カテゴリー別アーカイブ: 4. 勉強会開催報告

2020/03/10(火)勉強会開催報告

3/10(火)に、「育休プチMBA勉強会」が開催されました。

新型コロナウイルスに対する感染拡大予防の観点から、前回に引き続きオンラインでの開催です。オンライン切り替えに伴い参加人数枠を増設した結果、多くの皆様に参加して頂いたことを改めて感謝申し上げます。

さて、今回は「復職して3ヶ月目の井田美咲」というケースでディスカッションをしました。

参加者は4月復帰予定の方が多く、復職に向けてよりリアルな議論が行われました。 
・ 美咲の変化と問題点は? 
・ 上司からみた問題点は? 
といった問いかけに、赤ちゃんをあやしながら頭をフル回転させて意見を出し合いました。 

3,4人でのグループに分かれての意見交換の後は、全体でのディスカッション。 今回は代表の国保祥子がファシリテーションを担当していたため、いつもよりさらに一つ一つの意見を深く掘り下げていきました。

ディスカッション終了後は前回のオンライン開催時にご要望の多かったランチ交流会も実施し、復職に向けて、夫婦での役割分担や病児保育の準備の話など情報交換がされました。

6人程のグループに分かれて交流後は国保さんや全体への質疑応答という流れで14時ごろ終了しました。

アンケートより、参加者の声を一部ご紹介します♪ 
●4月復職予定のため今回のケースは非常にリアリティがありました。
●国保さんが前提から問いかけてくださったのでハッとする場面が多く、自分の思考の偏りに気づくことが出来ました。 
●ファシリとグループディスカッションによって考えがより深堀される感覚があった 。
●ケーススタディでさまざまな視点を知ることが出来た。 設問の答えに対する深堀がとても勉強になった。 

次回は3月27日(金)復職に備えた準備をする「西田はるかの職場復帰面談」です。

詳しくはプロフィール欄→「育休プチMBA公式ホームページ」をチェック!

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに

◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために

◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに ご参加をお待ちしております。

2020/02/26(水)勉強会開催報告

2/26(水)に、史上初オンラインでの「育休プチMBA勉強会」が開催されました。

連日話題のコロナウィルス、ウィルス感染を拡大させないために、特別にオンラインでの開催となりました。
急な連絡にも関わらずご対応いただいた参加者の皆様、どうもありがとうございました。

今回は「育児に理解のない上司と山田優美」というケースでディスカッションをしました。

参加者は、4月復帰の方、復職後の方など様々。
初参加の方も、リピート参加の方も、それぞれが漠然とした復職後の不安を抱えつつも、
・   優美の抱えるトラブルと原因は?
・   上司が期待することは?
といった問いかけに、赤ちゃんをあやしながら頭をフル回転させて意見を出し合いました。

3,4人でのグループに分かれての意見交換の後は、全体でのディスカッション。

今回は代表の国保祥子がファシリテーションを担当していたため、いつもよりさらに一つ一つの意見を深く掘り下げていきました。
オンライン開催の都合上、いつも開催されるランチ交流会はできなかったものの、特別に国保さんへのフリー質問タイムを設け、参加者の疑問に丁寧に答えてもらいました。

アンケートより、参加者の声を一部ご紹介します♪

●リアルなテーマを深く考える機会となった。ファシリの方の深堀が大変参考になった
●あり得るケースを具体的に考えることができ、想像しやすかった。自分達の考えを深堀りしていくことで、新しい考えも得ることができた。
●復職後についてイメージしながら活発にディスカッションできた。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いにご参加をお待ちしております。



3/10(火) 時間制約をどう克服するかを考える
(『復職して3ヶ月目の井田美咲』というケースを使用)

3/27(金) 復職に備えた準備をする
(『西田はるかの職場復帰前面談』というケースを使用)

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

2020/02/13(木)勉強会開催報告

「育休プチMBA勉強会」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

2/13(木)に、東麻布の会場Patiaにて「育休プチMBA勉強会」が開催されました。

今回の勉強会で育プチ延べ受講者が8000人を達成!!(パチパチパチ)

そんな記念すべき回にふさわしく、白熱したディスカッションが繰り広げられました。

今回のケースは、「西田はるかの職場復帰前面談」というケース。

復職予定者の西田はるかの状況と自分の状況が似ているという人も多く、事例の課題を深く考えることが出来ました。

子育てをしながらの復職には不安や不確定要素がつきものですが、まずは自分の優先順位を考えるべきでは、などの意見が出ました。
その後、人事担当者の目線で事例を考えることで、多面的な見方、考え方をすることができました。
いきなり解決策を考えるのではなく、課題や背景等を掘り下げることで、より多面的に、深く考えることができます。

産休前はとてもやりがいを感じていた仕事であっても、恒常的な長時間労働がある職場である場合、復職を躊躇することもあるかと思います。
そんなときに、職場との交渉によっては、安易に別の部署に異動をするだけでなく、ほかの選択肢もあるかもしれません。
コミュニケーションの活性化や交渉の大切さなどたくさんの気づきを得ることができました。

ディスカッション後は、ランチタイム。ケースの話や育児の話など、各テーブルで様々な話に花がさきました!

