カテゴリー別アーカイブ: 7. 運営ブログ

夫に直撃インタビュー! 「男性育休」について運営メンバーの夫はどう考える?

こんにちは!

育休プチMBA勉強会2019年春の運営メンバー(広報チーム)です。

旦那さんが育休を取る(もしくは産前産後に何らかの形で休みを取得する)ケースは増えていますが、実際のところ男性は育休をどのように過ごし、どのように考えたのでしょうか?

前回の特集記事「緊急アンケート!運営メンバーの「夫の育休」体験談」はこちら。

7名の運営メンバーがそれぞれ家庭内で夫にインタビューを行ったところ、「男性育休の実際」が見えてきました。

Q. なぜ育休を取ろうと思ったのですか?

目立ったのは、「会社に制度があるから」または「妻に言われて、必要だと思ったから取った」という、どちらかというと外的要因がきっかけとなった人が多かったことです。また社内に男性育休者の前例があることや、ちょうど繁忙期ではなかったので取れた、という個別の背景が作用していることも分かりました。

「自分が育休をとれば、妻のブランクを短くできると思った」「上の子がいることで、自分が休まないと家が回らないと思った」という家庭の事情を考慮して育休を取得した人もいました。一方で「取らないと妻に後でずっと言われそうだったし、自分としても初めが肝心だと思った。休みを取れば”やった”って言えると思ったから」という本音も飛び出しました。

ちなみに大半の家庭では、夫の育休期間は一週間程度でした。

Q. 育休中はどのように過ごしましたか?

夫たちの回答を総合すると、3つのカテゴリーに分類できました。

・家事(炊事、洗濯、掃除、食器洗い、買い物)

・育児(夜中を含む調乳、ミルク授乳、オムツ替え、お風呂、寝かしつけ、上の子のお世話、保育園への送迎)

・諸業務(入退院の手伝い、出生手続き等役所手続き)

「真夜中以外は基本的に妻と同じ生活パターンだった」「自分の時間が取れるかと思ったが、忙しかった」という声が聞かれました。タスクを羅列しただけでも重労働ですね。特に家事などは、育休に入る前に慣れておくと良さそうです。

Q. 育休を取って良かったですか?

全員一致で「良かった」という回答でした。理由を聞くと、妻のサポートができたから、育児のスキルやモチベーションが上がった、上の子と過ごす時間が増えたことでより仲良くなれたという声がありました。

また、「育休を取らなければ考えなかったことを考えた。例えば、日中自分がいない時の妻の過ごし方を知った。街で平日昼間に意外とお父さんが育児している姿があることを知った。良い意味で、自分がいなくても仕事が回ることを知った」という実感のこもった感想を聞くこともできました。

Q. あなたの家族にとって理想的な育休期間はどれくらいだと思いますか?

産後2週間〜1ヶ月間という回答が最も多かったです。なかには3ヶ月、6ヶ月という意見もありました。1ヶ月以内であれば仕事の都合もつきやすそう、子供のことを考えると生活リズムが少しずつ整ってくる3ヶ月頃、また保育園に入れていいと考える6か月頃という理由があがりました。

一方で、1週間以上休んだら会社で居場所がなくなる、といった危機感のある回答も見られました。

Q. 育休を取って、家事や育児において大変だったことは何ですか?

複数の夫が「調乳に手間取り大変だった」と答えてくれました。「調乳家電を買ってからは夜中の調乳が楽になった。」という体験談は参考になりそうです。今は液体ミルクもあるので、授乳を妻だけのタスクだと固定せず分担できると良いですね。

また、上の子がいる夫は「子供の機嫌を見ながら、効率よくご飯を準備しながら食べさせるのは苦労した。」と話してくれました。長期間育休を取った夫からは「社会との接点、人との会話が減った」ことが大変だったとのこと。これは妻側も同じような困難を感じる人が多いのではないでしょうか。また、今後男性の育休取得が社会に浸透したら、このような問題も顕在化してくるかもしれません。

Q. 育休を取って、職場において大変だったことは何ですか?

大半の夫は1週間程度の育休だったので、職場における困難は「特に無かった」とのこと。一方で、「職場から離れていた時の仕事に関する情報収集が大変だった」「自分の仕事の引き継ぎのため、普段以上に丁寧かつ細かくお願いをして、迷惑をかけないよう、また理解を得られるように対応をした」という声もありました。

Q. 育休を取って、自分自身が変わったことはありますか?

ほぼ全員が「特に変わらない」と回答しました。

「普段どれほど手際よく奥さんが対応しているか認識。自分が遅く帰ってもできる家事はなるべく対応するようにしている」という心がけを話してくれた夫もいれば、「自分の生活が仕事中心だったことに気づいた」「職場の子持ちの人に共感し理解できるようになった」と話す夫もいました。

