で期待をすり合わせる

・いつでも仕事を他の人に引き継げるように、業務の標準化や他のチームメンバーとの共有をする

・自分がやってうまくいかなかった穴に他の人がはまらないようにプロセスの見直しやマニュアル等で他の人に情報共有する

などです。

おかしいなと思ったことは、誰かが直してくれるのを待つのではなく、自分から「こうしたら自分が助かるので」という形でどんどん発信しました。この活動を通じて社内での認知度も高くなり、どんどん仕事がしやすくなりました。

Q.  自分からどんどん発信していくことが重要なのですね。仕事と育児を両立するにあったて、どのようなマネジメントスキルが役立つと思いますか?復職前に身につけると良いと思うスキルを教えてください。

色々あると思いますが、私は、

・目的(ありたい姿)を確認する

・俯瞰的に現状を把握する

・枠にとらわれず解決策の選択肢を考え、決断する、やらないことを決める

・周りとの協力体制を築く

が子育てを通じて身に着けたマネジメントスキルです。

復職前に限らないですが、困ったことがあった時に、立ち止まって今持っている問題を棚卸しすることが、長い目で見るととても大事です。また、選択肢を考えるときは自分の経験や身近な人の意見だけでなく、インターネットなども活用するとよいと思います。自分と同じような体験をしている人は実はたくさんいて、たくさんの知恵があるのです。

Q. 加藤さんは、どのようなファシリテーターを目指していますか?

参加した方達の経験や気づきが紡ぎ出せ、お互いに学びの多い場を作りたいです。また、育休プチMBAをきっかけとして、社内での繋がりや学び合える関係づくりもできればと思っています。

Q. 最後に、受講生のメッセージをお願いします。

子供を持ちながら働くことは、この一瞬で見ると大変なことがたくさんです。でも、子供はどんどん成長し、今のままではありません。そして、私たちの長い人生の中、職場環境やそれまでの働き方の見直しなどを通じて、立ち止まり人生を振り返り、自分のスキルややりたいことを棚卸ししできるのは、これからの自分の未来にとってはとても良い機会です。こう捉えられると、本当に楽しいことや発見の連続です。一緒に、ピンチをチャンスに変え、一生モノのスキルを身につけましょう。子供を持つことと働くことの楽しさやワクワクをより多くの人と分かち合えると嬉しいです。

ーーインタビューを終えて

加藤さんは、お子様が大きくなってからはプロボノとしてプロジェクト・マネジメントのスキルを社外で活かしたり、PTA活動のマネジメントもされたそうです。また仕事のマネジメントスキルを家庭に生かすことがとても面白かったため、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程にて家庭のマネジメントについての研究し、今年3月に修了されたことも教えてくださいました。

思わず惹きつけられる、輝く笑顔からは想像できないほど意欲的に活動されていますが、加藤さんのファシリテーションは場を温かく包み込むような安心感があります。これからも加藤さんのファシリテーションによって多くの方が大切な気づきや学びを得られることと確信しています。

認定ファシリテーターインタビュー【上松恵子さん編】

「育休プチMBA勉強会」を主催する株式会社ワークシフト研究所では、全国で増加する勉強会のニーズに応えるため、認定ファシリテーターを養成しています。この度新しく認定ファリシテーターになった方にインタビューをし、ファリシテーターの素顔に迫りたいと思います。

Q.まずはご自身について教えてくださいますか? 

A. 上松 恵子です。宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

小学生の娘と息子、そして夫と4人暮らし。岐阜県に住んでいます。

現在は、株式会社オフィスリブラ代表取締役を務めています。これまでの経歴をお話しすると、教育系広告代理店で営業職を10年、学校法人で入試や広報、総務部門で3年勤務したのち、独立しました。現在は、働き方改革や女性の活躍、ワークライフバランスの推進等の研修やコンサルティングを実施しています。

 