アンケートより、参加者の声を一部ご紹介します♪
●現実的で、実際にこれから自分の身にふりきる環境に酷似していた。周りの皆さんの意見も取り込めて本番に活かせそうだから。
他の人の意見を聞いて激しく納得したりこんな考えもあるのかと気づきがたくさんあった。
自身の今の状況に当てはまるので色々な人の意見が聞けて良かった。


育休プチMBA勉強会は、経営学×復職後の壁。
経営学を使って、復職後の壁を乗り越える術を学びます。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしております。

勉強会は、おかげさまで好評をいただいております。
2/26(水)クリティカルシンキング
(『育児に理解のない上司と山田優美』というケースを使用)

3/10(火) 時間制約をどう克服するかを考える
(『復職して3ヶ月目の井田美咲』というケースを使用)

3/27(金) 復職に備えた準備をする
(『西田はるかの職場復帰前面談』というケースを使用)

【育休プチMBA勉強会 Peatix】

【育休プチMBA勉強会 Facebook】

【育休プチMBA勉強会 Instagram】

【育休プチMBA勉強会 LINE】

2020/01/27(月)勉強会開催報告

「育休プチMBA勉強会」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

1/27(月)にも、東麻布の会場Patiaにて「育休プチMBA勉強会」が開催されました。今回のテーマは、「長時間労働の改善策を考える」です。

今回は参加者の約半分が初参加の一方、4分の1が3回目以上のリピーターの参加でした。今年の春に復職を控えている方が多く、参加者のモチベーションはとても高く、赤ちゃんを抱っこしながら、活発な意見交換が行われました。考えるときのポイントは、当事者視点の問題点だけでなく、上司視点、組織視点での問題点を先に考えること。いきなり解決策を考えるのではなく、課題や背景等を掘り下げることで、より多面的に、深く考えることができます。

復職後は、残業ができなくなり、仕事ができる時間が限られるため、以前と同じ働き方では同じ量の仕事をこなすのが難しくなります。そんなときに、同僚に助けてもらうだけでは、チームが険悪になりがちです。業務の効率化やコミュニケーションの活性化など、自分からリーダーシップを発揮することでできることに取り組む大切さを学びました。

ディスカッション後は、ランチタイム。ケースの話や育児の話など、各テーブルで様々な話に花がさきました!

アンケートより、参加者の声を一部ご紹介します♪
●これから直面するであろう具体的なケースでディスカッションできた。
●育休中には使わない頭を使い、社会的な会話ができた。
●仲間がいると思うと安心でき、頭のトレーニングにもなりました。

現在、2/13(木)のチケットは販売中です。
【育休プチMBA勉強会チケット好評発売中】

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしております。

【育プチMBA Facebook】

【育休プチMBA Instagram】

【育休プチMBA LINE】

2020/1/14(火)勉強会開催報告

「育休プチMBA勉強会」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

1/14(火)にも、東麻布の会場Patiaにて「育休プチMBA勉強会」が開催されました。今回のテーマは、「人を動かすコミュニケーション」です。

今回は参加者の約半分が初参加の一方、3回目以上のリピーターの参加もありました。今年の春に復職を控えている方が多く、参加者のモチベーションはとても高く、赤ちゃんを抱っこしながら、活発な意見交換が行われました。考えるときのポイントは、当事者視点の問題点だけでなく、上司視点、組織視点での問題点を先に考えること。いきなり解決策を考えるのではなく、課題や背景等を掘り下げることで、より多面的に、深く考えることができます。

復職後は、仕事ができる時間が限られるなか、同僚や上司に助けてもらうことも必要になります。そんなときに必要なのが人を動かすコミュニケーションです。自分だけではなく、相手の視点も大切だということを学ぶ2時間でした。

ディスカッション後は、ランチタイム。ケースの話や育児の話など、各テーブルで様々な話に花がさきました!