Q. 仕事と家庭を両立するために、どのような工夫をしていますか?

家庭においては、「帰宅後にできる家事はすべて自分でやる」「妻とスケジュールに関するコミュニケーションを密にとるよう心掛けている」「子供と遊ぶ時間を常に逆算して行動する」「お互いに思いやり、出来ることは積極的にやる」という工夫を明かしてくれました。

また、仕事面では「なるべく残業しないで帰る」「職場にいると仕事を振られてしまうので、家に仕事を持ち帰る」、さらには「出世と家庭の両立は難しく、長時間労働が前提である出世は諦めている」という切り込んだ意見も出ました。

夫が仕事と家庭の時間配分の工夫について、「自分の状態を把握して、いま仕事と家庭にどういう配分で自分の時間を振り分けるのかを意識している」という意見もありました。「自分のコンディションがよければ、10あるうち仕事がこれくらいで家庭がこれくらいというように、仕事と家庭で体力を使い切るのではなく、少しでも息抜き時間を作るのが大切だと思っている。」と話してくれた夫がいました。

自分のコンディションを客観的に把握して「頑張りすぎない」という心がけは、ついつい家庭10となり疲弊してしまう育休中の妻側にとっても有効な考え方かもしれませんね。

———夫へのインタビューを終えて

妻である運営メンバーからは「普段聞くことが無かったから、夫はそんな風に思っていたんだ!と見直す部分もあり良かった」「改めて夫の考えを聞けて面白かった」という感想が複数あがりました。

“男性社員の育休義務化”が大きな話題になる中、一週間程度では夫の職場や家事育児に大きな影響はないものの、育休を通して家族の絆が深まる、育児のノウハウや自信が持てるという好影響が見てとれました。

ご協力いただいたメンバーの旦那さん方、ありがとうございました!

前回の特集記事「緊急アンケート!運営メンバーの「夫の育休」体験談」はこちら。

緊急アンケート!運営メンバーの「夫の育休」体験談

こんにちは!

育休プチMBA勉強会2019年春の運営メンバー(広報チーム)です。

いま世間を騒がせている「男性社員の育児休暇義務化」。運営メンバーにアンケートを取ったところ、なんとすべての家庭で夫が育休を取得(産前産後になんらかの形で休みを取得)したことが分かりました。それ自体は素晴らしいことですが、実際にはどのようなメリットがあり、課題が見えてきたのでしょうか。運営メンバーに詳しく聞いてきました。

 

 

 

 

 

・「夫の育休」・・・何日取得しましたか?

平均取得日数は7日間でした。

産後すぐ〜細切れに数日と様々ですが、母体のサポートが一番必要な産後直後に夫が1週間程度の育休を取ったケースが多い模様。入院中より家に戻った後が一番大変なので、その時期に取得すべきとの声が上がったのも納得です。

・夫が育休を取得して良かった点は?

ずばり「父と母」というチームとしての連帯感ができた、という声が多数。家事や上の子の送り迎え、通院や夜中の調乳・授乳をしてくれたのは非常に助かったようです。「”夫が育児に向き合った”という認識が出来て、その後ワンオペになっても許せる気持ちになれている」というメンバーがいるように、育休中に夫が取り組んだことは、その後の夫婦関係にも良い影響をもたらしているようです。

・夫が育休を取得したことで、どのような課題がありましたか?

メンバーの中には「夫自身も慣れない育児や家事に追われ、フラストレーションが溜まってしまった」というケースがありました。事前にお互いのガス抜きの方法を話し合っておけば良かったという反省には、なるほど、と思いました。育児に関しては予想がつかないことが多いですが、大人同士で想定できる課題に対しては事前に解決策を見出しておくと良いかもしれませんね。

また、育休1週間程度では、おむつ交換や調乳などやれることも限られ、その後のワンオペ育児によってナレッジが妻に偏ってしまうという課題も見えてきました。一方で、あれこれ指摘すると夫のモチベーションが下がる可能性があるので、一緒に取り組む働きかけが必要そうです。

・理想の「夫の育休」とは?

育休それ自体への要望というより、育休後の残業が増えた、定時で帰ってほしい、という声が複数ありました。一方で、夫の育休は産後の大変さを夫婦の共通認識として持つために重要な期間であることを再認識しました。

次回の特集は「夫に直撃インタビュー!運営メンバーの「男性育休」、夫はどう考える?」です。お楽しみに!