Q. なぜ「育休プチMBA」のファシリテーターになろうと思ったのですか?

A. 実は、私自身が育児と仕事の両立で苦戦し、二度の離職をするという苦い経験をしています。

独身時代は終電に駆け込む毎日でしたが、育児と仕事の両立をする中で、今までの業務のやり方だと「圧倒的に仕事の時間が足りない!」と感じる毎日でした。一方で、「時間的制約がある中でも、仕事で社会に貢献したい」という気持ちが強くなっていきました。そんな中、具体的なヒントがたくさんある育休プチMBAに出会い、感動。「この講座をもっと広げたい!」と強く思い、ファシリテーターになることを決意しました。新幹線で東京に通いながらのトレーニングは大変でしたが、これからの活動にワクワクしています。

 

Q. 育児と仕事の両立で苦戦し、二度離職されたとのことですが、具体的にどのような困難に直面したのですか?

A. 一度目の復職時には、終電間際まで仕事をするやり方しか知らず、短時間しか勤務できない自分は会社に貢献できていないと思い込んでいました。一方で、同僚は残業をしており常に「申し訳なさ」を感じていました。

二度目の復職時は息子が小学校に入学するタイミングだったのですが、学童保育に入ることができず、15時には帰宅してしまうことに。さすがに仕事が終わるまで子どもを家で一人待たせることはできず、結局仕事を断念せざるを得ませんでした。

 

Q, 仕事や会社が好きだった上松さんにとって、離職は辛いものだったでしょうね。それでは現在、仕事と育児を両立する上で心がけていることは何ですか?

A, 家族や友人に「ありがとう」と言うことです。そして「助けてください」も気持ちよく言えるようにしています。そのためにも、自分ができる時は率先して手伝えたらと思っています。

 

Q. なるほど。そんな中で、上松さんは会社を立ち上げました。なぜ独立を決意したのでしょうか?

A.子どもが学童保育に入れなかったことで、「働き方」を主体的にデザインできるようになりたかったことが一番の動機です。

そして「働き方の選択肢が少なく、働き続けることを断念した」という苦い想いがあります。その悲しみ、痛みを自分の子どもたちの世代に残したくなかったので、自分ができることで少しでも「働き方」を選べる世の中にしたいと思ったから、というのも大きいです。

 

Q. 育休プチMBA勉強会に受講者として参加された時、どのような印象を受けましたか?

A. 「母となって、はたらく」ことを前向きに、そして主体的に挑戦しようとされる女性が多いことに感動しました。働く時間に制約がある中でも成果を上げるための思考法やスキルを学ぶことは、育児中の女性にとって非常に心強い武器になると思いました。

 

Q. 上松さんは、働き方改革や女性の活躍に関して活動されていますが、現段階でどのような課題があると考えていますか?

A. 誰もが働きやすい会社・社会づくりは、人口減少や少子高齢化の中で、一種のブームではなくずっと考えていくテーマです。一方で、まだまだ他人事の企業や人が多いのも事実です。一人一人ができることから自分たちができることを考え、周りと対話し、小さな一歩でも踏み出してほしいと思っています。

 

Q. そのような社会的な課題がある中で、上松さんはどのようなファシリテーターを目指していますか?

A. 私は「楽しい!」と感じる気持ちこそ、学ぶエネルギーになると思っています。そして、継続して学ぶためには大切なことだと感じています。だからこそ、学ぶことが楽しくなる講座を心がけています。また、同じ時期に育休を過ごす仲間を見つける場にもできるよう、参加者同士が交流しやすい雰囲気作りに心がけています。

Q. 最後に、受講者のみなさんへメッセージをお願いします!

A. 育休をブランクではなく、知識と思考を獲得し、そして同志と繋がれる大切な機会となるお手伝いができることが本当に嬉しく、幸せに思っています。「母となって、はたらく」をもっと楽しく、豊かにできるようサポートできれば嬉しいです。

 

ーーインタビューを終えて

仕事と育児を両立する女性なら誰もが悩むであろう周囲への「申し訳なさ」や「悔しさ」をバネにして、新たな生き方に舵を切った上松さんに、私も励まされる想いでした。上松さんの笑顔と的確なファシリテーションに元気をもらえる女性が増えることを期待しています。上松さんは、主に岐阜県および東海地方で開催される勉強会で活動する予定です。今後ともよろしくお願いいたします!