アンケートより、参加者の声を一部ご紹介します♪
●育休中に完全に鈍っていた脳に喝を入れることができました。
●ディスカッションする中でいろいろな気づきができました。
●視野が狭くなりがちなので、広げる良い機会になった。

現在、2/13(木)「西田はるかの職場復帰前面談」のチケットは販売中です。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしております。

【育休プチMBA勉強会チケット好評発売中】

【育プチMBA Facebook】

【育休プチMBA Instagram】

【育休プチMBA LINE】

2019/12/10(火)勉強会開催報告

「育休プチMBA勉強会」は、”復職後に自分が直面しうるケース” を用いたケースディスカッションを通じて復職後の疑似体験をすることで、復職後に活かせる思考力をトレーニングする場です。

12/10(火)にも、東麻布の会場Patiaにて「育休プチMBA勉強会」が開催されました。今回のケースは、「退職を考える時短勤務の仁美」というケース。「立場や情報量によって、対応は全く異なるということを学びました。 復帰後客観的な考え方ができそうです。」という参加者の声をいただきました。

今回は参加者の約半分が初参加の一方、3回目以上のリピーターも約2割。参加者のモチベーションはとても高く、赤ちゃんを抱っこしながら、活発な意見交換が行われました。考えるときのポイントは、当事者視点の問題点だけでなく、上司視点、組織視点での問題点を先に考えること。いきなり解決策を考えるのではなく、課題や背景等を掘り下げることで、より多面的に、深く考えることができます。

ご自身が時短勤務での復帰を考えている方も多く、当事者の視点での課題や解決策はすらすらと出てきますが、上司視点ではどのような行動を起こすべきか?の問いでは考えさせられる場面も見られました。当事者が良かれと思ってやっていることも、管理者目線ではいいことだとは限らない、視点を変えることの重要さを学ぶ2時間でした。

ディスカッション後は、ランチタイム。ケースの話や育児の話など、各テーブルで様々な話に花がさきました!

アンケートより、参加者の声を一部ご紹介します♪
●普段子育てに追われていて、物事を体系化して考える時間がないため、とても良い時間だった。周りの方の意見も聞くことができ勉強になった。
●仕事へのモチベーションが高い方達と意見交換できました。
●取り上げた事例が、復職後に直面しそうなシチュエーションであったこと。 かつ、専門的な知識を交えてお話しいただけたこと、また、話の展開も非常に良かったです。



今回で2019年の勉強会は全て終了しました。

2020年1月の勉強会チケットは発売中です。
✏︎14日(火)は「アルバイトの自主性がないと訴える店長」というケースを用いて、人を動かすコミュニケーションを考えます。
✏︎27日(月)は「岡村店長と定時後のクレーム」というケースを用いて、長時間労働の改善策を考えます。

◎マネジメント視点で物事を考える思考のトレーニングに
◎復職後、制約がある中でも組織に貢献できる人材となるために
◎同じ志を持つ素敵な仲間との出会いに

ご参加をお待ちしております。



【育休プチMBA勉強会チケット好評発売中】

【育プチMBA Facebook】

【育休プチMBA Instagram】

【育休プチMBA LINE】

勉強会に参加しました

本日の勉強会に参加した運営メンバーです。
勉強会、とても楽しかった!の一言です。
何か楽しかったのかというと、
・久しぶりに頭をフル回転させて考えたこと。
・ディスカッションしたこと。
・同じ育休者に出会えたこと。etc…

勉強会は、前半2時間がケーススタディを使ってのディスカッション、後半1時間がランチ交流会です。

今日のケースは「育児に理解のない上司と山田優美」。
自分が山田優美だったら、どうするか。
自分が上司だったら、どうするか。
そんなことを考え、言葉にする2時間でした。

ケーススタディを通じて、復職後、自分が何をしたいか、小さい子がいる中でどんな風に働きたいかについて思いを巡らせることができました。
春の復職に向けて、頭の中を整理していきたいと思います。

初対面の育休者とのディスカッションは、緊張しました。
でも、なぜか「同士」のように思え、急に昔からの友達のような親近感を持ってしまいました。

ランチ交流会では、育児あるあるネタや悩みを相談したり、復職後の悩み、保育園のこと、、、話がつきませんでした。
このままみんなで飲みにでも行きたい気分。
同じグループで語ったメンバーとまた会いたいなー、また話したいなーと思いながら帰路につきました。

次回の勉強会は、12/10(火)です。
「退職を考える時短勤務の仁美」というケースを通じて、組織における自分の役割を考えていきます。
ぜひ、ご参加ください。

12月は月1回ですが、1月以降は月2回開催予定で、販売はまもなくです。
FacebookPeatixをフォローして、最新情報のチェックをお願いいたします。
みなさんに会えるのを楽しみにしています。

【育休プチMBA勉強会チケット好評発売中】

【育休プチMBA Instagram】

【育休プチMBA LINE】