つくりおき修行を復職準備にやってみました

運営メンバーのわっきーです。

復職後の心配のひとつが、毎日の夕飯。
仕事後に子どものお迎えを済ませ、そこから仕度をしていたのでは、時間がいくらあっても足りません。

「つくりおきも検討した方がいいのでは?」と夫と話し、まずはあやちゃんオススメの家事代行サービスを利用してみました。

私は家事代行サービス自体が初めてだったのですが、3時間で14品つくり、後片付けや台所の清掃までしてくださったプロの仕事に感動!
そして数日間、「夕飯のこんだてを考え、買い物をし、調理する」手間から解放されたのです。

詳しいレシピや作り方のコツも教わったので、「つくりおき修行」と銘打って自分でもやってみることにしました。

そのうち一品は、ヨネちゃんレシピのビーフシチューの仕込みです。

また、家事代行の方はノートを立てかけ、それを見ながら作業されていたので、それも真似してみました。
材料や作り方をノートに纏めておくだけで、効率がぐんとアップ!

プロの「3時間で14品+台所の清掃」にはほど遠いですが、一気にやらずとも、土日に分けて作るなど工夫すれば平日がずいぶん楽になりそうだと手応えを感じました。

ヨネちゃんのように段取りをフローとして書き出してみると、もっと効率化できるかもしれません!

 

こうして家事代行サービスを利用し、つくりおき修行に至ったのも、育休プチMBA勉強会で参加者の皆さまから様々な情報を教わったからです。

2019年度のスケジュールもこちらで公開中!
「子ども連れで学びたい」「新しいママ友をつくりたい!」という皆さま、ぜひチェックしてみてくださいね。

ママ会議はどこでやる!?子連れOKのオススメスポット

運営メンバーのシオリです。

育休プチMBA勉強会は「育休者による育休者のための勉強会」。私たち運営メンバーも小さな子どもを持つ育休者です。

普段はオンラインのやり取りですが、やはり顔を合わせた会議も大切にしたいもの。赤ちゃん連れで「ママ会議」を積極的に開催しています。

その際に重要なのが「会議場所」。子連れOK、多少騒いでも周囲の目が気にならない、美味しいものが食べられる(笑)・・・ということで場所探しには余念がありません。

(ちなみにワークショップは区立の施設の会議室を利用しました)

そこで今回は、運営メンバーによるFacebook投稿から「ママ会議」にぴったりの場所をご紹介します。もちろん、普段のママ会にも使えますよ♪

話題のコワーキングスペースに集合!

まずは都内にオープンしたコワーキングスペース。

お洒落なオフィスは誰でも利用可能。施設も充実しており、健康に配慮したご飯も食べられて感動!

子連れのための場所ではありませんが、多少騒がしくても仕事できる方が集まる場所。子連れでもとても居心地良かったです。(むしろ子どもたちが周囲の方の癒しになっていたような…)

一企業がこのような場所を提供していることにびっくり。新しい働き方のヒントもたくさん詰まっているようです。

子連れの聖地でママ会議!

広報チームは「子連れの聖地」と呼ばれるお店でキックオフミーティングを開催。

絨毯の敷かれた店内に靴を脱いで上がるスタイルなので、子どもがハイハイしても安心。特別なチョコレートを使用したフォンダンショコラも美味でした(笑)

託児付きワーキングスペースで集中!

特に集中したいときは、託児付きのワーキングスペースで一気に片付けるという手も・・・!

こちらの施設のように、会議室を備えている場所もあるようです。

そういえば「勉強会」はどこでやっているの?

「育休プチMBA勉強会」も、お子様同伴OK(※)の勉強会。都内のレンタルキッチンスペースを利用して実施しています。

(※感染症等にかかっている恐れのない生後2ヶ月以上、1歳の誕生日の前日までのお子さまは同伴可能です。)

勉強会のスケジュールはこちらで公開していますので、お子様連れで学びたい、という皆さまはぜひチェックしてみてくださいね。

私の「今年の一文字」を選んでみました

運営メンバーのシオリです。

2018年も残りあとわずか。
12/12には「今年の漢字®」が発表されましたね。
清水寺で書かれる様子はもはや年末の風物詩になっています。

今年選ばれたのは「災」。
台風に地震、災害級の暑さ・・・納得だけれど、平成最後にしては寂しい気もします。

そこで、育休プチMBA勉強会(以後「育プチ」)の運営メンバーが、自身の「今年の一文字」を選んでみました。

育休中ということで「育」や「休」が選びやすそうですが果たして……?

「育休」を言い換えてみた

私は「充」。育休中だから「休」を選びがちだけど、育プチにご縁をいただくなど「充」実していて、「充」電期間だと思えているので。

最初の一文字は「充」。「休み」を「充電期間」と言い換えるあたり今風です。

幸せがあふれています

つづいては、シンプルながら、家族が増えた幸せや新しい繋がりができた喜びが伝わってくる二文字。

私はシンプルに、楽!

家族が増えて益々楽しくなった!
下の子、上の子より手が掛からなくて楽ちん!
家族のサポートのおかげで思ったよりここまで楽ができた!
みんなに会えて楽しいよ

 

私は「縁」だな~。
子どもがうまれて命がつながった。
子どもがうまれたことで、いろんな人と出会え、縁がひろがった(育プチもねー)。

 

子育てって色々あります!

とはいえ、幸せでもあり大変でもあるのが育児……。それらをすべて詰め込んで選ばれた漢字がこちらです。

初めて子どもをもって、大変さや可愛さを知れた。育プチに参加するようになって、子どもを育てながらも働きたい仲間と知り合いになれた!

 

私は、素。
育児素人の私が少しはまともなママになれた1年。
大半を素顔で過ごし、お昼ご飯は素食でぱぱっと、離乳食は素材を気にし、子供の素直な反応にこちらも嬉しくなった。
勉強会では素敵なママ達に出会い、刺激を受ける素晴らしい活動に携われました。

ちなみに復職までに家事を簡素化することが目標です。

 

たった一文字の漢字だけれど、多くの意味が込められ、各メンバーの今年の様子が見事に表れています。あらためて漢字の奥深さを感じることもできました。

皆さまの「今年の一文字」は何でしょうか?ぜひ選んでみてくださいね。

最後になりましたが、本年も育休プチMBA勉強会を応援くださりありがとうございました。
運営メンバー一同、心より御礼申し上げます。

2019年も1月より、東京や宇都宮で勉強会を開催いたします。
また皆さまにお目にかかれる日を楽しみにしています。

どうぞよいお年をお迎えください。

子どもと過ごすクリスマスのアイディア集

メリークリスマス!運営メンバーのシオリです。

大人になってなんとなく過ごしていたクリスマスも、子どもが生まれると、今度は親としての大事な大事なイベントに。
飾りはどうする?プレゼントは?お料理は??と悩むけれどワクワクする日が続きます。

運営メンバーによるFacebook投稿にも、子どもと過ごすクリスマスの記事がたくさん寄せられました。
忙しいなかでも工夫を凝らした、愛情あふれるアイディアが詰まっていますよ♪

人気スポットもクリスマスムードに

子連れで楽しめるスポット探しには余念の無い私たち。そんな人気スポットも、この季節ならではのイベントや装いがあるようです。

こちらは、サンシャイン水族館に登場したサンタクロースの動画です!

クリスマスツリーのアイディア

やっぱり欠かせないのがクリスマスツリー。でも、場所を取ったり、細かな部品が多かったりと、なかなか手を出しづらいかもしれません。

運営チームからは、壁を使って場所を取らず、しかも一工夫してオリジナリティあふれるクリスマスツリーのアイディアがとどきました。

時短レシピでもゴージャスなお料理!

運営チームのなかでもお料理上手と名高いヨネさんが教えてくれたのは、簡単にできるのにとってもゴージャスなビーフシチュー!クリスマスにぴったりです。

運営メンバーから「つくれぽ(笑)」も寄せられました。

ほんの少しの工夫で、素敵なクリスマスの思い出が作れそうです。
皆さまも、ご家庭ならではのクリスマスを楽しんでくださいね。

子どもの写真整理:アルバム、アプリ…思い出はどう残す?

運営メンバーのシオリです。
つい撮りためてしまう、かわいい我が子の写真……皆さんはどのように整理されていますか?

運営メンバーによるFacebook投稿から、素敵なアイディアをご紹介します。

成長をアルバムで残す

お気に入りの写真を集めたアルバムは、デジタルが普及した今だからこそ、より特別な宝物に。

プリントした写真にメモを添え、ひと月の写真を見開き12枚に納めるこの方法。シンプルながら、写真を選んだり、子どもと一緒にコンビニでプリントしたり……アルバムを作る思い出もつまった一冊になりそうです。

アプリでアルバムをオーダーする方法も。
通勤時間で写真を選び、気軽に作れるのが嬉しいですね。

思い出をみんなでシェアする

アルバムを作るにしても、まずはデータ整理から……という場合。

「家族アルバム みてね」というアプリでは、写真はもちろん動画もアップでき、祖父母にも簡単に共有できるそうです。

 

いかがでしょうか。ちょっとした工夫で、写真の整理が単なる作業ではなく、大切な思い出作りと感じられるはず。

皆さまもぜひ、お好みの方法で思い出を残してみてくださいね♪